kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:豚汁


「ネクストフーディスト」の活動です。

石垣食品株式会社さんの「粉末ごぼう茶」を使ったレシピ第2弾。
今回は豚汁に入れてごぼうの味と香りを楽しみました。

P1030334

ごぼうの力強い味に負けないように、すりごまとにんにくを加えた濃厚バージョンです。
(初出はこちら→にんにくが隠し味のごまたっぷり豚汁


■材料(4人分)

・豚こま切れ肉 200g
・人参 150g
・大根 150g
・長ねぎ 1/2本
・こんにゃく 200g
・豆腐 200g(水気を切っておく)

【A】
・酒 大さじ1
・水 600ml
・粉末ごぼう茶 2本(4g)
・顆粒だし 小さじ1
・すりおろしにんにく 1/2かけ分

・ごま油 小さじ1
・煎りごま 大さじ2(すっておく)
・味噌 大さじ2

■作り方

1.豚肉は食べやすい大きさに、人参と大根はいちょう切りにする。
長ねぎは縦半分に切ってから斜め切りにする。

2.こんにゃくは5mm幅に切り塩小さじ1を振って揉み込み、5分ほど置いて塩を洗い流す。

3.鍋にごま油を熱し、豚肉を色が変わるまで炒める。

4.人参、大根、長ねぎ、こんにゃくを加えてさらに炒め、油が回ったら【A】を加える。

5.強火でひと煮立ちさせてあくを取り、蓋をして弱火で野菜がやわらかくなるまで煮込む。

6.豆腐を手で崩しながら加えて温める。

7.火を止めてすっておいた煎りごまを加え、味噌を溶く。

P1030333

味の染みが良くなり他の具材との一体感も出るので豆腐はわざと崩して入れています。
見た目はあれですが…


子どもたちは丼で豚汁うどんに。

P1030342

普段ごぼうは金平くらいしか好んで食べてくれないので
手軽にごぼうの栄養が丸ごと摂れるのは嬉しいです。


ネクストフーディスト



みんな大好きなうえに、野菜がたくさん食べられるお助けメニュー的な豚汁は
よっぽど暑い時期以外はしょっちゅう食卓に登場します。
定番は白菜としめじが入った白菜がおいしい冬の豚汁
ストウブがわが家に来てからは食卓取り分けスタイルで盛り上がっています。
(娘は「今日は魔法の鍋の日だ!」と喜ぶ。)

今回は豆乳鍋でうっかりすりすぎて余らせてしまったすりごまをたっぷり加えた
一風変わった豚汁を作ってみました。

BlogPaint

■材料(鍋いっぱい)

・豚肉(こま切れ、バラなどお好みで) 150g
・木綿豆腐 1/2丁

・大根
・人参
・しめじ
・こんにゃく 合わせて600g程度

・ごま油 小さじ1/2
・酒 大さじ1
・水 3カップ
・顆粒だしの素 小さじ1
・味噌 適量
・すりごま 大さじ2
・おろしにんにく 1/2かけ分

■作り方

1.材料の下準備
・豚肉は食べやすい大きさに、大根と人参はいちょう切り、しめじは小房に分ける。
・こんにゃくは食べやすい大きさに切り、塩揉みしてから数分茹でる。
・豆腐はさいの目に切る。

2.炒める
・鍋を温め、キッチンペーパーでごま油をうすく塗る。
・豚肉を色が変わるまで炒めたら酒を加える。
・野菜とこんにゃくを加え、油が回ってしんなりするまでさらに炒める。

3.煮込む
・水、顆粒だしの素を加えて火をやや強め、あくを取る。
・蓋をして弱火で10分ほど煮込む。

4.仕上げ
・豆腐を加えて火を止め、味噌を溶く。
・すりごま、おろしにんにくを加えて再び弱火で温める。


大人はお好みで青ねぎや唐辛子を。

BlogPaint

たっぷりのごまでこくが出るので、今回はだしの素はやや控えめです。
パンチが利いていて食欲が増進するのかいつも以上に好評でした。
イメージでは育ちざかり男子に受けそう…10年後の息子とか。


↓おうちごはんがいっぱい!
にほんブログ村テーマ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん

↓ランキングも参加中!

にほんブログ村

昨日は満開の桜の下、娘が無事に小学校に入学しました。

たくさんの荷物を持ってお昼過ぎに帰宅して簡単にご飯を食べたら、
ひと休みする間もなく晩ごはんの下準備。
夫の協力もあってなんとか予定していたものは作ることができました。

BlogPaint


まずはお赤飯です。
ひな祭りのときに断念した、ささげを煮て蒸し器で蒸す正統派レシピ。
手をかけただけあってふっくらモチモチでおいしい!

BlogPaint


メインは北海道に住む夫の伯母から毎年この時期にいただく旬の毛蟹。

BlogPaint


朝から冷蔵庫で自然解凍して、あとは夫が捌きました。
羨ましいことに子どもの頃から飽きるほど食べているそうで解体も慣れたものです。

BlogPaint

本当に飽きているらしく(贅沢!)おいしい味噌は一人でいただきました!


あとは娘の好きな豚汁をストウブでたっぷり作り、

BlogPaint


サラダも娘の好きな春雨サラダを、玉子焼き増量で。

BlogPaint


一番大変だったのはデザートのいちごのババロアです。

BlogPaint

・牛乳にゼラチンを入れてふやかす
・卵黄と砂糖を白っぽくなるまで混ぜる
・牛乳に砂糖を混ぜて温める
・生クリームは6分立てにホイップする
・いちごはレモン汁を混ぜてピューレにする

とにかく全部合わせるまでの工程が多い!
ボウルをたくさん使い、泡だて器・ゴムべら・木べらといろいろ使い、
火にかけて温めたり氷で冷やしたり…
センスがなくて見た目は地味ですが、実は今回一番手がかかっています。


でも毛蟹のおかげでわが家の定番メニューも豪華に!

BlogPaint
なぜお茶碗と汁椀の位置を間違えたのか?!…


息子はお赤飯ばかりおかわりをして、ほぼお赤飯と豚汁しか食べず。
娘は喜んで完食してくれました。

2月からお誕生日、桃の節句、卒園と娘のお祝いが続いていましたが
入学が終われば今度は夏生まれの息子の番で、まずは端午の節句です。
気まぐれな息子には一体何を作ればいいのでしょうか…??
まずは兜と鐘馗様を出さなくては。


さて、初登校となる今朝。
娘は起きた瞬間から「あ~楽しみ~!早く行きたい!!」とハイテンションで
玄関でスタンバイするほど用意も早めに済ませ、元気に出かけていきました。
でも言葉とは裏腹に緊張から来る興奮状態のような気もするので、要注意です。




この日は17時から用事があり、18時前には帰宅できると思っていたら
実際に帰宅したのは18時半!
しかも息子が自転車で寝てしまってぐずぐず…

キッチンにはタイマー予約ですでに炊き上がっているごはんと、
切って下ごしらえしただけの豚汁の材料が!
19時にはいただきますをしたくて、大急ぎで用意した晩ごはんがこちら…

BlogPaint

とりあえず鍋が乗っているだけで、食卓の寂しさは多少和らぎます。
(夫は帰宅していませんが写真は4人分。)

三角のお皿は当時まだ学生だった妹が、結婚祝いにくれたおにぎり皿。
使いやすい大きさで重宝しています。
柄違いの5枚セットだったのですが10年以上の歳月の間に3枚になってしまいました。


卵3つで作っただし巻き玉子と

BlogPaint


わかめと若菜の混ぜご飯の素で作ったおにぎり。(この素、おいしいんです。)
何種類か作る余裕がなく、1.5合のごはん全てを混ぜご飯に。

BlogPaint


そして、ストウブブレイザーで作った豚汁です。

BlogPaint


作りながら、これを書きながら、あぁ、ブレイザーじゃないなー…鍋だなー
ラウンドの20cmなんていいんじゃないかなー…なんて思ったりして。
でも蓋をして弱火で煮込んだら、たった20分で根菜もやわらかく煮えました。
浅くたってさすがストウブ!


さて、気を取り直して。
こちらの七味が香りがよくて大好きです。

BlogPaint


冷静に見てみるとおかずが玉子焼きのみという手抜きごはんですが、
子どもたちは夜のおにぎり登場にテンションアップ!
いつもより積極的に食べていました。

BlogPaint

息子はおにぎりを2こ食べて、豚汁は1杯でおしまい。
娘はおにぎりを1こ半、豚汁はおかわりを2回して3杯食べました!
玉子は2切れずつで、もっと食べたかったと言われました。



にほんブログ村

冬に限らず一年中豚汁が登場するわが家。
一杯でたくさんの栄養がとれて子どもたちもよく食べてくれるというのが理由です。

野菜は長らく人参、大根、ごぼう、長ねぎという固定観念に囚われていましたが
娘の幼稚園のクッキングで初めて白菜としめじが入りの豚汁を食べてからというもの
すっかりこちらが好きになりました!

BlogPaint

豆腐は入っていなかったけれど、好みで追加。
白菜の甘みとしめじのうまみが溶けた、しみじみおいしい具だくさんの豚汁です。


■材料(鍋いっぱい)

・豚肉(こま切れ、バラなどお好みで) 150g

・大根
・人参
・白菜
・しめじ
・こんにゃく 合わせて800g程度

・木綿豆腐 1/2丁

・水 4~5カップ
・顆粒だしの素 小さじ2
・味噌 適量

■作り方

1.材料の下準備
・大根と人参はいちょう切り、白菜はざく切り、しめじは小房に分ける。
・こんにゃくは食べやすい大きさに切り、塩揉みしてから数分茹でる。
・豆腐はさいの目に切る。

2.炒める
・豚肉を色が変わるまで炒める。
・野菜とこんにゃくを加え、油が回ってしんなりするまでさらに炒める。

3.煮込む
・水、顆粒だしの素を加え、あくを取ったら味噌を大さじ1程度溶き、弱火でしばらく煮込む。
・材料がやわらかくなったら豆腐を加え、火を止めてもう一度味噌で味をつける。

BlogPaint

味噌を2回に分けて入れるのがポイントです。

こんにゃくの下ごしらえは長らく下茹でのみでしたが、
塩揉みしてから茹でる方法に変えました。
工程が一つ増えたけれどその分おいしくなっているはず。
子どもたちが大好きなこんにゃくは思い切って200gほど入れるので(!)
少し手をかけています。





↑このページのトップヘ