kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:鶏手羽先


ストウブでかぶが主役のポトフを作りました。

P1080350

手羽先と他の野菜を先に煮たところに、時間差でかぶを加えるのが煮崩れさせないポイントです。


■材料(2人分)

・鶏手羽先 4本
・かぶ 3~4こ(大きさによって加減)
・キャベツ 1/4玉
・人参 1本

・塩 小さじ1と1/2
・砂糖 小さじ1/2
・ローリエ 1枚
・クローブ 3~4こ
・水 500ml

■作り方

1.手羽先に塩と砂糖をすり込み、冷蔵庫で30分~1時間置く。

2.かぶは皮をむいて半分に切り、人参は大きめに切る。

3.鍋に1、人参、キャベツ、水を入れて強火にかけ、あくが出たらすくって弱火にし、蓋をして10分煮込む。

4.かぶ、ローリエ、クローブを加えてさらに30分ほど煮込む。


ストウブでポトフといえば、こちらの塩豚を使ったバージョンも。



手羽先は豚肉ほど長時間塩漬けにしなくても大丈夫でした。


火にかける前。

P1080345


完成したところ。

P1080346

コンソメを入れなくても鶏から出るだしで十分。
野菜の優しい甘みが溶け出したスープも残さずいただきます。


かぶの葉は刻んでふりかけに。
米油で炒めてみりんを加えてしんなりするまで炒めます。
鰹節、煎りごま、みりんと同量の醤油を加えてひと炒めすれば出来上がりです。

P1080351


食べる前は「わたし、それ苦手かも~…」と言っていた娘も食べてみたら美味しかったようで、
しっかりごはんにかけていました。

P1080352


手羽先が4人では味出し程度の量だったので、山安さんの干物を焼きました。

P1080355


子どもは鯵(半分ずつ)で大人はかます。

P1080356

かぶを余すところなく味わった晩ごはんでした。



大根の美味しい季節になるとよく作るわが家の定番の一つ、
骨付き鶏肉と大根のさっぱり煮。
いつもは圧力鍋で作るものを材料と調味料はそのままにストウブで作ってみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・鶏手羽元または手羽先 16本(約1kg)
・大根 500g

【A】
・酢 大さじ3
・酒 大さじ3
・砂糖 大さじ1
・水 200ml     

・醤油 大さじ3
・生姜の薄切り ひとかけ分
・サラダ油 少々
・塩 少々

■作り方

1.鶏肉に塩をふって室温に戻し、サラダ油を熱したブレイザーで焼き色がつくまで焼いて取り出す。
2.大根は厚めに皮をむいて乱切りにし、1のフライパンで同じように焼き色がつくまで焼く。
3.1の鶏肉を戻し、【A】を入れて蓋をして弱火で30分煮込む。
4.醤油を加えてさらに10分煮込む。
5.蓋を取って生姜の薄切りを加え、上下を返しながら煮詰める。

大根は旬の今は下茹でしていません。

BlogPaint

圧力鍋で作ると煮凝りができて、ホロホロ崩れてしまうほど柔らかくなります。
ストウブでも時間はかかりますが同じように箸で崩れるまでに。
大根はストウブのほうが味が染みつつも適度に食感が残り、美味しく感じられました。


圧力鍋での作り方は以下の通りです。

1、2の工程をフライパンで。
3で鶏肉、大根、【A】の調味料(※水は材料がかぶるくらい)、を圧力鍋に入れ、沸騰後5分加圧。
自然冷却してフライパンに戻し、醤油、生姜を加えて上下を返しながら照りが出るまで煮詰める。

わが家の圧力鍋は3.8Lですが直径が20cmと小さい寸胴タイプなので、
焼いたり煮詰めたりするのは大きなフライパンのほうが楽で、移し替えをしています。


ストウブも圧力鍋もいずれも美味しくできるおすすめのレシピです。


↑このページのトップヘ