kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:鍋料理


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



今月はにらをたくさんいただきました。
その量、なんと20束!1束100gなので2Kgです。

P1120470 (2)


福島県では県中・県北地区で多く栽培されているとのこと。
根元のほうまで柔らかく、香りは穏やかで繊細な印象です。

P1120472 (3)


そんなにらをたっぷり2束使って、にらが主役と言っても過言ではない鍋を作りました。
にらの存在感にまけないパンチのきいたスープで200gもなんなく食べられます!

P1120448 (2)


白菜の芯と長ねぎの白い部分はほかの野菜と食べやすいように先に煮ておくのがポイントです。

P1120449 (2)


■材料(4人分)

・鰹昆布だし 800ml
・中華スープ 600ml (水600ml+創味シャンタン大さじ1+鶏がらスープの素小さじ1)
・味噌 大さじ3
・コチュジャン 大さじ1
・にんにくのすりおろし ひとかけ分

・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 300~400g
・福島県産にら 2束(200g)
・白菜 1/8株
・長ねぎ 1本
・もやし 1袋
・豆腐 1/2丁(200g)

■作り方

1.鍋に昆布と水を入れて(時間があれば昆布が戻るまでおく)火にかける
沸騰直前で取り出して鰹節をひとつかみ入れる。2分ほどおいて鰹節を取り出す。

2.あらかじめ混ぜておいた中華スープを加えて火にかける。
煮立ったら火を止めて味噌、コチュジャン、にんにくのすりおろしを加えて溶かす。

3.白菜は葉と芯に分けて芯は食べやすく切り、長ねぎは斜め切りにする。
先に白菜の芯と長ねぎの白い部分を加えてひと煮立ちさせる。

4.福島県産にらは食べやすい長さに切り、ほかの材料もそのつど加えていく。


和風だしと中華だしの両方でうまみは十分。
にんにくを加えた味噌味のスープが野菜とよく合います。

P1120454 (2)


にらはとても柔らかいので、さっと火を通してくたっとなったら食べ頃です。

P1120459 (2)


豚肉で巻けば、野菜が苦手な子どもでも食べやすくなります。

P1120464 (2)


〆は「サリ麺」(インスタントラーメン)が一番人気で、毎回何袋入れるか揉めるほど…

P1120466 (2)

少しでもさっぱりさせるために別の鍋で下茹でして、湯切りをしてから加えています。
溶き卵を回し入れ、残しておいたにらと青ねぎをたっぷり加えれば絶品の煮込みラーメンに!

にらは消化を助けて血行をよくする働きがある栄養豊富な野菜。
鍋料理なら身体もさらに温まります。



「創味食品×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

創味シャンタンを使った鍋料理。
第二弾はレモンをたっぷりしぼって爽やかな洋風鍋にしてみました。

P1070080

創味シャンタンで味は決まるので、鍋つゆはシンプルにレモンをしぼるだけ。
国産ノーワックスレモンを使います。


■材料(3~4人分)

・水 1000ml
・創味シャンタンDX 大さじ2
・レモン(ノーワックスのもの) 1こ

・豚ロース肉 300g
・レタス 1玉
・ほうれんそう 1袋
・ソーセージ 8本
・春雨 40g
・豆腐 1丁     ※具材の量は目安です

■作り方

1.レモンは数枚を輪切りにし、残りは果汁を搾る。(約40ml)
2.鍋に水、創味シャンタンを入れてひと煮立ちさせ、レモン汁を加える。
3.ソーセージと豆腐は温める程度に、春雨は柔らかくなるまで煮る。
4.豚肉は色が変わるまで、レタスとほうれんそうはさっと火を通す。


酸味は穏やかですが、爽やかな香りが広がります。
(レモンはお好みで増やしてください。)

P1070081


しめはトマトとチーズのリゾットがおすすめです。

P1070084

ごはんとトマトを加えてさっと煮て、シュレッドチーズ、塩、ブラックペッパー。
子どもも大好きな優しい味のリゾットです。

シャンタンというとこれまでは中華料理で使うことがほとんどでしたが、
玉ねぎやにんにくの旨みが洋風の素材とも調和することがわかりました!
鍋料理をきっかけに使い方が広がりそうです。


簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!
簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!


「創味食品×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

今回のテーマは創味シャンタンを使った鍋料理です。
リーフレットにはすでに豆乳鍋、坦々鍋、トマト鍋など例がたくさん載っていて…
まずはにんにくが隠し味のみそ鍋を作ってみました!

P1070023

豆もやしを中心に野菜たっぷりのお鍋です。


■材料(4人分)

・水 1000ml
・昆布 10cm
・酒 大さじ2
・創味シャンタンDX 大さじ2
・にんにくのすりおろし 1かけ分
・みそ 大さじ1

・豚ロース肉 400g
・豆もやし 1袋
・白菜 1/4カット
・にら 1束
・長ねぎ 1本
・豆腐 1丁     ※具材の量は目安です

■作り方

1.鍋に水、昆布を入れて昆布が戻るまでしばらく置く。
2.火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出し、酒を加えてひと煮立ちさせる。
3.少量の昆布だしで創味シャンタンDXを溶いて鍋に戻し、にんにくのすりおろしを加える。
4.野菜と豆腐を食べやすく切る。
5.みそを少量の鍋つゆで溶いてから加え、肉、野菜を入れていく。


みそはお味噌汁と同様にあまりぐらぐら煮立てず最後に加えるのがポイントです。
(いずれは沸いてしまうのだけど…)

こちらのお鍋はシャキシャキの野菜を豚肉で巻いて食べるのが美味しい!
娘も「お肉で巻いたら野菜も食べられるー!」と気に入ってくれました。

P1070022

息子は…いつも通り、もやしとにらを数本…


しめは野菜と相性の良いラーメン(伸びにくいサリ麺使用)に。

P1070024

卵を落とせば完璧です!


今回いただいたのは巨大な500g缶と、普段から常備している創味のつゆです。

P1070016

鍋の季節はこれから!
今年はシャンタンにお世話になる予感です。


簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!
簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!


お友達にいただいたおすそ分けスパイスを使って火鍋をしてみました。
夫の帰りが遅い日を狙って、もちろん子どもたちは別メニューです。

BlogPaint

■材料(2人分)

・ごま油 大さじ2
・花椒 大さじ1~2(お好みで)
・にんにくのみじん切り 1かけ分
・生姜のみじん切り 1かけ分
・豆板醤 大さじ2
・鷹の爪 2本

【A】
・水 800ml
・鶏がらスープの素 大さじ2
・味噌 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・酒 大さじ3
・ラー油 大さじ1
・ホールスパイス(八角、桂皮、陳皮、生姜・カルダモン) 

BlogPaint

■作り方

1.鍋にごま油を熱し、花椒を入れて強火で素早く炒める。
2.香りが出てきたら、にんにく、生姜、豆板醤、鷹の爪を加えて焦がさないように注意して炒める。
3.【A】を加えて煮立てる。
4.具材を入れる。


具材は半端に残った材料の整理も兼ねてあるもので。
豚ばら肉、鶏もも肉、豆腐、水菜、レタス、人参、しいたけ、えのきだけ。

BlogPaint


締めは火鍋のスープに負けないラーメンにしました。
麺を入れる前に花椒やホールスパイスをすくって取り除いておきます。
落とし卵と青ねぎを絡めて。

BlogPaint

これぞ薬膳!という感じの複雑な香りと味わいで、辛いというより花椒にしびれます!
今回大さじ2入れてしまいましたが、わが家はもっと少なめでもよかったかも…
お鍋が仕切れるなら、ぜひとも同時に白湯スープでも食べてみたいものです。


年明けにお友達家族とおうち鍋をしました。
そのときの市販の「鶏ちゃんこ鍋(みそ味)」のスープがとても美味しかったので、
再現してみることに。

BlogPaint

以下、覚え書きです。

・鰹昆布だし 5カップ
・シャンタン 大さじ1
・顆粒の鶏がらスープ 小さじ1
・味噌 大さじ1
・コチュジャン 小さじ1/2
・にんにく ひとかけ (好きな場合はすりおろしても)

BlogPaint


具材は大好きな牡蠣。(今年も娘は食べると思っていたら、1年経って苦手になっていた…)

BlogPaint


豚ロース肉の薄切り。

BlogPaint


お豆腐。

BlogPaint


春菊、にら、長ねぎ、マロニー。
(春雨のほうがいいと言われてしまった…)

BlogPaint


相変わらず途中写真はいまいちですが、おいしくいただきました。
春菊はしゃぶしゃぶのようにサッと煮ると苦味が出ないそうです。
確かリミットは10秒。(ガッテン調べ)

BlogPaint

にらや春菊など、主張の強い野菜にも負けないスープで
寒い日にぴったりのスタミナのつきそうなお鍋になりました!





↑このページのトップヘ