kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:豚ロース

寒暖差にやられて持病の喘息がひどく、咳で体力を奪われています。
買い出し以外に出かける元気がなくて、ただ家事をこなす日々。
常備菜作りも今週2回目です。

BlogPaint

・ブロッコリーの下茹で
豚ロース肉の味噌漬け焼き
いちごジャム
タコときゅうりの酢の物
・ホワイトソース


ちょっと花蕾が開き始めていますが、ずっしり大きくてお値段も安い!
茹でたてを食べたので元々の量はもう少しありました。

BlogPaint


筋切りして塩、こしょうをした豚ロース肉に、
味噌・砂糖・みりん・酒・おろし生姜を混ぜた味噌だれを塗ってラップに包んで保存。
その日のうちに軽く味噌だれを落としてフライパンで焼きます。

BlogPaint


先日作ったいちごジャムが好評だったのでもう一瓶。
今回はちょうどよい濃度になりました。

BlogPaint


茹でタコ、塩水につけてパリッとさせて水気をしぼったきゅうり、ミニトマトの酢の物。
今回はヤマキ割烹白だし大さじ1+酢大さじ2の合わせ酢で。

BlogPaint


賞味期限のせまった未開封の牛乳があり、慌ててホワイトソースにしました。
600ml使っていつものお手軽な作り方で。
薄力粉と牛乳をあらかじめよく混ぜてから火にかけます。
とろみがついてからバターと塩を加えれば、ダマ知らずのソースが完成します。

BlogPaint
(時間が経って表面に皮膜が…)


そんな常備菜を使ったこの日の晩ごはんは、半日漬けたロース肉をメインに、
春キャベツの千切りとブロッコリー。

BlogPaint

子どもたちは半分では足りない!というくらいパクパクよく食べました。
最近は息子だけでなく娘も肉食傾向です。


大人だけ酢の物。

BlogPaint


スープは大根とほうれんそうのかき玉汁でした。

BlogPaint

今になってお買得になっている冬野菜と、旬の元気な春野菜がたくさん店頭に並び、
料理が楽しいこの頃です。


今週の常備菜です。

BlogPaint

・バジルペースト
・モロッコいんげんの下茹で
・なすとトマトの和風マリネ
・豚ロース肉の塩麹漬け


直売所で袋にいっぱいで120円というバジルを見つけたので、
バジルペースト(ジェノベーゼソース)を作りました。
材料は松の実の代わりにクルミ、にんにく、粉チーズ、オリーブオイル、塩。
レシピはのちほどアップします。

s_P1320790


モロッコいんげんを下茹でしてスタンバイ。
娘はいつものごまドレッシングかと思ったら、大人と同じく醤油をかけて食べました。
緑の野菜の中でもオクラ、スナップエンドウ、モロッコいんげんは好きなようです。

s_P1320788


4つで250円という格安のトマトは、傷はあるものの甘くてお買い得品でした。
醤油、酢、砂糖、水を煮立ててちょっと和風のマリネ液を作り、
食べやすく切って種を取ったトマトと、揚げておいたなすを漬けます。
熱いうちに合わせて粗熱を取り、冷蔵庫で寝かせるとおいしくなります。

s_P1320787


味噌漬け焼きのバリエーションで、今回は塩麹焼きに。
筋切りした豚ロース肉に、塩麹、生姜のすりおろし、ブラックペッパーを混ぜたものを塗り、
ラップをして寝かせるだけ。

s_P1320789


ナイフで漬けだれを落とし、フライパンで焼きます。
糀が焦げやすいので、弱めの中火で蓋をして蒸し焼きにします。
子どもたちは2人で半分ずつ、ペロリと完食でした。

BlogPaint


マリネとインゲンはその日のうちにそれぞれ半分ずつ消費。

BlogPaint


久しぶりに直売所をのぞいて、不揃いながらも鮮度抜群の元気な野菜をたくさん購入して
いつもより創作意欲の湧いた常備菜作りでした。





常備菜で下ごしらえしていた豚ロース肉の味噌漬け焼きのレシピです。

BlogPaint

■材料(3枚分)

・豚ロース肉(とんかつ用) 3枚
・塩 少々
・こしょう 少々

【A】
・味噌 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 小さじ1
・生姜のしぼり汁 小さじ1

・サラダ油 少々

■作り方

1.豚肉は筋切りをし、軽く塩、こしょうをしておく。
2.【A】を混ぜ合わせ、ラップの上に薄く広げて豚肉を乗せて漬けだれを塗る。ぴったりとラップをして冷蔵庫で半日ほど寝かせる。
3.表面の味噌をナイフなどで落とす。
4.サラダ油をひいたフライパンで弱火で片面3分ずつ、焦がさないように焼く。

BlogPaint

昼間に漬けてだいたいその日の晩ごはんにしますが、今回は丸一日置いてみました。
しっかり味噌を落として焼けば思ったほど塩辛くもありません。
時間を置くと柔らかくなるのか、子どもたちも二人で1枚ペロリと食べました。





今週の常備菜です。

BlogPaint

・切干大根の煮物
・ミニトマトのレモンマリネ
・豚ロース肉の味噌漬け


切干大根と人参と油揚げの煮物。

BlogPaint

いりこだし、みりん、酒、醤油で煮ました。
醤油を後半で加える以外は基本ストウブでコトコトほったらかしです。


ミニトマトのマリネ。

BlogPaint

トマトを湯剥きして、レモン汁、オリーブオイル、砂糖、塩を混ぜたマリネ液に漬けています。


豚ロース肉の味噌漬け。

BlogPaint

筋切り、塩こしょうをし、味噌だれを塗って保存。
時間がおいしくしてくれる上に、あとは焼くだけなので漬けておくと楽です。
(レシピはのちほど)




タイトルの通り、ストウブを初めてオーブンに入れてみました。
こちらが入れる前。

BlogPaint


200℃で50分、取り出してふたをしたまま余熱で15分火を通し…
オープン!

BlogPaint

簡単なのにこんなにもごちそう感が!
オーブン料理マジックというか、ストウブマジックです。


■材料(2~3人分)

・豚肩ロースかたまり 400g
・マッシュルーム(生) 大4こ
・じゃがいも 小4こ
・パプリカ 1/2こ
・アスパラガス 4本
・にんにく 2かけ  ※野菜の分量はあくまで目安です。もっとたくさん入れても。

・塩 小さじ1
・ブラックペッパー
・白ワイン 50ml
・オリーブオイル 大さじ2

■作り方

1.豚肉は塩、ブラックペッパーをすり込んで1時間ほど室温に戻す。オーブンを200℃に予熱する。
2.ストウブにオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れ、火にかける。熱くなったら豚肉を入れ、全ての面を焼き固める。
3.火を止めて大きめに切った野菜を並べる。塩をふり、鍋肌から白ワインを注ぎ、オリーブオイル大さじ1を回しかける。
4.ふたをして200℃のオーブンで50分焼く。
5.取り出してふたをしたまま15分ほど置く。


大半をオーブンに任せて、あとはガーリックトーストとグリーンサラダという簡単な晩ごはん。

BlogPaint

お友達にいただいたハニーマスタードの出番がやってきました。
相性抜群!

サラダはレタス、きゅうり、ゴーダチーズ(雪印・芳醇ゴーダクラッシュという商品)に
レモン汁とオリーブオイルを回しかけ、塩をふっただけです。

BlogPaint

豚肉はジューシーでやわらかく、小さく切って子どもたちもよく食べました。
(でも一番売れたのはガーリックトーストでした。)

いつも思うのですが、ストウブで火を通したじゃがいもは本当においしくなります。
実は今日も1袋100円のじゃがいも…それなのに感動的なホクホク具合でした。
いつかいいじゃがいもでベイクドポテトを作ろう。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ