kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:豚肉


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー


県内指定農家による限定生産、JA全農福島のブランド豚「麓山高原豚」。
良質な脂肪を作るために飼料にこだわり、亜麻仁油やえごま粕を添加しているとのこと。
あっさりしていて臭みはほとんど感じられない豚肉です。

P1110550


バラとロースのうち、バラは焼肉でいただきました。




今回はロースを使ってロールカツを作ることに。

P1110551


チーズを包んだものと、たたいた梅干しを塗って巻いたものの2種類作って、
息子の幼稚園のお弁当に入れました。

P1110668

・ごま塩ごはん
・麓山高原豚<ロース>のチーズロールカツ/梅ロールカツ
・玉子焼き
・きゅうりに塩昆布


適度に厚みのあるロース肉で食べ応え抜群!
巻くことで隙間ができて固くならないのがロールカツのいいところです。


■材料(2~3人分)

・麓山高原豚<ロース・焼肉用> 300g
・梅干し 1こ
・シュレッドチーズ 小さじ4

・塩 少々
・ホワイトペッパー 少々
・薄力粉 大さじ2
・溶き卵 1/2こ分
・パン粉 適量
・揚げ油(米油) 適量

■作り方

1.梅干しは叩いてペースト状にする。
2.麓山高原豚は1枚ずつ広げて塩、ホワイトペッパーをふる。
3.半量に1を塗って端から巻く。
3.2のもう半量にはシュレッドチーズを端に小さじ1ずつ乗せ、側面を折り畳みながら包むように巻く。
4.薄力粉を薄くまぶし、溶き卵、パン粉の順につける。
5.揚げ油を中温に熱して3~4分揚げ色がつくまで揚げ、しっかり油を切る。


梅干しのほうはさっぱりとして脂身の美味しさが引き立ち、
チーズのほうはまろやかさとこくが加わります。

P1110672

くさみがなく脂身はしつこくなくジューシー。
赤身は柔らかいのに弾力もあって、とても良質な豚肉でした!


---


話は変わって…弟のお弁当DAYが羨ましい姉。
ちょうど同じ日が習い事のダンスで帰りが遅くなるので、
先に終わった息子は早めにお風呂と晩ごはんを済ませ、娘は一人お弁当にしています。

ワンプレートではなく、わざわざお弁当箱に入れる利点は食べすぎが防げること。
不思議とおかわりコールがなくなり、お皿に並べるより満足度も高いようです。
そんな週に一度の娘の夜弁当。
喜ばれる上にこちらも時間に縛られずに用意でき、なかなか良いアイディアだと思っています。

P1110676

娘のほうには大好物の切干大根の煮ものをプラス。
玉子焼きは楽をしてスクランブルエッグに。
梅干しが苦手な娘ですが、「これは美味しい!食べられる!」と喜んでいました。



最近中華料理が食べたくて、本当はお店に行きたいところですが
リサーチ不足もあって近場に魅かれるお店がなく、仕方なくおうち中華の日々。
麻婆豆腐トマトと玉子の炒めもの、回鍋肉…いろいろと作って今回は青椒肉絲です。

BlogPaint

■材料(2~3人分)

・ピーマン 4こ
・細切りたけのこ 1袋(150g) 
・豚肩ロース肉(生姜焼き用) 150g

・塩 少々
・こしょう 少々
・片栗粉 小さじ1
・ごま油 小さじ1

【A】
・醤油 大さじ1
・酒 小さじ1
・生姜のしぼり汁 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・オイスターソース 小さじ1/2

■作り方

1.ピーマンは斜めに細切りにし、たけのこはさっと洗っておく。
2.豚肉は細切りにし、塩、こしょう、片栗粉をまぶす。
3.フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒める。7割くらい火が通ったらピーマンとたけのこを加え、肉に完全に火が通るまで強火で炒める。
4.混ぜ合わせた【A】を加えて1分ほど炒める。


旬のツヤツヤのピーマンをたっぷり使った青椒肉絲に、
ピカピカのなすのお味噌汁、新鮮な枝豆の晩ごはんです。

BlogPaint

お味噌汁は茄子と玉ねぎで、天かすと青ねぎをトッピングしました。


息子は相変わらず枝豆とごはんしか食べない姿勢でいましたが、
根気強く食べさせて、お味噌汁の玉ねぎと茄子はクリア。
ピーマンは残念ながら無理でした。




一皿でたくさんの食材がとれるので、子どもごはんに大活躍の中華丼です。

BlogPaint

娘はうずらの卵とえびが大好き。
息子も卵は普段ムラ食いですが、うずらの卵なら確実に食べます。

とりあえず豚肉と色合い的に人参と青菜類があればOKで、
あとはねぎ、しいたけ、きくらげ、魚介類などそのときあるものをお好みで。
調味料はいろいろ使うけれど、全部混ぜて加えるだけなので簡単です。


■材料(大人2人+子ども2人分くらい)

・豚肉(こま切れ) 100g
・人参 中1/3本
・長ねぎ 1/3本
・チンゲン菜 1株 (白菜でもOK)
・うずらの卵
・えび(生食用サラダえび使用)

【A】
・水 カップ2と1/2
・鶏がらスープの素 小さじ1と1/2
・醤油 小さじ2
・酒 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1/2~1(お好みで)
・生姜のすりおろし 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2
・塩 少々
・こしょう 少々

・塩
・こしょう
・片栗粉
・ごま油
・水溶き片栗粉

・ごはん

■作り方

1.豚肉は細かく切って塩、こしょう、片栗粉をまぶす。
2.人参は薄切り、長ねぎ、チンゲン菜は食べやすい大きさに切る。
3.深めのフライパンか中華鍋にごま油を熱し、豚肉を炒める。色が変わったら野菜を加えて炒め合わせる。
4.【A】を加え、人参がやわらかくなるまで煮る。
5.うずらの卵を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。火を止める直前にえびを加える。
6.温かいごはんの上によそう。


えびは生の殻付きにこしたことはないのですが、
わたしが皮膚のみ甲殻アレルギーらしく、えびの下処理をしていると手が痒くなるので
火の通っているえびを温める程度に最後に加えています。
(生の場合は酒と塩でもみ込むなど下処理を。)

BlogPaint

うずらの卵は6こ×2連パックを買って、計算では一人3こずつ。
でも娘からは「もっと食べたい」、息子からは「おかりー!」と催促されて
だいたい大人の分は2こか1こになります。




ルウは使わずカレー粉で作るスパイシーなスープカレー。
とろみは玉ねぎ由来です。

BlogPaint


日本語教師として働いていたときに、
スリランカでシェフをしていた学生にカレーの作り方を教えてもらったり
日本語を学びに来ていたお坊さんのお寺に招かれてお料理をごちそうになったりして
南アジア系の料理に凝っていた時期がありました。

一から調合するのはさすがに無理だったので当時はMDH社のミックススパイスを常備。
カレーやサブジ(インド風蒸し炒め)などをよく作っていました。


s_MEAT-200x200s_CHICKEN-200x200


当時はコリアンダーパウダーやフェヌグリークシードなど
入手しづらいスパイスをわざわざハラルフードのお店で買い求めるほどでしたが、
今では子どもに合わせてそういった料理からは遠ざかり、わが家のスパイスは普通のカレー粉に…
少しパンチに欠けますが、バランスの良い配合なので十分美味しくできます。


■材料(4人分)

・豚肉(角切り) 200g
・玉ねぎ 中1こ
・にんにく 2かけ
・ピーマン 2こ (またはししとう)
・しめじ 1/2パック

(豚肉の下味用)
・カレー粉 小さじ1
・塩 小さじ1/2

・サラダ油 大さじ1
・カレー粉 小さじ1と1/2
・塩 小さじ1
・水 600ml

■作り方

1.豚肉に下味用のカレー粉、塩、こしょうをもみ込んで20分ほど置く。
2.玉ねぎとにんにくは薄切り、ピーマンは細切りにし、しめじはほぐす。
3.鍋にサラダ油、玉ねぎ、にんにくを入れて火にかけ、玉ねぎが透き通るまで炒める。
4.1の豚肉を加えて色が変わるまで炒めたら、水、カレー粉、塩を加えて煮込む。
*圧力鍋ならあくをすくってから3分ほど加圧し自然冷却。
*普通の鍋ならたまに水を足して30分ほど肉がやわらかくなるまで煮込む。
5.ピーマン、しめじを加え、とろみが出るまで煮込む。


たっぷりの玉ねぎとちょっと多いかなと感じる量の塩が味の決め手。
クミンシードがあれば玉ねぎを炒めるときに加えると風味がアップします。
わが家オリジナルの黄金レシピの一つです。




↑このページのトップヘ