kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:玉ねぎ


「ボーソー米油部」の活動です。


今月のテーマは米油を使った副菜のレシピということで、

米油でもう一品!副菜レシピ
米油でもう一品!副菜レシピ



美味しいパンがメインのランチに、米油で揚げたオニオンリングのフライを添えてみました。

P1110021


カレー粉を加えてスパイシーに、何もつけなくても美味しい衣に仕上げています。

P1110017


■材料(4人分)

・玉ねぎ 150g

【A】(衣)
・天ぷら粉 大さじ4
・水 大さじ5
・塩 小さじ1/4
・カレーパウダー 小さじ1/2
・ベーキングパウダー 小さじ1/4

・薄力粉 大さじ1
・ボーソー米油 200ml程度

■作り方 

1.玉ねぎは上下を切り落として横1cm幅に切り、輪を外す。

2.【A】を全て混ぜ合わせる。

3.1と薄力粉を食品用ポリ袋に入れて振り、粉をまんべんなくまぶす。

4.なるべく時間を置かずに2にくぐらせ、中温に熱した米油で返しながらきつね色になるまで揚げる。


ボーソー米油で揚げた衣はサクッと軽快で、食べた後も油っぽさを感じません。

P1110019


揚げている間も嫌なにおいがなく油の切れも良いのが米油の特長!
ストレスなく揚げものができます。

P1110025

玉ねぎの甘い香りとカレー粉のスパイシーな香りが相まって、作るのも楽しい休日ランチでした。


暑さが少し和らいだところで、玉ねぎ消費のためにストウブを出動させました。
作ったのはポトフ。
前日に野菜は煮込んでおき、朝温めてソーセージを足しました。

BlogPaint

■材料(2人分)

・玉ねぎ 2こ
・キャベツ 1/8こ
・人参 1本
・ソーセージ 4本

・水 700~800ml
・コンソメ キューブ2こ
・塩 小さじ1/2
・ローリエ 1枚

■作り方

1.玉ねぎは皮をむいて上下を切り落としストウブに並べる。
2.水を注ぎ、コンソメを手で崩して加え、火にかける。
3.沸騰したら塩、ローリエを加え、蓋をして弱火で40分煮る。
4.キャベツ、大きめに切った人参を加え、蓋をしてさらに20分煮る。
5.ソーセージを加え、沸騰しない火加減で3~4分温める。

4の工程後、室温に冷ましてからスープごと片手鍋に移し、冷蔵庫で保存。
ソーセージは食べる直前に温めるのがポイントです。

玉ねぎはゆっくり1時間火を通しただけあって、スーッと崩れてトロトロに。
粒マスタードがよく合います。

BlogPaint

この日の朝食は、最近好きでよく購入しているパスコのイングリッシュマフィン4種のナッツ、
小岩井生乳ヨーグルトにアガベシロップをかけたもの、アイスコーヒーでした。

息子も取り分けで朝からよく食べました。





↑このページのトップヘ