kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:炊飯器

先日のおでんは昆布だし×ヒガシマルのうどんスープの素を使いました。




残ったつゆを翌日炊き込みごはんにリメイク。

P1060192

つゆに干し貝柱を入れて戻し、あとは炊飯器におまかせするだけの簡単ごはんです。


北海道の親戚からたまにいただく高級品の干し貝柱。
割れていても一級品と味は変わらず、むしろ割れている方が料理向きです。

P1060203


■材料(2合分)
 
・米 2合
・干し貝柱 40g
・おでんつゆ 360ml

■作り方

1.おでんつゆ(もしくは調味した出汁)に干し貝柱を浸して戻し、冷蔵庫で一晩以上置く。
2.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
3.炊飯器の内釜にセットし普通モードで炊く。
4.炊き上がったら貝柱をほぐしながらさっくり混ぜる。


この日の晩ごはんの主菜は味噌漬けにしていた豚ロース肉の炒めもの。

P1060199


先に野菜(キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、人参)を炒めて取り出します。
細切りにした豚肉を色が変わるまで炒め、野菜を戻して炒め合わせれば完成。
味噌漬けにしておいたおかげで味付けいらずです。

P1060193


突然豆苗をめいっぱい食べたくなって作った豆苗と玉子の中華風スープ。

P1060196


干し貝柱は戻して炊いても食感が残り、噛むほどに味が出ます。

P1060198



ちなみに娘は帆立の出汁が食べ慣れなくて「ちょっと苦手…」と言い出したので
禁断のバター乗せにしたところ、美味しく食べてくれました。

P1060191

前日の作り置きが活躍した時短の晩ごはんでした。


慌ただしい習い事デーの晩ごはん。
今週は炊飯器のタイマー予約を利用して、炊き込みごはんを準備して出かけました。

BlogPaint


きのこたっぷりの五目炊き込みごはん。
干ししいたけ、まいたけ、しめじ、鶏もも肉、油揚げ、人参入り。

BlogPaint


お味噌汁は大根と落とし卵、彩りにスナップエンドウ。

BlogPaint


とろ鰹のたたきに、玉ねぎスライスを乗せたもの。

BlogPaint


子どもたちはまず鰹のたたきを1分くらいでたいらげ(お刺身大好き)、
そのあとはひたすら炊き込みごはん!
娘はお味噌汁を食べ終えたらごはんのおかわりの連続で、なんと4杯も!

BlogPaint

ちなみに息子はお味噌汁があと少し…というところで眠くなってしまいダウン。
苦手だった混ぜご飯はいつの間にか克服しました。


出発前の準備風景です。

BlogPaint

■材料(3合分)

・米 3合
・鶏もも肉 100g
・人参 1/2本
・油揚げ 2枚
・まいたけ 1パック 
・しめじ 1/3パック
・干ししいたけスライス 20g

【A】
・干ししいたけの戻し汁
・水 干し椎茸の戻し汁と合わせて540ml
・だしパック(久世福万能だし使用) 1袋
・醤油 大さじ3
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
2.干ししいたけはぬるま湯につけて戻す。
3.鶏肉は細かく切り、人参は細切りにする。
4.油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをし、細切りにする。
5.まいたけ、しめじはほぐす。
6.炊飯器に米、【A】を入れて軽く混ぜ、具材を全て乗せて炊く。

BlogPaint

帰宅時間に炊き上がるように予約しました。
調味料が入っているので冬場で2時間以内には炊飯スタートするくらいが理想です。

お味噌汁も大根を切っておいたので、あとは火にかけるだけ。
鰹は切って盛りつけるだけ。
具沢山の炊き込みごはんに頼った簡単晩ごはんでした!
タイマー機能の便利さを考えると、わが家はまだ炊飯器は手放せません…


お雛祭りのお祝いに焼いた真鯛の塩焼きが半身余ったので、翌朝鯛めしにリメイクしました。

BlogPaint


茶碗蒸しのためにひいた鰹昆布だしと、押し寿司に飾ったいくらも余ったので
全て動員してリメイク!
朝から贅沢なごはんになりました。

BlogPaint

■材料(1.5合分)

・米 1.5合
・塩焼きにした鯛のあら(頭、大きな骨など) 1尾分
・ほぐした身 1/2尾分
・鰹と昆布の合わせだし 150~200ml
・酒 大さじ1
・塩 小さじ2/3~1 (鯛の塩加減により調整)

■作り方

1.米を洗いざるに上げて水を切る。
2.炊飯釜に1の米、だし、酒、塩を入れ、1.5合の目盛まで水を足す。
3.鯛のあらを並べて普通モードで炊く。
4.あらを取り出し(小骨に注意)ほぐした鯛の身を加えて軽く混ぜ、蓋をして2~3分蒸らす。

BlogPaint

今回は鰹昆布だしで炊きましたが、それでも鯛のだしが負けていなかったので
昆布だけでも十分おいしくできると思います。

義理の実家ではお正月やお祝いごとになると一人につき一尾ずつ鯛が振る舞われます。
そのせいかわが家も一年に一度くらいは鯛を焼くようになりました。
(オーブン任せで楽というのもあって…)
鯛めしはそのときのお楽しみとしてわが家のレシピに仲間入りです。





クリスマスに向けてローストビーフに挑戦!
炊飯器の保温機能で簡単に作るレシピを参考に試作をしてみました。

出来上がりはこちら。

BlogPaint
とりあえずの付け合わせはマッシュポテトとスティックセニョール。

焼き目をつけたらあとは40分保温調理→40分室温に置いて余熱調理ということでしたが、
ちょっと赤すぎる気も…余熱の時間が短かったかな。
次回はもう少し落ち着かせてから切ってみよう。

以下、改善点を踏まえた覚え書きです。


■材料

・牛もも肉かたまり 400g
・塩 小さじ2/3
・ブラックペッパー
・サラダ油 少々
・にんにく

■作り方

1.牛肉は2時間ほどかけて室温に戻す。
2.表面に塩、ブラックペッパーをすり込み、にんにくは切り口をこすりつけて香りを移す。
3.フライパンにサラダ油を熱し、強火で全ての面を焼きつける。
4.ジッパー付きのポリ袋に入れ、空気を抜きながらジッパーを閉めていく。端にストローを差し入れ、できる限り空気を吸い出す。
5.炊飯器の内釜に熱湯5カップ、水1カップを入れ、その中に4を入れる。保温に設定して40分。
6.取り出して完全に冷めるまで1時間ほど置く。


「ストローで中の空気を吸い出して真空調理をする」とあり、
ふーん…吸い出すのね……ってどうやって?
調理途中のお肉が入った袋の空気吸うってこと?!
かなり抵抗を感じつつ、布団圧縮袋じゃないんだから自分で吸うしかないのか…
と腹をくくってトライ。

そういうときに限って娘がやってきて、ちょっと引き気味に
「えっ…なにやってるの?!……(恐る恐る)今日のごはんって、…なあに??」
と不審なものを見る目で質問してきました。
なんだか色々弁解したい気分でしたが、難しいので「お肉だよ」とだけ答えました。

完成したらしたで今度は「わたし、それ食べなくてもいい?」と…。
まあ赤い肉汁したたるお肉を見たらそんな反応よね。
元々子どもに食べさせるつもりはなく、ちゃんと別メニューを用意していたので問題なしです。

あ、これだけは言っておかねば!
きちんと、おいしかったです。




↑このページのトップヘ