kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:炊き込みごはん


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

P1110800 (2)


食味、生産量共に福島県が誇る「会津コシヒカリ」の新米で作る炊き込みごはんのご紹介です。

P1120036 (2)


「会津コシヒカリ」についてはこちらの記事に。




■材料(4人分)

・会津コシヒカリ 2合
・鶏もも肉 2枚(600g)
・塩 小さじ2
・水 340ml
・生姜スライス 4~5枚
・酒 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1

■ねぎだれの材料

・米油 大さじ1
・生姜のみじん切り 1かけ分
・にんにくのみじん切り 1かけ分
・青ねぎの小口切り ひとつかみ
・醤油 大さじ3
・酢 大さじ3

■作り方

1.会津コシヒカリは洗ってしばらくざるに上げて水気を切る。

2.炊飯器の内釜に米と水を入れて30分浸水する。

3.鶏もも肉は脂肪や筋を処理し、1枚につき塩小さじ1をすり込み20分ほど置く。

4.2に酒、鶏がらスープの素を加えて混ぜ、皮目を上にした鶏肉、生姜のスライスを並べて炊飯する。

5.小さめのフライパン(鍋)に米油、生姜を入れて火にかける。

6.香りが出てきたら青ねぎを加え、馴染んだら酢と醤油を加えて火を止める。

7.鶏肉は切り分けてごはんとともに盛り付け、6のねぎだれを添える。


ごはんも鶏肉もふっくらとした炊きあがり!

P1120031 (2)


鶏のだしが染みたごはんはおこげもできて絶品です。

P1120032 (2)


お好みでゆで玉子のスライスや、きゅうり、レタスを添えて。

P1120034 (2)


ねぎだれは和風の酢醤油ベース。
ごはんにも鶏肉にも合うのでたっぷりかけるのがおすすめです。

P1120035 (2)


本場ではたれにナンプラーを利かせ、ごはんはタイ米のジャスミンライスで炊くそうですが、
わが家ではたまにもち米を1/4ほど混ぜて作るほど、もっちり食感も合うと思っています。

P1120036 (2)


水分があるけれどべちゃっとしない、艶やかでもちっとした食感の「会津コシヒカリ」。
いつもの炊き込みごはんも、より美味しく出来上がります。

P1120037 (2)


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。
今回はミツカンさんの「八方だし」一本で炊き込みごはんを作りました。

P1060367


究極の味を目指した「PIN印」というマークが入っているのが特徴です。

P1060243

一流の料理人が認めた本格的なだしということで期待大!
味付けをこれ一本におまかせした炊き込みごはんのレシピです。


■材料(2合分)

・米 2カップ(360ml)
・鶏もも肉 200g
・こんにゃく 150g
・人参 1本
・しめじ 50g
・まいたけ 70g

・ミツカン 八方だし 大さじ3

■作り方

1.米は炊く30分以上前に洗い、ざるに上げておく。
2.鶏もも肉は2cm角に切り、ミツカン八方だしを大さじ1を揉み込んで冷蔵庫で30分ほど置く。
3.こんにゃくは5mm程度の厚さに切り、人参は3mm程度のいちょう切りにする。
4.しめじは石づきを取り除いてほぐし、まいたけは手で割く。
5.炊飯器に米を入れ、ミツカン八方だしを大さじ2入れ、2合の目盛まで水を注いで軽く混ぜる。
6.2~4を順に乗せて炊き込みご飯モードで炊き、炊き上がったら底からさっくり混ぜてほぐす。


挽いた鰹ぶしの粉末が入っていて旨みが強い八方だし。
みりんや砂糖の甘みもありますが、どちらかというと辛口の印象です。
実際に炊き上がるまで味見の出来ない炊き込みごはんはいつも味付けに迷いが出るのですが
こちらの八方だしのみで簡単に、しかも美味しくできました。


この日が中秋の名月だということを幼稚園から帰って来た息子の話で知り、
慌てて用意したお月見らしいごはん。
五目炊き込みごはんに、迫力のある白玉椀です。

P1060370

夕方“親子乗り自転車がパンクしてタイヤ交換”というアクシデントがあった関係で
ごはんと汁椀しか用意できず…
(具だくさんということで許してください)


白玉の中身は生姜のきいた豚ひき肉の餡。
包んでしっかり10分ほど茹でてから白だしに浮かべました。

P1060371


ここまで準備していて、最後に息子にお月見団子をおねだりされたため、
お団子だらけの夕食に…しかも炭水化物過多。

P1060364

ちなみに娘の給食はきのこごはんに豆腐団子スープだったそうです。
だいたい献立表はチェックしているのに、この日に限って見落としていました…
でもお団子もお餅も好きな娘は喜んでいたので良かったことにします。


ーコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019



先日のおでんは昆布だし×ヒガシマルのうどんスープの素を使いました。




残ったつゆを翌日炊き込みごはんにリメイク。

P1060192

つゆに干し貝柱を入れて戻し、あとは炊飯器におまかせするだけの簡単ごはんです。


北海道の親戚からたまにいただく高級品の干し貝柱。
割れていても一級品と味は変わらず、むしろ割れている方が料理向きです。

P1060203


■材料(2合分)
 
・米 2合
・干し貝柱 40g
・おでんつゆ 360ml

■作り方

1.おでんつゆ(もしくは調味した出汁)に干し貝柱を浸して戻し、冷蔵庫で一晩以上置く。
2.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
3.炊飯器の内釜にセットし普通モードで炊く。
4.炊き上がったら貝柱をほぐしながらさっくり混ぜる。


この日の晩ごはんの主菜は味噌漬けにしていた豚ロース肉の炒めもの。

P1060199


先に野菜(キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、人参)を炒めて取り出します。
細切りにした豚肉を色が変わるまで炒め、野菜を戻して炒め合わせれば完成。
味噌漬けにしておいたおかげで味付けいらずです。

P1060193


突然豆苗をめいっぱい食べたくなって作った豆苗と玉子の中華風スープ。

P1060196


干し貝柱は戻して炊いても食感が残り、噛むほどに味が出ます。

P1060198



ちなみに娘は帆立の出汁が食べ慣れなくて「ちょっと苦手…」と言い出したので
禁断のバター乗せにしたところ、美味しく食べてくれました。

P1060191

前日の作り置きが活躍した時短の晩ごはんでした。


『向田邦子の手料理』を参考にして「にんじんご飯」を作りました。

BlogPaint


■材料(2合分)

・米 2合
・人参 小1本
・油揚げ 1枚

【A】
・だし(鰹と昆布) 100ml
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1と1/2
・砂糖 小さじ1

・だし 300~350ml

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
2.人参は千切りに、油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをしてから千切りにする。
3.【A】を鍋に入れて火にかけ、煮立ったら人参と油揚げを加えて2分ほど煮て冷ます。
4.炊飯器に米と3を入れ、2合の目盛までだしを足す。
5.普通モードで炊き、炊き上がったらざっくり混ぜる。


いつもよりシンプルな炊き込みごはんですが、シンプルゆえの美味しさもあり。
子どもたちも気に入って良い食べっぷりでした。

BlogPaint


向田邦子さんの随筆にはお料理がたくさん出てきます。
何度となく読んでいるうちに料理本も愛読書となりました。

P1020780

P1020779


簡単で家庭的な和食から、昭和のレトロな洋食まで幅広く紹介されています。
有名なものはトマトの青じそサラダやワカメの炒めものなど。
常備菜にもよさそうなレシピが満載です!


慌ただしい習い事デーの晩ごはん。
今週は炊飯器のタイマー予約を利用して、炊き込みごはんを準備して出かけました。

BlogPaint


きのこたっぷりの五目炊き込みごはん。
干ししいたけ、まいたけ、しめじ、鶏もも肉、油揚げ、人参入り。

BlogPaint


お味噌汁は大根と落とし卵、彩りにスナップエンドウ。

BlogPaint


とろ鰹のたたきに、玉ねぎスライスを乗せたもの。

BlogPaint


子どもたちはまず鰹のたたきを1分くらいでたいらげ(お刺身大好き)、
そのあとはひたすら炊き込みごはん!
娘はお味噌汁を食べ終えたらごはんのおかわりの連続で、なんと4杯も!

BlogPaint

ちなみに息子はお味噌汁があと少し…というところで眠くなってしまいダウン。
苦手だった混ぜご飯はいつの間にか克服しました。


出発前の準備風景です。

BlogPaint

■材料(3合分)

・米 3合
・鶏もも肉 100g
・人参 1/2本
・油揚げ 2枚
・まいたけ 1パック 
・しめじ 1/3パック
・干ししいたけスライス 20g

【A】
・干ししいたけの戻し汁
・水 干し椎茸の戻し汁と合わせて540ml
・だしパック(久世福万能だし使用) 1袋
・醤油 大さじ3
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
2.干ししいたけはぬるま湯につけて戻す。
3.鶏肉は細かく切り、人参は細切りにする。
4.油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをし、細切りにする。
5.まいたけ、しめじはほぐす。
6.炊飯器に米、【A】を入れて軽く混ぜ、具材を全て乗せて炊く。

BlogPaint

帰宅時間に炊き上がるように予約しました。
調味料が入っているので冬場で2時間以内には炊飯スタートするくらいが理想です。

お味噌汁も大根を切っておいたので、あとは火にかけるだけ。
鰹は切って盛りつけるだけ。
具沢山の炊き込みごはんに頼った簡単晩ごはんでした!
タイマー機能の便利さを考えると、わが家はまだ炊飯器は手放せません…


↑このページのトップヘ