kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:高菜漬け

幼稚園の息子のお弁当です。

P1130173

・高菜チャーハン(卵、高菜漬け、チャーシュー、コーン)
・牛肉コロッケ(冷凍市販品)
・ミニトマト
・スナップえんどう


この日は本当に時間がなく、はじめてチャーハンを詰めてみました。
おかずも冷凍食品に頼ったので、ものの10分で完成。

P1130171

高菜漬けは極力小さく刻んで混ぜましたが、漬物好きの息子には心配無用だったようで
「すごーく美味しかった!」とのこと。

また一つ食べられるものが増えました。




「ボーソー米油部」の活動です。

カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ



HBで生地を作り、フライパンで蒸し焼きにするおやきのレシピをアレンジしました。

P1090016


■生地の材料(5こ分)

【A】
・強力粉 150g
・薄力粉 50g
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1
・ぬるま湯 140ml

・ドライイースト 小さじ1

・高菜漬け 70g
・しいたけ 20g
・クルミ 10g
・ボーソー米油 小さじ1
・砂糖 小さじ2
・醤油 小さじ1

・ボーソー米油 適量
・熱湯 150ml

■作り方

1.ホームベーカリーに【A】をセットし、ドライイーストはイーストケースに入れる。パン生地モードで練りと発酵をする。
2.高菜漬け、しいたけ、くるみは粗みじん切りにする。
3.フライパンにボーソー米油を熱して2を炒める。油が回ったら砂糖と醤油を加えてさらに炒めて冷ます。
4.出来上がった生地を取り出して5等分にして丸め、めん棒で丸くのばす。3を乗せて口を閉じ、丸め直して綴じ目を下にし、軽く押さえて表面を平らにする。
5.フライパンにボーソー米油を熱し、綴じ目を下にして中火で薄く焼き色がつくまで焼く。裏返して弱火にし、熱湯を鍋肌から回し入れ、蓋をして8分蒸し焼きにする。
6.蓋を取って水分を飛ばし、米油をミニボトルで2周回し入れて返しながら表面をこんがり焼いて仕上げる。


高温になる鉄フライパンでも米油なら嫌なにおいがしないので安心。
まずはこんがり焼き目をつけます。

P1090009


蒸し焼きで中まで火を通したら、仕上げに回しかけてカリッと仕上げます。

P1090013


具材を炒めるのも仕上げに回しかけるのもミニボトルで。
押した分だけ出るのでまんべんなくかけたいときに便利です。

P1090018


今回は高菜漬けと一緒にしいたけ(飛騨・美濃やまっこ)とクルミも炒めてみたところ、
しいたけからはうまみが、クルミからは香ばしさと食感がプラスされました!

P1090020


生地を倍量にしてあんこのおやきも作りました。

P1090008


子どもたちにおまかせ。

P1090011


あんパンともあんまんとも違った美味しさで、おやつにぴったりです。

P1090021

油っこくならず、高温になっても時間が経っても油特有のにおいがないのが米油の良さ!
無味無臭なので素材のじゃまもせず、何にでも使えます。



今週の常備菜です。

P1080512


ブロッコリーの塩茹で。

P1080506


ほうれんそう、人参、もやしのナムル。
塩、砂糖、醤油、にんにくのすりおろし、ごま油、すりごまで和えています。
ごまは趣向を変えて黒ごまをすってみました。

P1080507


そのままごはんのお供にしても、チャーハンにしても美味しい高菜漬けとひき肉の味噌炒め

P1080508


さつまいものハチミツレモン煮。
国産ノーワックスレモンが手に入ったのでスライスを入れて煮たら、
果汁だけのときとは香りが段違いでした!

P1080509


うずらの生卵を茹でたもの。
水煮は確かにお手軽で、いつもどちらにするか迷うのですが…
生卵ならお値段が半分以下なのと、やっぱり食感がいいので茹でることが多いです。

P1080510


旬に入ったスナップエンドウを下茹で。(皺が寄ってしまいました…)
息子が嫌がらずに食べてくれる貴重な緑の野菜です。
ちなみにレタス、きゅうり、ブロッコリー、スナップエンドウの4種類しかありません!

P1080511


今週は下準備ばかりで主菜になるようなものはありませんが、
あと一品というときに重宝するおかずたちです。

P1080505

これで今週のお弁当も安心です。


「ボーソー米油部」の活動です。

初回のテーマは「自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ」ということなので、
気取らない普段のお料理の油を、米油に変えて作ってみようと思います。


まずはわが家の定番の材料で作る炒飯です。

P1060742

シンプルに高菜漬け、ちりめんじゃこ、卵。
高菜漬けとじゃこの組み合わせで旨みは十分!
味付けは塩だけでOKです。


■材料(1人分)

・ごはん 200g
・卵 1こ
・高菜漬け(刻んであるもの) 20g
・ちりめんじゃこ 10g

・ボーソー米油 小さじ2
・塩 ふたつまみ
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.卵は塩ひとつまみを加えて溶きほぐす。
2.フライパンに米油を入れて全体になじませ、煙が出る直前までしっかり加熱する。(フッ素樹脂加工の場合は温める程度に)
3.1、温かいごはんを入れて卵が全体に行き渡るように炒める。
4.高菜漬け、ちりめんじゃこを加えてさらに炒め、塩ひとつまみ、ホワイトペッパーで味をととのえる。


驚くべきはそのあっさり感で、油っこさが全くありません!

P1060745


わが家は鉄のフライパン使用のため、油は少し多めの小さじ2。
それでも油が気にならないパラパラの仕上がりです。





高温でしっかり炒めてもにおいがなく、素材の味を引き立ててくれるところが米油の魅力です。

P1060746

梅干し、たくあん、福神漬けまでも苦手で、お漬物系に一切挑戦していない娘ですが
こちらの炒飯なら高菜漬けも気にならず美味しく食べてくれました。


自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ



今週の常備菜です。

BlogPaint

・茹で鶏
かぼちゃと豚肉の煮もの
高菜漬けとひき肉の味噌炒め
・揚げなすの甘酢漬け


国産鶏むね肉が100gあたり39円…安すぎて不安になる価格。
皮は外してすぐに茹で鶏にしました。
冷たい麺類のトッピングに、サラダに、ちょっとした副菜の和えものに。
さっぱり食べられるので夏は特に重宝します。

BlogPaint


めずらしく神奈川県産かぼちゃを見つけたので久しぶりのかぼちゃ料理。
(購入するかぼちゃの産地は北海道~関東までと決めています。)

BlogPaint

玉ねぎ、豚肉、かぼちゃの順に重ね、酒と砂糖とみりんを回しかけて蓋をして15分。
ざっと混ぜて醤油を加えてさらに5分。
今回は炒めず重ね蒸しにして、ほとんど放置で作りました。


国産の高菜漬け(しかもあらかじめ刻んであるもの)を見つけたので、
豚ひき肉と一緒に味噌炒めにしました。
こちらも久しぶりですが定番の常備菜です。

BlogPaint

ごはんのお供に、炒飯に、冷奴に乗せても美味しいです。


娘はチーズ焼き以外NG、息子は完全NGのなす。
大人は大好きなので揚げなすにして、今回はカンタン酢+醤油に漬けました。

BlogPaint


火を止めて放置する茹で鶏や、火にかけて放置する煮もので、無理なく4品。

BlogPaint

これだけでもだいぶ失速しがちな週後半の助けになります。


↑このページのトップヘ