kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:無印良品


年末に無印良品でお買いものをしました。

P1120704 (2)


ステンレスデザートスプーン(250円)/ステンレスデザートフォーク(250円)

P1120705


大人用の「イッタラ チッテリオ ディナースプーン&ディナーフォーク」と比較してみると、
ちょうど良いサイズ感なのがわかります。

P1120707 (3)

それにしてもお値段がありがたい!
同じシリーズでデザートナイフもあり、そちらはさらにお安い190円でした。
シンプルなデザインはもちろん、ロングセラーで気軽に買い足せる安心感も無印良品の魅力です。


河和田塗り汁椀 朱/黒 (直径約12cm×高さ6.5cm)

P1120709 (2)


手前は3年近く使っていたナルミの汁椀です。



以下はHPより転載↓

使い込むほどに味わいの出る漆器

河和田塗りシリーズは福井県河和田地区で、職人の手によって丁寧につくられています。
漆を普段の生活で楽しんでいただくために、木だけではなく、素地に木粉入りのメラミン樹脂を使いました。
その上から上質な天然漆を手塗りで仕上げているため、大切に使い込む込むほどに良い光沢が出て、
味わいを楽しめます。
陶磁器にはない軽さ、割れにくさをを兼ね備え、長く使われてきた漆器。
その良さを毎日のくらしに取り入れてみませんか。

生産地:福井県鯖江市河和田地区


娘は特にお味噌汁が好きでおかわりをするので、手頃で長く使えそうなお椀を探していました。
これで具だくさんでも安心です。(このときはお雑煮)

81c61ccc[1]

サイズアップした食器も一つの成長の証。
子どもたちも気に入って使っています。




良品週間のお買いもの記録です。

消耗品や季節の衣料品を中心に、食料品も少し。
手軽なフリーズドライのスープとレトルトカレー、子どものおやつを中心に購入しました。

P1090090


辛さが大人味のカレーを2種類。

P1090091


フリーズドライの「食べるスープ」。
おうちで三食がこの先もしばらく続くので、何種類かあると助かります。

P1090092


種類豊富な「不揃いバウム」は子どもたちのおやつに。
ほかのお菓子と組み合わせて半分ずつ小出しにしていきます。

P1090094


あんこ好き家族なので、ついつい買ってしまった新商品。

P1090095


こちらはオンラインショップだとサイズ感がわからず、量が少なすぎて今回は失敗。
14gとはどれくらいかというと…

P1090096


スマホと比較してみるとお値段(99円)のわりに本当に少量です!

P1090099


反対にこちらは大容量200gで199円!
最近あまり見かけなくなった夫が昔から好きなお菓子です。

P1090100


オンラインショップの食品は品薄ではありましたが、良品週間は7日までです。




今年のバレンタインは子どもたちがクッキーを作りました。
バターを室温に戻す必要がなく、フープロで撹拌するだけの簡単レシピです。

P1080481


■材料(約30枚分)

・薄力粉 200g
・無塩バター 100g
・砂糖 50g
・ココアパウダー 大さじ1
・牛乳 大さじ2と1/2

■作り方

1.薄力粉はふるい、無塩バターは1cm角に切る。
2.フードプロセッサーに1と砂糖を入れ、バターがサラサラになり砂糖の粒がなくなるまで撹拌する。
3.計量して半分に分け、一方には牛乳大さじ1を加えて再び撹拌する。
4.もう一方にはココアパウダーと牛乳大さじ1と1/2を加えて撹拌する。
5.まとまりが出てきたら保存袋に入れ、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
6.4~5mmの厚さにのばして型抜きし、180℃に予熱したオーブン(中段)で15分焼く。


計量と粉ふるいはお任せしましたが、バターを切るのはまだ難しくて断念。

P1080484


フードプロセッサーを回すのは大好きで取り合いです。

P1080485


生地をひとまとまりにして、一旦休憩。

P1080488


楽しい型抜き、成形作業です。

P1080489


息子の力加減では厚みを均一にするのが難しい。

P1080490


厚いものはトースターに移して焼き直しました。

P1080499


完全に冷ましたらアイシングにも挑戦。
今回は無印良品のセットに助けてもらいました。

P1080496


小さじ1/2というわずかな量の水で混ぜるだけで、優しい色合いに変化。

P1080498


ツヤツヤの可愛らしいアイシングクッキーができました。

P1080501


お父さんの分は袋に入れてメッセージを添えて完成。

BlogPaint

バレンタインがよくわからず息子もメッセージを書いていて、なんだか父の日のよう…

週末も休日出勤でこのところ全く休みがない夫。
本人はもちろん大変ですが、正直こちらも…
晩ごはんは家族そろって鰻丼(激安鰻がひと手間で美味しく!)を食べて英気を養いました。



「バレンタインの簡単!友チョコスイーツ 」コーナーにレシピを掲載中!

わが家にはいわゆる「カレー皿」がありません。
(※今回はカレー画像が続きます…)


娘の食欲が爆発する前(1年半ほど前まで)はずっとナルミのボウルでした。

BlogPaint


量が増えてからはこちらのボウルや、

BlogPaint


ティーマの15cmボウルの出番が多いです。

BlogPaint


ボウルで事足りると言えば足りるのですが、やっぱり「ザ・カレー皿」なるものがほしい!
と思って長い間探していて、辿り着いたのが無印良品でした。


磁器ベージュ鉢・中 (約直径19cm×高さ4.5cm)
P1020582
お値段税込490円でもかなり安いのに、今なら無印良品週間でさらに10%OFF!


同じく無印で購入したカレーを早速盛り付けてみました。

P1020680
子どもたちは相談して選んだ「国産りんごと野菜のカレー」をシェア。


ティーマボウルのときに娘が「最後の方が食べにくいんだよね~」
とつぶやいていたのが実はずっと引っかかっていて…
これならスルンとなめらかなので、最後までスプーンですくいやすいです。

BlogPaint
(給食のカレーを思い起こさせる懐かしくて優しい味。好評でした。)


深さもベストですが、盛り付けたときのお皿の余白を含めた佇まいがものすごく好みです!

BlogPaint


無印良品週間が始まってすぐに子ども用に中(19cm)を購入し、
気に入って大人用に大(23.5cm)も追加購入しました。

BlogPaint
わたしは「プラウンマサラ」、夫は「3種の唐辛子とチキン」。(←辛さは5段階のマックス5)


これまでのティーマボウル21cmももちろん悪くはありませんが、
奥にチラッと見える実験的に盛り付けてみたティーマプレート23cmは違った…
同じ23cmでもリムが低いので広がってしまうのです。

BlogPaint

こちらはごはんを別にするシチューや麺類のほうが合うかなと思っています。

---

この春、食器棚を新調することになりました。
収納の方法が現在の棚メインから引き出しメインに変わるので、
新しくなる=収納力アップになるとは限らないのが怖いところ!
キッチンの断捨離と整理に忙しく、久しぶりの更新でした。


娘の今年のバレンタインのお菓子作りは無印良品のキットにお任せすることにしました!

BlogPaint

一緒にお店で選んだのは可愛らしい「ドーナツ型チョコ」。
2種類のチョコを溶かしてモルトパフを混ぜ、型に流して冷やし固めます。


まずはレシピを熟読…

BlogPaint


はじめての作業は湯煎。
お湯を入れたボウルにチョコを入れようとしていて慌ててストップをかけました!

BlogPaint


途中で無印のシリコンスプーンに変更。

BlogPaint

冷蔵庫で30分ほど冷やし固めます。


その間にデコレーションのデザインをスケッチして待ちました。

BlogPaint


型から外したチョコレートがこちら。

BlogPaint

ストロベリーのほうはモルトパフが多すぎて表面がパフになってしまって失敗!
チョコが流れて型の底に溜まるくらいの濃度がきれいに作るコツかもしれません。


チョコペンが乾いてしまうとカラースプレーもくっつかないので作業はスピードが大事!
きれいに作ろうと思うと難しいキットでした。

BlogPaint


ラッピングしてお手紙をつけてお父さんと弟に。

BlogPaint

これで今年もミッション遂行です。


↑このページのトップヘ