kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:蒸しパン


冬至ということで、とりあえずゆず湯用のゆずとかぼちゃを買ってきました。


何を作ろうか考えているうちにお昼過ぎになり、慌てて圧力鍋で小豆を煮ました。
今回はあんこの一歩手前の豆感の残る仕上がりに。

P1120349


かぼちゃは加工しやすいようにとりあえず蒸しました。

P1120353 (2)


「かぼちゃのいとこ煮」は給食で出るというので、さてどうしよう…と考えた末、
今個人的ブームの蒸しパンをおやつに作ることにしました。

P1120365 (2)

【小豆の煮方】
小豆(250g)は圧力鍋で一度茹でこぼし、新たに3倍量(750ml)の水を加えて強火にかける。
加圧を始め、ピンが上がったら弱めの中火に落として10分、火を止めて自然冷却する。
上白糖(200g)を5分置きに3回に分けて加え、たまに混ぜながらぽってりとするまで煮る。

【かぼちゃの蒸し方】
1/4カットのかぼちゃの種を取り、700Wの電子レンジで1分加熱する。
ひと口大に切り、蒸気の上がった蒸し器で10分蒸す。
(圧力鍋で蒸す場合は3分加圧して自然冷却する。)


■材料(6こ分)

・蒸しかぼちゃ(皮をのぞく) 80g
・煮小豆 100g
・薄力粉 150g
・上白糖 30g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・牛乳 150ml
・米油 大さじ1

■作り方

1.蒸しかぼちゃはフォークなどでつぶし、牛乳と合わせて溶かしておく。

2.薄力粉、ベーキングパウダー、上白糖を合わせてふるう。

3.1、米油を加えて粉がなくなるまで練らないようにさっくりと混ぜる。

4.煮小豆を加えて軽く混ぜ、ココット皿に紙を敷いて生地を等分に流す。

5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で15分蒸す。


かぼちゃはあらかじめ水分で溶いておくことで全体に混ざります。
小豆は存在感を残したいのでつぶさないように軽く混ぜるのがポイント。

P1120360 (2)


一見マフィンのようですが、油分が少なくふんわり優しい味です。

P1120359 (2)


蒸しパンは粉ものの中でも失敗が少なく、手軽でヘルシーなので最近よく作っています。
息子好みのチョコチップを入れただけのシンプルなものや、
先日のりんごとヨーグルトの米粉蒸しパンなど、あるものでアレンジ自在。
パンケーキなど一枚ずつ焼くのと違って、蒸し器に入れれば一度に出来上がるところも魅力です。




りんごのいただきものが続いていて嬉しいこの頃。
電子レンジと蒸し器で簡単なりんごスイーツを作りました。

P1120326 (2)

米粉使用で雪のような真っ白な仕上がりになります。


■材料(6こ分)

・りんご 1/2こ(200g)
・レモン汁 小さじ1
・米粉 150g
・上白糖 60g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・ヨーグルト(プレーン) 100ml
・牛乳 100ml
・米油 大さじ1

■作り方

1.りんごは皮つきのまま1cm角に切って耐熱皿に入れ、レモン汁をまぶす。
ラップをして700Wの電子レンジで1分加熱する。

2.大きめのボウルに米粉、上白糖、ベーキングパウダーを入れてよく混ぜる。

3.ヨーグルト、牛乳を加えてなめらかになるまで混ぜ、1、米油を加えてさらに混ぜる。

4.ココット皿に紙を敷いて生地を等分に流す。

5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で20分蒸す。


米粉で作るとなめらかでもっちり。
小麦粉だとTHE・蒸しパン!というふわっとした食感になるので、ここはお好みで!

P1120324 (2)


ほのかな酸味のヨーグルトの生地と、シャキッとジュワッと甘いりんごが合います。

P1120328 (3)


前日にベーキングパウダーを切らしていてベーキングソーダで作ったところ、
予想通り褐色になってしまって色味がいまいち。
ベーキングパウダーを買ってリベンジしたのでした。

P1120330 (2)

娘はモチモチして美味しい~♪と絶賛。
息子は「ぼく、あんまりヨーグルト好きじゃない…」とテンション低めでした。
(ヨーグルトを入れず牛乳だけで作る場合は150mlにします。)




先日娘が杏仁豆腐を作ったときに余ってしまったフルーツ缶詰で、蒸しパンを作ってみました。

P1110757 (2)

水分は牛乳にして洋菓子風に。


■材料(ココット型6こ分)

・薄力粉 200g
・べーキングパウダー 小さじ1/2
・ベーキングソーダ 小さじ1/2
・牛乳 200ml
・フルーツの缶詰 150g
・缶詰の汁 大さじ4
・砂糖 大さじ2
・米油 大さじ1

■作り方

1.薄力粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダをボウルに入れてよく混ぜる。
2.フルーツの缶詰はだいたい同じ大きさの角切りにし、トッピングの分は取り分けておく。
3.牛乳、2、缶詰の汁、砂糖を加えて混ぜ、最後に米油を加えてなじむまで混ぜる。
4.ココット皿にオーブンペーパーを敷き詰め、8分目まで流し入れたらトッピング用のフルーツを乗せる。
5.蒸し器に入れてふたに布巾をかませ、強火で12分蒸す。

P1110760 (3)


生地に甘みが少ないとフルーツとの一体感が出ないので、
砂糖はある程度入れるのがポイントです。

P1110762 (2)


蒸したてはホカホカで美味しいですが、フルーツも温まっているので好みは分かれそう。

P1110764 (2)

作り置きもできて見た目にもカラフルで楽しいおやつです。




子どもたちとおやつ作り。
今回は手軽にできる蒸しパンです。

P1090217


常備しているクルミと、引き出しの奥底で眠っていた黒糖パウダーを使いました。

P1090230


■材料(6こ分)

・薄力粉 200g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・ベーキングソーダ 小さじ1
・水 200ml
・クルミ 30g
・黒糖パウダー 70g

■作り方

1.クルミは粗く刻み、薄力粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダは合わせてふるう。

2.水を加えてさっくりと練らないように混ぜる。

3.1を加えて軽く混ぜてから黒糖パウダーを加えて静かに混ぜ、マーブル模様になったら混ぜるのをやめる。

4.ココット皿にオーブンシートを敷き込んで等分に流し入れる。

5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、布巾をかませてふたをして強火で12分蒸す。


黒糖パウダーはこくはあるものの糖度は低めなので、気持ち多めに入れます。

P1090221


混ぜる加減はこれくらい。

P1090224


いつの間にか息子がカメラマンになっていた一枚。

P1090226


蒸したては黒糖の香りが立ち上ります!

P1090235


子どもたちは牛乳とともに。

P1090236

基本的に粉と水があればできて、失敗もほぼない蒸しパン。
蒸し器におまかせできて楽なので、かぼちゃやさつまいもを入れたりしてよく作っています。


「ネクストフーディスト」の活動です。

今回はボーソー油脂株式会社さんの「ボーソー米油」でお菓子作り。
中華風蒸しパンのマーラーカオです。

P1030370

“マーラー”とはマレーシア、“カオ”はケーキという意味だそうです。
くせのない米油は卵やハチミツなど素材の味と香りを引き立ててくれます。


■材料(12cmの丸型1台分)

・卵 2こ
・砂糖 50g
・はちみつ 30g
・牛乳 50ml
・ボーソー米油 大さじ2

【A】
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・ベーキングソーダ 小さじ1/4

■作り方

1.大きめのボウルに卵と砂糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽいクリーム状になるまで混ぜる。
2.はちみつ、牛乳、ボーソー米油を加え、泡だて器に持ち替えてよく混ぜる。
3.【A】をふるいながら3回に分けて加え、そのつど練らないようにさっくり混ぜる。
4.型にクッキングペーパーを敷き、生地を流し入れる。
5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で30分蒸す。

P1030371


どら焼きや温泉まんじゅうなど和風の生地に使われることの多いベーキングソーダは
独特の香りがあって、仕上がりは褐色になります。
今回はベーキングパウダーと両方使ってみました。
(ベーキングパウダーのみだと卵の黄色のまま蒸し上がります。) 

P1030372

ふっくらとした見た目と卵のいい香りが、「ぐりとぐら」のカステラを思わせます!
(出来上がりを待っている子どもたちの様子が集まってくる森の動物たちのようでもあり。)


米油は時間が経っても酸化しにくく、美味しさをキープしてくれる優秀な油♪
子どもたちのおやつにも安心して使えます。


ネクストフーディスト


↑このページのトップヘ