kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:無水調理

じゃがいも・玉ねぎ・完熟のトマトを野菜の水分だけで煮込み、
塩とバターで味付けしたこちらは、子どもの頃母がよく作ってくれた料理です。

BlogPaint

「トマトとじゃがいものバター煮」と便宜上名付けてみたけれど、名前は特にありませんでした。
決して食べやすい形ではないのに、なぜかじゃがいもはいつも輪切り。
そして堂々と残るクルンと丸まったトマトの皮。
わたしにとってはノスタルジックな要素なのであえてそのままにしています。


■材料(4人分)

・じゃがいも 中3こ
・玉ねぎ 大1こ
・完熟トマト 2こ

・バター 20g
・砂糖 少々
・塩 小さじ2/3

■作り方

1.じゃがいもとトマトは厚さ1センチの輪切りにし、じゃがいもは水にさらす。
2.玉ねぎはくし切りにする。
3.熱したストウブ鍋にバター10gを溶かし、じゃがいもと玉ねぎをサッと炒める。
4.玉ねぎがしんなりしたら、トマト、砂糖、塩を加えてひと混ぜし、蓋をして弱火で15分煮込む。
5.残りのバターを加えて全体を混ぜる。


BlogPaint


母の料理はなんでも美味しく食べていましたが、日常に溶け込んでしまうのでしょうか。
印象に残っているのはこうした名もなき料理ばかりです。
豆腐を甘いだしで煮て卵とじにしたもの。
輪切りにしたなすをフライパンで焼いてスライスチーズを乗せてレンジでチンしたもの。
(ちなみにこれには必ずお醤油をかけていました。)
ちょっとした懐かしの一品がいくつかあります。

キッチンツールが多様化してストウブ鍋になり、
祖母は鰹節を削って作っていたのが母は削られた鰹節を使い、
娘のわたしは顆粒だしの素で楽をするように。
食材も増えてスライスチーズがシュレッドミックスチーズになったり。
様々な理由で少しずつ形を変えながらも、名もなき料理たちは受け継がれています。





ストウブでの初めてのお料理は肉じゃがにしました!

BlogPaint

「システラ」と呼ばれる蓋の裏側の力を信じて、無水調理で作ってみました。


■材料

・豚ばら肉 150g
・じゃがいも 中4こ
・玉ねぎ 大1こ
・人参 1/2本
・しらたき 200g
・いんげん 3~4本

・サラダ油 小さじ1/2
・顆粒だしの素 小さじ1
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ3

■作り方

1.豚肉は食べやすい大きさに、じゃがいもと人参は乱切りに、玉ねぎはくし切りにする。しらたきは塩揉みして洗い、ざく切りにする。
2.ストウブ(ブレイザー)にサラダ油を熱し、豚肉を焼く。両面を焼いたら玉ねぎ、人参、じゃがいもを加えて油が回るまで炒める。
3.顆粒だしの素、酒、みりん、砂糖を加えてざっと混ぜ、蓋をして弱火で10分煮込む。
4.醤油を加えて上下を返すように混ぜ、もう一度蓋をして弱火で10分煮込む。途中で一度蓋を開けて上下を返す。
5.彩りに塩茹でしたいんげんを散らす。


大げさではなく…感動の出来でした!

BlogPaint

1袋100円のお安いじゃがいもが、ホクホクに大変身!
玉ねぎも人参も、野菜はおいしさが凝縮されている感じ。
煮込み時間20分ほどで味もしっかり染みて、
煮汁で煮込むこれまでの肉じゃがとは全く違う仕上がりです。
このままテーブルに出せば、最後まで温かいまま食べられるのもいい。

顕著だったのは娘の反応でした。
今まで肉じゃがなんて特別喜ばれたことはないのに、食べっぷりが全く違う!
テーブルに置いて取り分けスタイルにしたら自分でどんどんおかわりをしました。
夫も「全然違う…」と絶賛!
ストウブが魔法の鍋と言われるのも納得です。

BlogPaint

シーズニングをして臨んだからか、お肉を炒めるときもくっつくことなく
最後までノンストレスで調理できました。
重さもお手入れも慣れれば問題なしです。

ただ、一つ失敗が…
鍋全体が熱くなることには注意していたものの、蓋のつまみのことはすっかり抜けていて、
途中で開けるときに思いっきり掴んでしまって痛い思いをしました。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ