kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:炊飯


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー


全国屈指の収穫量を誇る米どころの福島県。
令和元年産米の食味ランキングでは、会津地方・中通り・浜通りのすべてのコシヒカリと、
中通りのひとめぼれが「特A」(※)を獲得しています。
「会津コシヒカリ」は東日本大震災の翌年と平成15年の冷害の年を除けば、
平成元年から数えて24回の「特A」を獲得しているそうです。

※特Aとは
「米の食味ランキング」の最高位。
全国でとれる米の味・香り・粘りなど6項目で試験を実施し、特に良好なものが「特A」とされます。



福島のお米といえば、“ふっくん・しまちゃんのコシヒカリ・ひとめぼれ”が聞き馴染みのある2品種。
中でも「コシヒカリ」は東北地方では福島県が最大の生産量を誇るのだそうです。

P1110800 (2)

冬は雪が多く、日本海側気候の会津盆地。
朝晩と昼の温度差が甘みのある良質な米を育てます。


「会津コシヒカリ」は炊飯器以外にストウブでも何度か炊飯しています。
鍋炊きは浸水さえしっかりできれば、炊飯時間そのものは蒸らしを入れても30分未満!
慣れるととても簡単です。

P1120064 (2)

鍋炊きならではのもっちりとした美味しさをご紹介します。


■材料(2合分)

・会津コシヒカリ 2合(360ml)
・水 360ml

■炊き方

1.米は水を3回ほど替えて洗い、ざるに上げて10分ほど水切りする。
2.ボウルに1、360ml(3合なら540ml)の水を入れて30分~1時間浸水させる。
3.ストウブ鍋に2を移し、蓋を半分くらいして中火にかける。
4.沸騰して大きな泡が出てきたら蓋をして強火で1分、弱火にして9分炊く。
5.火を止めて蓋をしたまま12分置いて蒸らし、底からさっくり混ぜる。


ツヤツヤとして、もっちりふっくら!
味はもちろん、見た目にも最高品質の新米です。

P1120065 (2)


そんなお米を美味しく食べるために用意したおかずたち。
先日両親が届けてくれた郡山産の野菜で何品か作りました。

P1120078 (2)


わが家の冬の定番、白菜と油揚げの白だし煮。
オフシーズンはキャベツで作っています。

P1120070 (2)


肉厚の菌床しいたけの甘辛い佃煮。
(次回の福島クッキングアンバサダーで届くのは菌床しいたけだそうで楽しみです!)

P1120072


ハムときゅうりのシンプルなポテトサラダ。

P1120069 (2)


郡山産の大根や白菜を使った野菜たっぷりの豚汁に、刻んだせりと柚子風味の唐辛子をかけて。

P1120077 (2)

作り慣れたいつものおかずで、炊きたての「会津コシヒカリ」がすすむ献立になりました!




たまにストウブで炊飯をするようになってから、初めて具沢山でごはんを炊いてみました。

BlogPaint

これまでに炊いたのはとうもろこしごはん豆ごはんなど、素材を生かしたシンプルなもの。
うまくいくかな…という期待と不安が半々でしたが、結果的には成功!
炊飯器の炊き込みモードだと1時間近くかかるので、美味しい上に時短にもなります。

レシピの覚え書きです。

■材料(2合分)

・米 2合
・鶏もも肉 150g
・たけのこ 100g
・えのきだけ 50g
・干し椎茸(ぬるま湯で戻す) 2枚
・人参 50g

【A】(鶏肉の下味)
・醤油 小さじ1
・酒 小さじ1

【B】
・干し椎茸の戻し汁
・水 干し椎茸の戻し汁と合わせて360ml
・だしパック(久世福万能だし使用) 1袋
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
2.鶏肉は細かく切って【A】を揉み込む。
3.たけのこ、えのきだけ、干し椎茸は細かく切り、人参はいちょう切りにする。
4.ストウブ鍋に水気を切った米と【B】を入れ、2、3を平らに広げる。
5.蓋をして強火にかけ、勢いよく蒸気が出てきたら中火に落として1分炊く。
6.弱火にして9分炊き、火を止めて13分蒸らす。

BlogPaint

チャーハン、炒めものなどいろいろな具材が混ざっているのが苦手な息子が、
夢中でかきこむかきこむ!
お茶碗に山盛り2杯たいらげました。


この日の晩ごはんはおかわり自由の炊き込みごはん、サンマの塩焼き、
なめこと豆腐のお味噌汁。
焼き魚(特に青魚の塩焼き)好きな子どもたちは一人一匹食べてしまいます。

BlogPaint

学校の給食でサンマの塩焼きと一緒にすだちが出たのが衝撃的に美味しかったようで、
娘からずっと「すだち付きでサンマが食べたい!」とリクエストをもらっていました。

炊き込みごはんと共に喜んで食べてくれただけあり…
小骨を集めてすだちの皮で蓋をするなど、食べ方が見事です!
(食べ終えたお皿の画像、申し訳ありません。せめてもと小さくしてみました。)

BlogPaint

息子も自分で骨をよけながらきれいに完食。
めずらしく「食べなさい!」と言わずに済んで、作った甲斐のある晩ごはんでした。

ストウブのお鍋を買ったら挑戦してみたいと思っていたごはん炊き。
「鍋でごはんを炊いたらおいしくて炊飯器がいらなくなる!」という声もよく聞くので
やりたいような、やってはいけないような…

いろいろ調べてココット20cmで2合炊きにチャレンジしてみました。

BlogPaint

沸騰の証ともいえる御粘(おねば←ものすごく久しぶりに聞いた言葉!)が鍋に。
御粘が吹きこぼれるのがいいのかそうではないのか…
よくわかりませんが、教科書通りな感じでちょっとテンションが上がりました。


写真の腕がないのが残念ですが、「カニ穴」ができて、お米もツヤツヤ。

BlogPaint


蒸らしが終わったら蓋を開け、軽くほぐして布巾を間に挟んで蓋をしておきます。

BlogPaint


■炊き方の覚え書き

・洗った米をざるにあげ、しっかり水切りをする。その後1時間近く浸水。
・2合の米に360ml(3合なら540ml)の水を入れる。
・蓋を半分くらいして(慣れてきて中の様子がわかるようになったら蓋を閉じる)中火にかける。
・大きな泡が出てきたら蓋をし、強火にして1分。
・弱火にして9分。
・火からおろして蓋をしたまま12分置き、蒸らす。


鍋で炊くごはんは確かにおいしいです!
おいしさだけでなくて満足度も高い。
でも…やっぱりボタン一つで炊飯から蒸らしまで、ある時はタイマー予約まで
手軽に安全にお任せできる炊飯器は手放せないというのが結論です。

「いただきます」と同時に炊きたてごはんを用意したい場合、
調理が立て込む中盤以降にコンロを1つ使い、
火加減や時間を気にしなければならないというのは大変でした。
30分以上は保温ができないのも夫が晩ごはんに間に合わないわが家では不便。
せっかくおいしく炊いたご飯を再加熱するくらいなら、炊飯器のほうが…?と思ったり。

でもこれを機に、家族みんなが揃うときにはお櫃のようにドンと卓上において
子どもたちにおいしいごはんをたくさんおかわりしてもらうのもいいなぁ。
実際、娘は炊きたてごはんに興味を示しておかわりをしました。


この日の晩ごはん。

BlogPaint

・アジフライ(ブレイザーで蓋をして揚げたもの)
・千切りキャベツ&ブロッコリー
・にんじんとごぼうのきんぴら
・豆腐とえのきだけとほうれんそうのお味噌汁(いりこ&昆布だし)
・ごはん


子どもの日常は「何かができるようになった」の連続のような気がしますが
平凡な大人の自分には意外とそういう出来事はありません。
この日の「鍋でご飯が炊けるようになった!」ことはまぎれもなく
「できるようになった」ことでした。




↑このページのトップヘ