kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:油揚げ

子どもにとっては食感もほのかな苦味もハードルが高くて食べにくい水菜。
どうにか美味しく食べてもらいたいと思って作ったサラダです。

BlogPaint


小学校の給食ではクリスピーな食材を加えたサラダが人気と聞いたのを思い出し、
フライパンでカリカリに煎った油揚げと合わせてみました。
たっぷりの鰹節で風味もプラス。
ドレッシングは野菜の最強お助けアイテムでもあるキューピーのごまドレッシング。
最近「テイスティドレッシング胡麻」というワンランク上のピーナッツ入りにしてみました。

BlogPaint

ここまでマスキングして、二人とも完食。
息子はだいぶ渋りましたが、ご褒美のたった1粒のチョコレート欲しさに頑張りました。


■材料(作りやすい分量)

・水菜 3把
・玉ねぎ 1/3こ
・油揚げ 大1枚
・花鰹 適量

【A】ドレッシング
・醤油ポン酢(味ぽん) 大さじ2
・ごま油 小さじ1

■作り方

1.水菜は洗って食べやすい長さに切り、サラダスピナーにかけてよく水気を切る。
2.玉ねぎはスライサーで薄切りにし、水にさらして水気をよくしぼる。
3.油揚げは1cm程度の短冊切りにし、フライパンで乾煎りする。
4.1、2、3を合わせて花鰹を乗せ、お好みで混ぜ合わせた【A】をかける。

油揚げは時間と共にしんなりしてきてしまうので、最後に加えてすぐに食べるのがポイントです。

BlogPaint

味ポンにごま油を加えた即席ドレッシングで。
醤油ベースで酸味のあるドレッシングと相性がいいように思います。


この日のメインはミルクストロガノフとにんじんライスでした。

BlogPaint


今週の常備菜は、連休に備えていつもよりおかず感を意識して準備しました。

BlogPaint

人参しりしり
・れんこんと豚肉のきんぴら
・油揚げの甘辛煮
タンドリーチキン
・ブロッコリーの塩茹で
・茹で鶏


人参と卵だけで作ることが多いしりしりですが、今回はツナも入れてボリュームアップ。

BlogPaint


きんぴらもれんこんだけではなく豚肉をプラス。
煎りごまを切らしていたのが残念。
赤唐辛子も入れたいところでしたが、子どもたちが食べるのであとで一味をふることにします。

BlogPaint


油揚げ3枚を油抜きしたのち、砂糖とみりんと醤油で煮た甘辛煮。

BlogPaint


いつもの茹で鶏。

BlogPaint


努めて固く茹でたブロッコリー。

BlogPaint


鶏もも肉2枚をヨーグルト、たっぷりの生姜すりおろし、にんにくのすりおろし、塩、醤油、
レモン汁、ナンプラー、カレー粉、パプリカパウダーに漬けこんだタンドリーチキン。
しばらく冷蔵庫で寝かし、漬けだれを落として魚焼きグリルかオーブンで焼きます。

BlogPaint


作った常備菜でお昼ごはんはきつねうどんにしました。

BlogPaint

白だしベースのつゆできのこをサッと煮て、
割いた茹で鶏、油揚げ、青ねぎをトッピング。


夜はタンドリーチキンを主菜にした献立に。
今回は魚焼きグリルで漬けだれと脂を落としながら焼きました。

BlogPaint

付け合わせにブロッコリー、人参しりしり(それぞれ半分使用)、
なすと油揚げのお味噌汁でした。


長雨続きの上に週末は2週連続台風だったので、
久しぶりにお天気に恵まれた連休。
作り置きで時間と気持ちに余裕もできて、なんとなく嬉しいスタートです。





先日富澤商店で購入した切り昆布と車麩を使ったお料理です。

BlogPaint

お盆の郷土料理であるこちらの煮物は福島市のHPでも紹介されています。
(いかにんじん、お雑煮などのレシピもあり。)


■材料(作りやすい分量)

・切り昆布(刻み昆布) 40g
・車麩 60g
・油揚げ 大1枚

・白だし 大さじ3
・みりん 大さじ3
・水 600ml

■作り方

1.車麩はときどき沈めながら水に浸して戻し、適当な大きさに切って水気をしぼる。
2.油揚げは熱湯で油抜きをして、食べやすい大きさに切る。
3.鍋にさっと洗った切り昆布、白だし、みりん、水を入れて火にかける。昆布が柔らかくなるまで沸騰後5分ほど蓋をして弱火で煮る。
4.車麩と油揚げを加えてさらに5分煮る。


醤油を使わず市販の白だしとみりんで煮てみました。
手軽に味が決まって簡単!

BlogPaint

色は淡いけれどしっかり味が染みておいしくできました。




一緒にトッピングラーメンをしたお友達のおうちで、
「トッピングうどん」をごちそうになりました。
これがわが家の子どもたちにも大ヒットだったので、
美味しかった油揚げのトッピングと共に早速真似して再現してみました。

BlogPaint


具材は青ねぎ、ワカメ、ゆで卵、甘辛く煮た油揚げ、茹で鶏。

BlogPaint


この油揚げが稲荷寿司が好きな子どもたちには嬉しい一品です。
熱湯をかけて油抜きをした後、まず水とみりんと砂糖で煮て、少ししたらお醤油を。
落し蓋をして煮詰めていけば完成です。
油揚げはこれまでは鶏肉やきのこと一緒に煮込んでいたので、
後乗せスタイルは新鮮でした!


冷たいめんつゆをかけて、好きな具材を乗せていきます。
息子は青ねぎは飾り程度に。

BlogPaint

目の前に具材があると乗せたくなるようで、いつもより食が進む二人。
1回ずつおかわりをして、二人でうどん1玉半を食べました。





今週の常備菜です。

BlogPaint

・切干大根の煮物
・ミニトマトのレモンマリネ
・豚ロース肉の味噌漬け


切干大根と人参と油揚げの煮物。

BlogPaint

いりこだし、みりん、酒、醤油で煮ました。
醤油を後半で加える以外は基本ストウブでコトコトほったらかしです。


ミニトマトのマリネ。

BlogPaint

トマトを湯剥きして、レモン汁、オリーブオイル、砂糖、塩を混ぜたマリネ液に漬けています。


豚ロース肉の味噌漬け。

BlogPaint

筋切り、塩こしょうをし、味噌だれを塗って保存。
時間がおいしくしてくれる上に、あとは焼くだけなので漬けておくと楽です。
(レシピはのちほど)




↑このページのトップヘ