kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:豆腐


出来立てホカホカのおからです。

P1070554

先日、娘の授業のボランティアで豆腐作りのお手伝いをしてきました。
給食でお世話になっているお豆腐屋さんが家庭科室で出張授業をしてくれたのです。

浸水して膨らんだ大豆を、水と一緒にミキサーにかけた「呉」というものを鍋で煮ます。
このときに木べらで鍋底をまんべんなくかき混ぜるのがポイント。
すぐ焦げてしまうのでリレーのバトンのようにきちんと次の人に代わります。

沸いてきたら火を弱めてきっちり8分煮て、さらしで豆乳をしぼります。
そのときに残ったおからがこちら。

P1070546

お手伝いのお礼にいただきました。
「今日来てくださったお母さんたちに差し上げます」と聞いたときの娘の喜びの表情といったら!

このあと75℃まで温め、にがりを入れて固めます。
(にがりの入れ方は難しく、係の子どもたちはかなり練習をしていました。)

肝心のお豆腐の試食の結果はというと…
作りたては温かくも冷たくもない食べ慣れない温度だったのが災いして、各々微妙な反応…
これも経験です。


いただいたおからは普段食べているものとの違いがわかるように、
いつも通りのレシピでおから煮にしました。

P1070553

お豆腐はいまいちだった娘もおからは絶賛。
粒が大きめで食感があり、子どもたちが手で絞ったからか豆の風味が残っています。
とても美味しいおから煮ができました。



「ネクストフーディスト」の活動です。

先日、幼稚園の遠足のお弁当用に作ったチキンナゲットのレシピです。

P1030380

味付けはハウス食品株式会社さんの「香りソルトレモンペパーミックス」のみ。
豆腐っぽさはレモンとスパイスの香りでいい具合にカバーされます。


■材料(4人分)

【A】
・鶏ひき肉 300g
・木綿豆腐 200g *水気を切っておく
・片栗粉 大さじ3
・香りソルトレモンペパーミックス 大さじ1

・天ぷら粉 大さじ3
・水 90ml
・揚げ油 適量

■作り方

1.【A】をひき肉と豆腐がなじむまでよく混ぜ合わせ、ひと口大の楕円形にまとめる。
2.ボウルに天ぷら粉と水を混ぜ合わせて衣を作る。
3.揚げ油を中温に熱し、1を2にくぐらせてきつね色になるまで4分ほど揚げる。


材料を混ぜてゆるめに溶いた天ぷら衣をくぐらせて揚げるだけという手軽さ!
とても簡単なのでお弁当にもおすすめです。

P1030383

揚げたては天ぷら粉の効果でカリカリ、冷めてもお豆腐のおかげでしっとりふんわり。
塩、こしょう、ハーブがバランスよくブレンドされていてこれだけで味が決まります。


ネクストフーディスト

息子があまり豆腐が得意ではないため、ほとんど食卓に上らなかった麻婆豆腐。
最近お味噌汁のお豆腐も冷奴も嫌がらなくなったなー…と気付き、克服したと認定!
久しぶりに作ってみました。

BlogPaint

ずいぶん赤いですが、これは唐辛子だけではなくトマトの赤。
完熟トマトのグルタミン酸で旨味がアップしています!
ほのかな酸味もあって飽きのこないちょっと変わった麻婆豆腐です。


■材料(2人分)

・木綿豆腐 1丁(300g)
・豚ひき肉(鶏ひき肉でも) 100g
・トマト 1/2こ
・生姜 ひとかけ

・酒 大さじ1
・豆板醤 小さじ1
・水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水大さじ1
・青ねぎ 適量
・ごま油 小さじ1

【A】
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・醤油 小さじ1/2
・塩 ひとつまみ
・砂糖 少々 
・水 200ml

■作り方

1.豆腐は水切りをしてさいの目に切る。
2.生姜はみじん切り、トマトは角切り、青ねぎは小口切りにする。
3.フライパンを温め、豚ひき肉を広げて色が変わるまで両面を焼く。
4.生姜、トマトを加え、ひき肉をほぐすように炒める。香りが立ったら酒、豆板醤を加えてさらに炒める。
5.豆腐、混ぜ合わせた【A】を加えて強火にし、煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつける。
6.火を止めて青ねぎ、ごま油を加えてひと混ぜする。

BlogPaint


副菜は娘が大好きで必ずおかわりする春キャベツと油揚げの白だし煮。

BlogPaint


シャンタンベースの春雨とワカメの中華スープ。

BlogPaint


子どもたちはもちろん豆板醤なしのマイルドバージョンです。

BlogPaint

「ごはんにのっけてー!」と言うので麻婆豆腐丼になりました。
確かにこのほうが食べやすいし、ごはんだけ残すこともありません。
息子もしっかり完食できました。


おやつにホットケーキを焼きました。
お豆腐とバナナを使ったモチモチの生地です。

BlogPaint

■材料(3枚分)

・ホットケーキミックス 200g
・バナナ 1本
・充填豆腐 150g
・牛乳 90~100ml(バナナの大きさによって加減)

■作り方

1.バナナと豆腐はフォークで潰してなめらかにする。
2.ホットケーキミックスを加えて混ぜ、牛乳を様子を見ながら少しずつ加えて混ぜる。
3.温めたフライパンにサラダ油をひいてキッチンペーパーで拭き取りよくなじませたら、濡れ布巾で一瞬冷ます。
4.生地を落として弱火で焼き、プツプツ気泡が出てきたら返してもう片面も弱火で2分ほど焼く。


BlogPaint


元々のミックスの糖分とバナナの甘みで十分。
(ハチミツは余計でした。)

BlogPaint

お腹にたまるボリュームで、1/2枚ずつ食べて終了。
残り2枚は冷凍して朝ごはんにでも食べようと思います。

---

近所の同い年のお友達が一人でおつかいに来ているのに遭遇して以来、
「わたしもやりたい!」とおつかいブームが始まった娘。
まずは同じ店内にいて見守り、会計だけ娘にさせること数回。
次に単品のおつかいを頼むこと2回。(めんつゆ・煎りごま)
今回ははじめて買い物メモを持って3つの商品のおつかいにチャレンジしました。

BlogPaint


お願いした通り、青いバナナと成分無調整牛乳が買えました。

BlogPaint

エコバックを持参したのにレジ袋と二重になっていたので、
「袋あります」って言えなかったんだなぁなんて思っていたら、
店員さんが「重いでしょう~」と親切に袋に詰めてくださったのだそうです。
(レシートのレジ担当欄を見てお顔が浮かぶくらい馴染みのお店です。)

娘は「どうしてもっとおつかいさせてくれないの?できるのに!」と思っているようですが、
やはり周囲にも気を遣わせるので、まだまだ頻繁に頼むのは気が引けます。
お店との距離、お店の広さ、周囲の治安などによって状況はさまざまだとして、
みなさんどれくらいでおつかいデビューさせるのか興味があります。


久しぶりに麻婆豆腐を作りました。
この日は子どもは中華丼にしたので、心置きなく辛口仕上げに!

BlogPaint

娘の幼児食期にはトマト入りやみそ味などアレンジしながら毎週のように作っていたのに、
わが家から姿を消した麻婆豆腐。

原因は息子の豆腐嫌いです。
今でこそ冷奴やお味噌汁の豆腐もまあまあ食べるけれど、あくまでまあまあ。
しかも気分屋なので、メインにするにはちょっとまだ危険。
(全く食べてくれなくて急遽別メニューを作らなければならない可能性あり!)
そんなわけで作ったのは2年ぶりくらいだと思います。


■材料(2人分)

・木綿豆腐 1丁(300g)
・豚ひき肉 100g
・玉ねぎ 1/4こ   ※長ねぎでもOK
・生姜 ひとかけ
・酒 大さじ1
・豆板醤 小さじ1

【A】
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・醤油 小さじ1/2
・塩 小さじ1/4
・オイスターソース 少々
・砂糖 少々 
・水 200ml

・水溶き片栗粉
・青ねぎ
・七味唐辛子

■作り方

1.豆腐は重石をするか、さいの目に切って電子レンジにかけるなどして水切りをする。
2.玉ねぎと生姜はみじん切り、青ねぎは小口切りにする。
3.フライパンに豚ひき肉を広げて中火にかけ、色が変わるまで両面を焼く。
4.玉ねぎ、生姜を加え、ひき肉をほぐすように炒める。香りが立ったら酒、豆板醤を加えてさらに炒める。
5.豆腐、混ぜ合わせた【A】を加えて強火で煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
6.火を止めて青ねぎを加える。皿に盛り七味唐辛子をふる。


この日の晩ごはん。

BlogPaint

・麻婆豆腐
・大根ときゅうりとかにかまぼこのサラダ
・切り干し大根と玉子のお味噌汁
・ごはん


もう一品までどうしても手が回らない…というより献立を考える頭が回らないのかも。
普段は一汁二菜が限界です。
そんなことはよそに、辛いもの好きの夫には喜ばれました。




↑このページのトップヘ