kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:豆乳


旬のかぶを使ってシチューを作りました。

P1120201 (2)

先日母と作ったときは牛乳でしたが、今回は豆乳鍋をして余っていた無調整豆乳を使いました。


■材料(4人分)

・かぶ 小7こ(350g)
・かぶの葉または茎 お好みで適量
・にんじん 1本
・じゃがいも 2こ
・鶏もも肉 1枚

・バター(食塩不使用) 20g
・薄力粉 大さじ2
・固形スープの素(コンソメ) 1こ
・水 200ml
・豆乳(無調整) 200ml
・塩 小さじ1
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.かぶは皮をむいて半分(大きいものは四つ割り)に切る。
にんじんとじゃがいもは乱切りにし、じゃがいもは水にさらす。

2.鶏肉は一口サイズに切り分け、塩(分量外・少々)をふる。

3.ストウブ鍋(20cm使用)にバターを熱し、2を表面の色が変わるまで炒める。
かぶ、人参を加えてつやが出るまで炒める。

4.薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒める
固形スープの素、水を加えて混ぜながらひと煮立ちさせる。あくが出ればすくう。

5.ふたをして弱火で15分煮込み、ローリエ、じゃがいも、かぶの葉を加えてさらに10分煮込む。

6.豆乳を加えて沸騰させない火加減でとろみがつくまで混ぜながら煮込む。
塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。


※ストウブ使用で水の量が少なめになっています。
5の工程はふたができる鍋で、ひたひたの水加減で野菜が柔らかくなるまで煮込めばOKです。


水分の多いかぶは、先にスープで煮ておくと味がぼけません。
豆乳の場合は分離しやすいので火加減に注意して仕上げに加えます。

P1120212 (2)


野菜が少々煮崩れるくらいのちょうど良いとろみ加減。
鶏肉とバターのこくが加わって、市販のルウを使わなくても満足の味です。

P1120204 (2)


リクエストをくれた娘が喜びそうなクリーミーな味に仕上がりました。

P1120205 (2)


かぶといえば、もっと手軽にクリームコーンを使ったレシピも。



クリームコーンにかぶを加えた冬限定のポタージュです。

BlogPaint


■材料(4人分)

・かぶ 5こ(約500g)
・クリームコーン 大1缶
・豆乳(無調整) 200ml
・水 200ml
・洋風スープの素 小さじ1
・塩 小さじ1
・ホワイトペッパー 少々
・かぶの葉のみじん切り 適量

■作り方

1.かぶは皮をむいて乱切りにし、水、洋風スープの素と共に鍋に入れ火にかける。
2.ふたをして弱火で柔らかくなるまで10分ほど煮る。
3.火を止めて木べらで粗くつぶし、クリームコーン、豆乳、かぶの葉のみじんぎりを加えて再び弱火にかける。
4.混ぜながら温め、塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。


子どもたちの離乳食時代に味付けなしで作っていたのを思い出してアレンジを加えました。
あえてかぶを粗くつぶして食感を残すのがポイント。
「食べるスープ」になって満足感があります。

BlogPaint


そんなポタージュでわたしと息子の朝ごはん。
最近わが家の平日の朝ごはんは二部制です。
娘の登校時間と息子の登園時間が1時間違うので、まずは娘を送り出します。

BlogPaint

子どもたちはかぶについては一言も触れず静かに完食。
違和感がなかったということでいいのでしょうか。


先日作り置きした肉そぼろ。

BlogPaint


美味しくてアレンジも利いて使い勝手抜群だったので
倍量でもう一度作りました。

BlogPaint


■材料(作りやすい分量)

・豚ひき肉 300g

【A】
・みそ 大さじ4
・酒 大さじ4
・砂糖 大さじ2

・すりごま 大さじ4

■作り方

1.【A】はよく混ぜ合わせ、みそを溶いておく。
2.豚ひき肉と1の合わせみそをフライパンに入れて火にかけ、菜箸で絶えずかき混ぜる。
3.脂が透明になり、パチパチしてきたらすりごまを加えて混ぜ、火を止める。


こちらのそぼろをトッピングして作ったのが冷やし担担麺です。

BlogPaint

スープはヒルナンデスの料理のワンコーナーより拝借した豆乳+白だしで手軽に。
(元レシピは肉味噌にピーナッツバターを加えて、麺はそうめんでした。)

■材料(2人分)

・中華麺(冷やし中華用) 2玉
・ごまみそ肉そぼろ 大さじ山盛り4
・きゅうり 1本
・無調整豆乳 200ml
・白だし 大さじ2
・ラー油 適宜

茹でて水でしめた麺に、豆乳と白だしを合わせたものをかけ、
千切りにしたきゅうりとそぼろを乗せたら、ラー油を回しかけるだけ。
そぼろにたっぷりのすりごまが入っているので、混ぜると担担麺になります!

BlogPaint


麺を細めのうどんにして子どもごはんにも。

BlogPaint

ラー油の代わりにごま油をたらし、ゆで玉子をプラス。
息子は冷たいのがお気に召さなかったようなので、次回は温めます…


最近ダイニングではなくローテーブルでごはんを食べたがる二人。

BlogPaint

なぜか向かい合うことはなく、いつも横並びです。


最近にしてはお安くほうれんそうが買えたので、鍋でたっぷり食べたい!
と思ったのですが、常夜鍋ができるほどの量はなく。(2袋は必要)
他にほうれんそうが合う鍋は…と考えて豆乳鍋を作ってみることにしました。

BlogPaint

鍋に水と昆布を入れて1時間ほど放置。
弱火でゆっくり煮出したら、豆乳(無調整)を加えて再びゆっくり加熱します。
昆布だしと豆乳は1:1です。

和風だしに鶏がらスープ、味噌などを入れて味付けするタイプも考えていたのですが
豆乳の分離が心配で…
シンプルに昆布だしと豆乳だけで煮る「あさイチ」のレシピを採用しました。
塩分が入らなければ分離は起こらないとのこと、本当でした!


用意したお肉は豚バラ。

BlogPaint


野菜はほうれんそう、白菜、黒豆もやし、ピーラーでヒラヒラにした大根と人参。

BlogPaint


しめじ、春雨、ソーセージ。

BlogPaint


大人は醤油ポン酢、子どもはめんつゆを準備。
薬味は柚子胡椒とすり胡麻。

BlogPaint


豆乳胡麻スープに、ピリッと柚子胡椒のアクセント。
とっても良い組み合わせでした!

BlogPaint

途中でうっかり煮立ててしまっても分離せず。
最後まできれいに食べられて、味付けも自由自在。
おすすめです!





子どもたちのおやつの買い置きが全くないことに気付き、慌ててドーナツを作りました。

BlogPaint

作り方は過去の記事のホットケーキミックスで豆腐ドーナツと同じです。
今回は全粒粉ではなく普通のミックスで。
牛乳は豆乳に変えて作りました。

全粒粉の香ばしい感じも好きですが、普通のミックスだとふんわり感がアップします。
にんじんのすりおろしも入って気持ち安心。


■材料(約12~13こ分)

・ホットケーキミックス 200g
・豆腐(充填絹使用) 150g
・人参のすりおろし 1/2本分
・豆乳 大さじ3

・揚げ油 適量

■作り方

1.豆腐をつぶしてなめらかにしたところにその他の材料を加えて混ぜ合わせる。
2.サラダ油を火にかけ、ぬるいうちにスプーンを2本使って丸めて落とす。
3.弱火で表面がきつね色になって泡が少なくなるまで返しながら揚げる。


お姉ちゃんの帰りを今か今かと待っている息子。

BlogPaint


さわりたがって仕方ないので、断面を見せるお仕事をしてもらいました。

BlogPaint

にんじんの粒々が見えて、気泡がいっぱいでふんわり♪
周りはカリッとしています。


いつもよりテンションの上がるおやつタイムとなりました。

BlogPaint

ランドセルの他に借りてきた本3冊、体操着、上履き、鍵盤ハーモニカを持って
くたくたになって帰って来た娘。
ドアを開けるなり「いいにおいがする~!」とすぐさま気付き、
並んだドーナツを見て大喜びでした。





↑このページのトップヘ