これを作ると季節を問わず実家のお正月が思い起こされます。

BlogPaint


修善寺生まれ、江戸川区&松戸(11年)&郡山(7年)育ちで
現在実家が郡山にあるわたしにとって、お雑煮はこのごった煮スタイル。
澄んだだしを張って具材と焼き餅を浮かべる上品なお雑煮とは違った
渾然一体のおいしさがあります。

夫は生まれも育ちも途中までは北海道、転勤で各地を転々としたのち郡山へ。
今も実家は郡山です。

共に途中から移り住んで郡山在住20年以上になる伊豆出身のわたしの母と
北見出身のお義母さん。
結婚して初めて帰省したお正月にほぼ同じお雑煮が出てきてびっくりしました。


■材料(鍋いっぱい)

・鶏もも肉 150g
・大根 
・人参
・凍み豆腐(高野豆腐でも可)
・なると 1/2本
・三つ葉 1袋

・鰹だし 4カップくらい
・醤油
・酒
・塩
・サラダ油

■作り方

1.鶏肉は細かく切る。大根、人参、水で戻した凍み豆腐は短冊切りにする。なるとは薄切りにする。
2.鶏肉を少量のサラダ油で炒める。色が変わったら醤油と酒各大さじ1を加えて香ばしい香りが立つまで炒める。
3.大根、人参、凍み豆腐、なると、鰹だしを加え、煮立ったらあくをすくう。
4.野菜がやわらかくなるまで煮て、醤油と塩で味をととのえる。
5.最後にざく切りにした三つ葉を加えてひと煮立ちさせる。


材料に分量表記のないものは目分量で。

なるとは他に使い道がなければ1本入れてしまっても…。
わが家もこれ以外でなるとを買うことはなく、いつも迷いながら少し残して、結局困ります。

凍み豆腐は高野豆腐よりずっと薄い東北地方の名産品で、
地元では藁に吊るされた状態で売っています。
高野豆腐しか手に入らない場合は薄い短冊切りにして代用します。

三つ葉はここでは薬味扱いではなく立派なメンバーなので
思い切ってたくさん入れてしまってOK。
人並みに苦手な野菜のあるわが家の子どもたちですら気にせず食べます。
ちなみに、本当は三つ葉ではなく「せり」で作るのですが
せりは三つ葉の3倍くらいの値段だったりするので、いつも三つ葉で代用。


娘は「おいしさが頭からあふれる~」と5歳なりに最上級の感想を述べてくれました。

それにしてもこの餅なし雑煮、何かいいネーミングはないものか。
お雑煮と言うのは語弊があるし。
娘がリクエストしたくともできないメニューで、
「あの、白とピンクのグルグルが入ってるやつ…」(「なると」も登場回数が少ないため覚えない)
と言われます。

おいしいのに不憫な餅なし雑煮。←もうこれでいいかな?