kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:白だし

常備菜作りの記録です。

P1130459

・大根と豚肉の白だし煮
・ほうれんそうのナムル
・なすの大葉味噌炒め
・茎わかめときゅうりの梅あえ


大根1/2本をストウブでじっくり煮ました。
味付けは白だし、酒、生姜のしぼり汁のみ。
大根が柔らかくなってから豚薄切り肉を加えてコクをプラスしました。

P1130460 (2)


ほうれんそうはナムルに。
茹でて塩、砂糖、醤油、ごま油、煎りごまで味付け。
数日保存したいときはあえてにんにくは入れないようにしています。

P1130458


なすは揚げ焼きにしてから味噌炒めにし、刻んだ大葉をたっぷり加えて飽きのこない味に。

P1130456 (2)


こちらのレシピでなすを増量して作りました。




「新物」(あらものと読むそう)シールが貼ってあった茎わかめ。
わかめ好きとしては見過ごせなくて初めて購入してみました。

P1130454

よく洗ってから熱湯で15分ほど塩抜きし、もう一度洗って食べやすい大きさに切ります。
塩揉みきゅうりと合わせて、叩いた梅干しと煎りごまを加えてあえれば出来上がり。
歯ごたえの良いさっぱりとした箸休めになります。


大人はこれらを少しずつ盛り付けてそのまま晩ごはんで十分なのですが、
子どもには少々渋いかな…ということで、ごはんは具だくさんの炊き込みごはんにしました。

P1130469


「ヒガシマルうどんスープ」を使った炊き込みごはんが少し前からわが家のブームです。

P1130463

ちなみになすの味噌炒めは娘に、茎わかめの梅あえは息子にヒット!
それぞれ逆は微妙な反応で、なかなか二人そろってヒットにはなりません。




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


出荷量日本一を誇る、旬の福島県産いんげん。

P1110248


そのいんげんを、こくとだしが出るさつま揚げ(魚河岸揚げ・紀文)と一緒に甘辛く煮ました。

P1110327

もちろん厚揚げやちくわなど、様々な練りもので作れます。


■材料(4人分)

・さつま揚げ 8こ(360g)
・福島県産いんげん 10~15本

【A】
・水 100ml
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・白だし 大さじ2

■作り方

1.さつま揚げは熱湯をかけて油抜きをし、いんげんは半分に切る。

2.鍋に1、【A】を入れて火にかけ、落としぶたをして弱火で煮る。

3.焦げ付かないように煮汁の量に気を付けながら15分ほどかけて煮る。
そのまま常温まで冷まして味を含ませる。


じっくり味を煮含めたいんげんは、噛んだ瞬間にだしがじゅわっと広がります。

P1110330

もちろんお煮しめとして根菜や干し椎茸などを一緒に煮ることもありますが、
シンプルにいんげんの食感や甘みを味わうのもおすすめです。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


柔らかくて味染みの良い福島県産なす「くろべえ」。
焼いてよし炒めてよし揚げてよし、和洋中どう料理しても美味しくて大好きな野菜の一つです。

P1100776


今回は揚げ焼きにしてから煮てみました。

P1100876


しらすはだしとなりつつも、なすの甘みや旨みを吸ってふっくら。
相乗効果で美味しくなる一品です。

P1100878

ちなみに母のオリジナルはちりめんじゃこでした。
たまたま買い置きのあったしらすで作りましたが、食感の違いはあれどどちらでもOKです。


■材料(2人分)

・福島県産なす 2本
・ししとう 8本
・しらす 大さじ2

【A】
・水 100ml
・白だし 大さじ2
・みりん 大さじ1
・酒 小さじ1

・米油 大さじ3

■作り方

1.なすは縦横半分に切り、皮目に隠し包丁をして水にさらし、水気をよくふきとる。

2.ししとうはへたを落として破裂防止の切り目を入れておく。

3.フライパンに米油を熱し、ししとう、なすの順に焼き目がついてしんなりするまで揚げ焼きにする。

4.鍋に【A】を沸かし、油を切った3、しらすを加える。

5.なすとししとうが柔らかくなるまで、弱火で10分ほど煮る。


だしがじゅわっと染みて、やっぱりなすは煮物にしても美味しいと再確認!

P1100873


ししとうのほろ苦さが良いアクセントになっています。

P1100875

皮も実も柔らかい福島県産なすを存分に味わうことができました。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





白だしベースのあっさりした玉子うどんを作りました。

P1100183 - 繧ウ繝斐・

日が長くなって明るいけれど午後6時半。
子どもたちの晩ごはんです。


■材料(2人分)

・冷凍うどん 2玉
・卵 1こ
・完熟トマト 1/2こ
・焼き麩 適量

・白だし 50ml
・水 400ml

■作り方

1.鍋に白だし、水を入れて火にかける。

2.冷凍うどんは表示の通りに電子レンジで解凍し、焼き麩は水で戻してしぼる。

3.卵は溶いておき、トマトは食べやすい大きさに切る。

4.1が沸いたら2、トマトを入れて好みの柔らかさになるまで煮る。

5.溶き卵を回し入れ、ふんわりと固まったら火を止める。


この日はめずらしく娘が不調で、食欲はあるけれどお腹が痛い…と言うので
豚肉の生姜焼きの献立から、うどんに予定変更。

P1100186 - 繧ウ繝斐・


お肉もきのこも消化に時間がかかるので、具は卵とお麩に。
トマトは火を通せば体を冷やすこともなく味のアクセントになります。
白だしはトマトとも相性が良いです。

P1100188 - 繧ウ繝斐・

好調な息子には物足りないかな?と思い、あとからチャーシューを乗せてあげました。
娘はチャーシューやソーセージが好きではないので、うらやましがることなく円満な食卓に。

ラーメンではなくうどんにチャーシューって?
本人は「やったー、お肉!」と喜んでいたのでよかったです。



久しぶりの常備菜作りです。

P1080248

・お雑煮
・キャベツと油揚げの白だし煮
・スナップエンドウの下茹で
・さつまいもの甘露煮
・青梗菜の下茹で
・ほうれんそうと人参のナムル


せり以外の材料がそろっていたのでお雑煮を作り置き。
凍み豆腐は高野豆腐で代用しています。

P1080249

レシピはこちらに。




キャベツ使い切りレシピ。
油抜き不要の油揚げとちぎったキャベツ(1/4こ分)を鍋いっぱいに入れ、
白だしと水を適当にかけて蓋をし、弱火で30分待つだけです。

P1080250


スナップエンドウは筋を取って下茹でし、水気をよく切ってストック。

P1080254


紅はるかを砂糖と醤油で煮ました。
調味料はそれぞれ小さじ2程度の薄味で。

P1080251


青梗菜は半端に余っていた2/3株分を下茹で。
ラーメンのトッピングなどに重宝します。

P1080253


こちらも半端に余ったほうれんそうを人参と合わせてナムルに。
塩、砂糖、醤油、胡麻油で味付けし、たっぷりの煎りごま、すりおろしにんにくを少々。

P1080252


食材の乏しい冷蔵庫が作り置きのストックで満たされました。

P1080257


↑このページのトップヘ