kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:茶碗蒸し

息子が幼稚園を卒園しました。

今年はクラスごとの卒園式だったのでタイトスケジュールでこじんまり。
クラスが別の仲良しだったお友達とは入れ替え制で会えなくて残念でしたが、
お世話になった先生方にご挨拶をしたり写真を撮ったりする時間はありました。


お昼はリクエストでマクドナルド(テイクアウト)。
ハッピーセットのチーズバーガーしか食べたことがなかった息子が、初のてりたまに挑戦!
濃厚なてりやき味に感動していました!
ちなみに娘は前回からエビフィレオの美味しさに開眼し、今後もリピートの予感。


夜は豪華に鰻丼&毛蟹でお祝いしました。

P1130305


幼稚園でいただいた紅白饅頭と、義理の実家からこの日届いたホワイトデーのスイーツも。
豪華と言いながら、茶碗蒸し以外はほとんど並べただけの楽々ごはんです。

P1130312


毎月セールの日に買ってここぞというときに出している中国産の鰻の蒲焼き。
さっと下茹でしてから(一度たれを落とすのが重要)オーブンシートを敷いた天板に並べ、
トースターで温めます。
途中でたれを塗りながら焼くと、お安い鰻でもふっくら香ばしく焼き上がります。

P1130314


義理の姉からいただいた北海道の毛蟹は子どもたちも美味しさがわかるように。
茹でて冷凍されているものを前日から解凍し、夫が捌いてくれました。

P1130306


今回の茶碗蒸しは白だしを使用。
(卵3こ、水400ml、白だし50ml、酒大さじ1。)
具は沈んで見えませんが、鶏肉、かまぼこ、にんじんが入っています。

P1130316


いただきもののスイーツは生キャラメルで有名な福島の向山製作所さんのもの。
最近実家からもホワイトデーにとこちらの生キャラメルをいただきみんなで味わったばかり!
希少なご当地スイーツです。



「キャラメルドゥブルフロマージュ」。
レアチーズとベイクドチーズの2種類のケーキにキャラメルがサンドされた濃厚なケーキでした。

P1130318

これにて娘の頃から足掛け7年の幼稚園生活が終わりました。
お友達にも先生にも恵まれてとても楽しい園生活だったようです。
細かいところまで行き届いた丁寧な保育のおかげで、親子ともに安心して過ごすことができました。

幼稚園での一番の財産はさまざまな出会い。
もはや“ママ友”と呼ぶには足りないくらい親子それぞれが大切なお友達になったり、
趣味の集まり(コーラス)に参加できたり、一緒に習い事に励んだり。
思えば幼稚園を通して世界が広がって、今の生活があります。
子どもの学年や年齢などの枠を超えたたくさんの出会いに感謝しています。




今年もちまきを作って端午の節句のお祝いをしました。

BlogPaint


ちまき作りは娘が2歳のときから毎年恒例なのでもう7回目。
すっかり包み担当となった夫も手慣れたもので、うっかりたこ糸(い草の年も)を切らしていても
特に問題なく仕上がりました。

BlogPaint


■材料(3合分)

・もち米 2合
・うるち米 1合
・豚ばら肉 150g
・椎茸 2こ
・干しエビ 10g
・人参 50g

【A】
・酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/3
・鶏がらスープの素 小さじ1
・しいたけ茶 1袋(2g)
・干しエビの戻し汁

・米油 大さじ1
・水 【A】と合わせて400mlになるようにする

■作り方

【下準備】
・もち米とうるち米は洗って1時間浸水してざるにあげて水気を切っておく。
・干しエビはぬるま湯に30分ほど浸して戻す。

1.豚肉と椎茸は細かく切り、干しエビは刻む。人参はいちょう切りにする。
2.フライパンに米油をひいて豚肉を炒め、色が変わったら椎茸、干しエビ、人参を加えて軽く炒める。
3.混ぜ合わせた【A】に水を加えて400mlにし、2に加えてひと煮立ちさせる。
4.もち米とうるち米を加え、水分を吸わせるようにかき混ぜながら炒める。
粘りが出て鍋底に膜が張るようになったら火を止める。
5.竹の皮で三角形になるように包む。
6.蒸気の上がった蒸し器に並べ、強火で20分蒸す。

包み方はこちらの動画がわかりやすいです→中華ちまきの包み方(YouTube)


今年は干し椎茸がなかったので生椎茸+しいたけ茶(もへじ)で。

BlogPaint


息子も好きになったお刺身の盛り合わせ。

BlogPaint


久しぶりの茶碗蒸しは、エビ、鶏肉、花麩、人参、椎茸、三つ葉入り。

BlogPaint


柏餅は毎年大量に作るのですが(柏の葉が少量で売っていないため)今年はお店で買いました。

BlogPaint


---

毎年わが家のリビングにお出ましになる鐘馗さま。
六十数年前に父の誕生に際して旗職人の父の祖父によって描かれたものです。

P1030469


今年も見守られつつのお祝いでした。
夜には菖蒲湯に浸かりました。


一足お先に恒例のちまきと柏餅を作って端午の節句のお祝いをしました。

BlogPaint


鐘馗さまが見守る中(?)お昼ごはんです。

BlogPaint


子どもたちに一番好評だったのはちまき…よりも、びんちょうまぐろのお刺身!
息子はお寿司でも穴子や玉子ばかりで生ものは避けていたのですが、
気付いたら自らお醤油をつけてしっかり食べていました。

BlogPaint


大人はトマト、青じそ、塩、オリーブオイルでカルパッチョに。

BlogPaint


メインのちまきは美味しいおこわのレシピに詳細が。
竹の皮は幅13cmほどの大きめサイズを使い、きっちり詰めて7個できました。
3合で作っているので一人1個で十分すぎる大きさです。
きれいな三角に仕上げるのは毎年夫と娘の担当。

P1370577


中身は豚ばら肉、人参、干し椎茸、干しエビ、たけのこで、旨みたっぷりです。

P1370582


いつもの茶碗蒸し
今回の具は鶏肉、エビ、椎茸、カニかまぼこ、絹さやです。

BlogPaint


柏餅(2度蒸し)→ちまき→茶碗蒸しと、朝からずっと蒸し作業でした!

BlogPaint


柏餅は外側は手作り、あんこは市販のこしあんで楽をしています。

BlogPaint


上新粉と白玉粉で作る、冷蔵保存しても固くならないお気に入りのレシピです。

BlogPaint


年末から続いていた行事関連ごはんもこれにてひと休み。
(クリスマス→お正月→節分→娘誕生日→桃の節句→入園進級関連→端午の節句)
7月に息子の誕生日がありますが、本人は「納豆巻き」を希望しているので
手巻き寿司パーティーでもいいかなと思っています。


桃の節句のお祝いごはんです。
今年はいつも土曜出勤の夫が休みだったので、ゆっくりお昼にお祝いしました。

BlogPaint


メインはケーキ型(18cm)で作った押し寿司です。

BlogPaint


五目ちらしの素(ミツカン)を混ぜたごはんをケーキ型に敷き詰めます。
角切りにしたサーモン、厚焼き玉子、きゅうり、えびを乗せ、
ラップの上から重石をして冷蔵庫で少し寝かせます。
崩れない程度に固まったら、型から出していくらを飾って完成です。

BlogPaint


大きくて立派な真鯛が手に入ったので(先着20名980円をゲット!)塩焼きに。
夫がうろこを取って内臓を処理してくれました。
全体に塩をまぶして200℃のオーブンで30分、そのままオーブン内で10分置くと、ふっくら!

BlogPaint


お祝いごとといえば、いつもの茶碗蒸し
具材は鶏肉、しいたけ、人参、鞠麩、絹さやです。

BlogPaint


デザートには旬のいちごを。

BlogPaint

箸袋は本日の主役の娘が作ってくれました。


鯛は大きすぎて半身しか食べられなかったので
あらと身に分けて鯛めしにしようと思います。

BlogPaint


昨年は危なすぎてリビングから玄関に移動になったお雛さまですが、
今年は一度だけ落下事故は起きたものの、最後までリビングに飾ることができました。

BlogPaint

よく見たら…みかんを持たされていた!





娘が卒園しました。

式には息子を連れていけないため前日から母に応援に来てもらって
当日は五人で嬉しいお祝いごはんです。

BlogPaint


娘のリクエストでサラダはポテトサラダ(コストコマッシュポテト)に。

BlogPaint


ストウブ・ブレイザーで炊いたお煮しめ。
昆布、鰹、干ししいたけのだしと、みりん、砂糖、醤油で。

BlogPaint


メインはお寿司で、またもや茶碗蒸し
誕生日、ひな祭り、卒園式…2か月の間に3回も作りました。
今回は鶏肉、エビ、しめじ、かまぼこ、三つ葉です。

BlogPaint


卒園式のあとは七五三以来の写真撮影に行ってきました。
幼稚園の制服姿と、入学式で着る予定のワンピースにランドセル姿で
どのカットもおすまししつつも優しい笑顔。
とても素敵に撮っていただいて、完成が楽しみです。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ