kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:cotogoto


薗部産業さんの「銘木椀」を大人用にも購入しました。

P1090924


お先に子どもたちは愛用しています。



次回のフェスで大人用と出会えたら…と楽しみに一年置いていたのですが、
2月の初旬は感染症にナーバスになる時期。(実際1月に娘は初のインフルエンザに…)
たとえ元気でも毎年必ず突然学級閉鎖の連絡がくるのがこの期間中なので、
チケットを取るのをためらって諦めたのでした。

自然のものなので木目や色合いの個体差がとても大きい器。
いつかは自分で選ぶつもりでしたが、どんなものが届くかお任せしてみるのも面白いかも…
と思い、ちょうど再入荷のお知らせがあったcotogotoさんに注文しました。


夫には楢。
シリーズの中では一番重い木ということで(量ってみたら190g)男性向き。
持ってみると手に馴染む安心感のある重さです。

P1090927


「どんなものが届いてもそれが縁!」と覚悟していたものの、
木の知識がないわたしは格子状の木目が少し気になってしまいました。

恐る恐る持ち主となる夫に見せてみると…
「楢でしょう?こういう木目はよく見るよ。」と、さも当たり前といった反応!
実家が林業の夫。
福島に移り住んでからは木材に囲まれた環境で育ったのだった…
(あくまでも木ではなく木材です。)

P1090929

本人が気にならないのなら、わたしも心置きなく愛着を持って使っていこうと思います。


自分用には家族みんなの木の色との調和を考えて、栗を選びました。

P1090928


こちらはダイナミックに広がるゆったりとした年輪がとても好み。
色も優しいクリーム色です。

P1090930


サイズは子ども用は小、大人用は中。
これで家族4人分揃いました。

P1090931
左上から時計回りに、栗、楢、桜(娘)、橅(息子)


比べてみると、一年以上使っている子どもたちの器は艶が出て手触りもなめらか。
楢も栗も使っていくうちにこういう変化があると思うと楽しみです。



長い時間をかけて一つ一つ丁寧に作られていることがわかります↓





揚げ物をするときは20cmのストウブか、少量なら16cmのフライパンを使っていました。
でもやっぱり揚げ鍋がほしい、シンプルでコンパクトなものを…と考えていたところ、
cotogotoさんの商品紹介記事が目に留まりました。




サイズは14cmと20cm。
ステンレス製で揚げ鍋とオイルポットが一つになっています。
20cmなら今のままストウブでいいので(シーズニングにもなる)14cmを選びました。

P1060735


同じ大きさの片手鍋が2つに、目の細かい網が付属しています。

P1060736


数回使ったところで外側内側共に変色してしまいましたが…
(丸ごと重曹水で煮てからこすったり、クレンザーを使ってみたりと奮闘中!)
使い勝手はとても良いです。

P1070089


ステンレスは油の色がよくわかるという利点も。

P1070090


もう一方は一時的な油切りに便利。

P1070091


すでに処分したオイルポットと同じ大きさなので、新たに置き場所を作らなくて済みました。
(少し変色が改善してきました。)

P1070103


今回はおやつのドーナツを揚げましたが、お弁当の少量の揚げ物やちょっとした下ごしらえなどに
コンパクトで使いやすい鍋。
小さくて深めというサイズ感が面倒な揚げ物のハードルを下げるポイントかなと思います。



今年も春の豆のオイル漬けを作りました。

BlogPaint

レシピはcotogotoさんのサイトに。
たくまたまえさんに教わる春の豆のオイル漬け


空豆とグリーンピースをそれぞれ約120gずつ。

BlogPaint


全量が入る手頃な瓶がなく、分けて保存することになりました。

BlogPaint

グリーンピースはご飯に混ぜておにぎりにしたり、空豆はパスタと和えたり。
塩が入っているのでオイルもそのまま調味料として活用できます。


お気に入りのお店、cotogotoさんでお買いものをしました。
今回は通販サイトにて2点。

工房アイザワ アゲハシ

P1020414

コープで半調理品を購入していた頃に比べればだいぶ頻度は減ったものの、
お弁当のおかずや揚げなす、息子の好きなから揚げなど、週に1度くらいは使います。
竹の菜箸が黒く焦げたり熱で反ったりするのをなんとなく見過ごしてきましたが、
今後はきちんと用途を分けてみようと思います。


ステンレス製で丈夫な反面、重さがあって少し手が疲れるのも事実。
それでも表面のギザギザでしっかりつかめるし、箸先に衣が貼りつくこともなく快適です。

P1020415


家事問屋 まな板スタンド

P1020411


これ以上にないシンプルなデザイン。

P1020412


まな板、トレイ、お鍋のふたなど、重さのあるものでもしっかりホールド。
小さいのに安定感抜群です。

P1020413

まな板スタンドはこれからやろうと思っている、とあるキッチンの計画のために準備しました。
その様子は次の記事にまとめます。


先日新宿に行ったついでに高円寺まで足をのばし、
日本の手仕事・暮らしの道具店cotogotoの実店舗に行ってきました。
店舗でのお買いものは昨年6月以来です。

P1370783


今回購入したキッチンツールは以下の2品。
どちらも嬉しいプチプラです。

BlogPaint


家事問屋 ジャムバターベラ
BlogPaint


同じ家事問屋のあんベラを購入するつもりでいたのですが

s_c
画像はcotogotoさんよりお借りしています

思っていた以上に長さがあったので(ジャムバターベラ178mm/あんベラ208mm)
ジャムバターベラのほうにしました。
丈夫で硬いステンレス製で力を入れてもしなりません。
あんベラが完全なフラットに対して、こちらはなだらかに沿っています。


工房アイザワ 計量スプーン
BlogPaint

大さじ1・小さじ1・小さじ1/2・すりきりへらの4点セット。
継ぎ目がなく薄くて丈夫なステンレス製は使いやすいです。


自炊を始めた頃(20年近く前)に購入した計量スプーンも同じ工房アイザワのものでしたが、
引っ越しの繰り返しでいつの間にか大さじのみになってしまいました。

BlogPaint

大さじはよく使うので今後はそのまま2本常備することにします。


わが家のキッチンツール&カトラリー収納は口の広い空き瓶に立てるスタイル。

BlogPaint

①計量スプーン、小さい泡だて器、ジャムバターベラ、調理用のスプーン&フォークを各1本
②子ども用フォーク&スプーン(配膳のときに自分たちで取り出せるよう他のものは入れず)
③箸、菜箸(2セット)
④ティースプーン、デザートフォーク、バターナイフ

大人用のフォーク&スプーンや、登場頻度の高くないレンゲなどは
その他のキッチンツールと一緒に全て引き出しに収納しています。


キッチン関連以外にも念願のお買いものを一つ。


くわな鋳物 蚊やり器
BlogPaint

フローリングの部屋に合うように「籠」の模様にしました。
(こういう規則的なデザインが好みなのもあり)

いまどきめずらしいのかもしれませんが、昔から蚊取り線香が好きで
気配を感じようものならすぐに着火!
今年もすでに出現したので使い始めています。
とは言っても殺虫成分はやはり気になるので、
植物由来の天然成分を利用した「
りんねしゃ」の製品を使用。
防腐剤、着色剤、香料、化学合成品フリーです。


BlogPaint


重さがあって蓋もできるので安全。
薄くて省スペース、見た目も申し分なし!

BlogPaint

おかげで蚊が出てもイライラどころかむしろ「出番だ!」とばかりに嬉しくなってしまいます。


↑このページのトップヘ