kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:鯛めし

息子が小学校に入学しました。
国歌斉唱や校歌は歌唱入りの音楽を流し、各自心の中で歌うというスタイルで。
密を避けるため保護者は教室には立ち入らず、体育館での解散となりました。
それでも無事に入学式ができただけありがたいです。


息子の入学と娘の進級のお祝いごはんです。

P1130541


お赤飯は堀江泰子さんのレシピで。




ささげの煮汁を浸水したもち米に吸わせるように炒め、布巾に包んで蒸します。

P1130538


炊飯器で炊くとモチッとしますが、蒸すとさっぱりとした食感です。

P1130550


子どもたちも大好きなお赤飯です。

P1130551


天然の真鯛(このサイズで1尾398円!)をオーブンで塩焼きに。
鱗取りと内臓の処理は夫にお任せしました。

P1130545


肩肉ともも肉をミックスした鶏のから揚げ。

P1130547


汁椀は具沢山のお味噌汁。
豚肉の代わりに油揚げを入れた豚汁風です。

P1130549


おめでたいお料理と子どもたちの好きなものを並べた献立でした。

P1130542


翌日は残った鯛のあらで鯛めしを炊きました。
今回は昆布だしと酒と塩のみで。

P1130552


レシピはこちらです。




午前授業でお腹を空かせて帰ってきた子どもたちのお昼ごはん。

P1130553


鯛めしおにぎりと、

P1130554


豚汁うどん風の味噌煮込みうどんでした。

P1130555


---


入学のプレゼントとして、鉄道が大好きな息子が心待ちにしていたもの…

P1130556

小児用ICカードと自分で選んだケース(ロマンスカーLSE)です。
電車でお出かけの機会は以前より減っていますが、タッチする日を楽しみにしています。




お雛祭りのお祝いに焼いた真鯛の塩焼きが半身余ったので、翌朝鯛めしにリメイクしました。

BlogPaint


茶碗蒸しのためにひいた鰹昆布だしと、押し寿司に飾ったいくらも余ったので
全て動員してリメイク!
朝から贅沢なごはんになりました。

BlogPaint

■材料(1.5合分)

・米 1.5合
・塩焼きにした鯛のあら(頭、大きな骨など) 1尾分
・ほぐした身 1/2尾分
・鰹と昆布の合わせだし 150~200ml
・酒 大さじ1
・塩 小さじ2/3~1 (鯛の塩加減により調整)

■作り方

1.米を洗いざるに上げて水を切る。
2.炊飯釜に1の米、だし、酒、塩を入れ、1.5合の目盛まで水を足す。
3.鯛のあらを並べて普通モードで炊く。
4.あらを取り出し(小骨に注意)ほぐした鯛の身を加えて軽く混ぜ、蓋をして2~3分蒸らす。

BlogPaint

今回は鰹昆布だしで炊きましたが、それでも鯛のだしが負けていなかったので
昆布だけでも十分おいしくできると思います。

義理の実家ではお正月やお祝いごとになると一人につき一尾ずつ鯛が振る舞われます。
そのせいかわが家も一年に一度くらいは鯛を焼くようになりました。
(オーブン任せで楽というのもあって…)
鯛めしはそのときのお楽しみとしてわが家のレシピに仲間入りです。





↑このページのトップヘ