妹の誕生日。
両親と待ち合わせて片道約2時間のお寺までお墓参りに行ってきました。


11年前に結婚祝いに贈ったのち、手元に戻ってきたホームベーカリーで
妹が好きだった白パンを焼いて墓前へ。

P1130164


パンケースにぬるま湯を入れ、パン生地を入れたスチームケースを重ねて蒸し焼きにします。

P1130165


材料を覚え書き。

・強力粉 150g
・無塩バター 10g
・砂糖 3g (付属スプーン小さじ1)
・塩 2.5g (付属スプーン小さじ1/2)
・ハチミツ 15g
・牛乳 60ml
・水 50ml
・ドライイースト 1.4g (付属スプーン小さじ1/2)

生地は軽くガスを抜いてから2等分にしてそれぞれ丸めます。
綴じ目を下にして2つ並べてスチームケースへ。
蒸し焼きの際は水ではなく40℃程度の湯を使用。
何度か焼いてみて、焼き時間は7分ほど短くしても問題ないことがわかりました。


こちらは自宅用に焼いたもの。

P1130169

しっとり吸い付くような生地で、焼かずに食べるのがおすすめです。


1歳を過ぎた頃の娘(妹が溺愛)に、一緒に食べよう!と焼いてくれた思い出のパンでもあります。

P1130176


夫が買ってきてくれたおすすめのお菓子&調味料とともに両親に。

P1130177


「湘南チーズパイ」 葦(Ashi)

P1130170 (2)


「サクサクしょうゆアーモンド」 こころダイニング

P1130175

花は現地のお花屋さんで。
イメージ的に仏花は避け、可愛らしい色のカーネーションや好きだったガーベラを選びます。
お誕生日の時期は桃の花や菜の花が並ぶので、今回も入れてもらいました。


繊細な心の持ち主ゆえに、震災のときも人一倍心を痛めていた妹。
生きていたらここ一年の世界の変化をどう感じていただろう…
良いことも悪いことも何か大きなことが起こるたび、心の中で問いかけてしまいます。