kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:蒸し料理

お赤飯で余ったもち米で、今度はおこわを蒸しました。

BlogPaint

具材に豚バラ肉を使う今回のようなレシピでは、なるべくあっさりした仕上がりにしたいので、
もち米100%ではなくもち米2合にうるち米1合の割合にしました。


■材料(3合分)

・もち米 2合
・うるち米 1合
・豚バラ肉 150g
・干し椎茸 20g
・干しエビ 20g
・人参 30g
・サラダ油 大さじ1と1/2

【A】
・酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/3
・鶏がらスープの素 小さじ1
・干し椎茸の戻し汁 大さじ2
・干しエビの戻し汁 大さじ2

・水 【A】と合わせて400mlになるようにする

■作り方

【下準備】
・もち米とうるち米は洗って1時間浸水し、ざるにあげて水を切っておく。
・干し椎茸、干しえびはそれぞれぬるま湯で戻す。

1.豚肉、戻した干し椎茸、干しエビは5mm角に切り、人参はいちょう切りにする。
2.鍋にサラダ油を熱して豚肉を炒め、色が変わったら干し椎茸、干しエビを加えて軽く炒める。
3.混ぜ合わせた【A】に水を加えて400mlにし、2に加えてひと煮立ちさせる。
4.もち米とうるち米を加え、水分を吸うまでかき混ぜながら中火で炒める。
粘りが出て鍋底に膜が張るようになったら火を止める。
5.固くしぼった布巾に広げて火の通りがいいように真ん中をあけ、布巾をかぶせる。
蒸気の上がった蒸し器で強火で20分蒸す。


こちらは先日の入学式の日のお祝いごはんでお赤飯を蒸したときの写真。(参考までに)
平らにならして真ん中をあけます。

BlogPaint


このように布巾をかぶせて蒸し器へ。

BlogPaint


豚バラ肉のこくと、乾物のうまみがギュッと詰まったモチモチのおこわ。
彩りに加えた新人参も甘くて美味しかったです。

BlogPaint

端午の節句にはこちらのおこわを竹の皮で包んでちまきを作っています。
でも毎年竹の皮を探すのに一苦労!
恒例行事ならたくさん買ってストックしておけばいいのかもしれませんが、
一応食品に使うので一年以上保管していいものか迷って結局毎年買い直します。

頼みの綱の富澤商店さんは通販でも実店舗でも長い間入荷待ちの状態。
百貨店に入っているような品揃えの多いお店でもお目にかかることはなく、
今年もネットで探すしかないのかもしれません。





昨日は満開の桜の下、娘が無事に小学校に入学しました。

たくさんの荷物を持ってお昼過ぎに帰宅して簡単にご飯を食べたら、
ひと休みする間もなく晩ごはんの下準備。
夫の協力もあってなんとか予定していたものは作ることができました。

BlogPaint


まずはお赤飯です。
ひな祭りのときに断念した、ささげを煮て蒸し器で蒸す正統派レシピ。
手をかけただけあってふっくらモチモチでおいしい!

BlogPaint


メインは北海道に住む夫の伯母から毎年この時期にいただく旬の毛蟹。

BlogPaint


朝から冷蔵庫で自然解凍して、あとは夫が捌きました。
羨ましいことに子どもの頃から飽きるほど食べているそうで解体も慣れたものです。

BlogPaint

本当に飽きているらしく(贅沢!)おいしい味噌は一人でいただきました!


あとは娘の好きな豚汁をストウブでたっぷり作り、

BlogPaint


サラダも娘の好きな春雨サラダを、玉子焼き増量で。

BlogPaint


一番大変だったのはデザートのいちごのババロアです。

BlogPaint

・牛乳にゼラチンを入れてふやかす
・卵黄と砂糖を白っぽくなるまで混ぜる
・牛乳に砂糖を混ぜて温める
・生クリームは6分立てにホイップする
・いちごはレモン汁を混ぜてピューレにする

とにかく全部合わせるまでの工程が多い!
ボウルをたくさん使い、泡だて器・ゴムべら・木べらといろいろ使い、
火にかけて温めたり氷で冷やしたり…
センスがなくて見た目は地味ですが、実は今回一番手がかかっています。


でも毛蟹のおかげでわが家の定番メニューも豪華に!

BlogPaint
なぜお茶碗と汁椀の位置を間違えたのか?!…


息子はお赤飯ばかりおかわりをして、ほぼお赤飯と豚汁しか食べず。
娘は喜んで完食してくれました。

2月からお誕生日、桃の節句、卒園と娘のお祝いが続いていましたが
入学が終われば今度は夏生まれの息子の番で、まずは端午の節句です。
気まぐれな息子には一体何を作ればいいのでしょうか…??
まずは兜と鐘馗様を出さなくては。


さて、初登校となる今朝。
娘は起きた瞬間から「あ~楽しみ~!早く行きたい!!」とハイテンションで
玄関でスタンバイするほど用意も早めに済ませ、元気に出かけていきました。
でも言葉とは裏腹に緊張から来る興奮状態のような気もするので、要注意です。




とても簡単で美味しくて昔からよく作っているフライパンで蒸す料理なのですが、
ネーミングに困っています。
以前、名もなきお椀というのもご紹介したので、いっそのことシリーズ化しようかと思ったり。
家庭料理というのはそういう運命のものが多いです。

BlogPaint

豚肉の薄切りを一人分60~80g、なすは1本か2本(アバウト)を薄切りに、
水菜とえのきは思い切ってたっぷりいくらでも。
フライパンに適当に重ねて入れ、塩をふって酒を大さじ1くらい回しかけて蓋をします。
中火で5分ほど蒸したら、蓋を開けて適当に混ぜながら水分を飛ばします。

以上です。(無意識に2回も「適当」という言葉を使ってしまった…)


味付けは市販の味ポン頼み。
大根があれば大根おろしをたっぷり乗せるとより美味しいです。

BlogPaint

強いて言えば豚肉はバラだとちょっとしつこくてももだと少々パサつくので、
わたしは肩ロースくらいで作ります。
ただし、量は多くなくてもいいのでしゃぶしゃぶ用などの薄切りを使うこと!

これは4つの材料どれが欠けても物足りない、代用もきかない料理です。
それゆえ「豚肉となすと水菜とえのきだけのフライパン蒸し」という長い名前になってしまいます。

子どもたちにもこの美味しさに早く気付いてほしいものです。



にほんブログ村


↑このページのトップヘ