kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:梅干し

「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ
本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ



今回モニタープレゼントとしていただいたのは以下の2つです。

P1130634


・タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉

P1130630


・タカラ「料理のための清酒」〈米麹たっぷり2倍〉

P1130631


どちらも普段から使い慣れている調味料です。

P1130629


清酒のほうは現在わが家にあるのは箱タイプなのですが、細口と広口の2WAYボトルが画期的!
(どちらも昨年の画像で失礼します)

P1110067


P1110068


そんな米麹がたっぷりの本みりんと清酒を使って、豚バラと大根の煮ものを作りました。

P1130677

清酒には、臭みを消す、コクと旨みを与える、味しみをよくする、やわらかくするなどの効果が。
本みりんには上記に加え、煮くずれを防いだり、てりやつやを出す働きがあります。
また本みりんにはブドウ糖やオリゴ糖などたくさんの複雑な糖がバランスよく含まれているため、
上品でまろやかな甘みをつけてくれるのが特長です。


■材料(4人分)

・豚バラ肉(ブロック) 500g
・大根 500g(1/2本)
 
【A】
・水 400ml
・タカラ料理のための清酒 100ml
・タカラ本みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・梅干し 2こ
・生姜のスライス 5~6枚
・長ねぎの青い部分 適量

・タカラ料理のための清酒 大さじ2
・タカラ本みりん 大さじ2

■作り方
 
1.大根は厚めに皮をむき、大きめの乱切りにする。

2.豚バラ肉は3cm程度に切り分け、フライパンに並べて火にかける。
焼き色がつくまで返しながら全ての面を焼き固める。

3.圧力鍋に2、かぶるくらいの水、タカラ料理のための清酒大さじ2を加えて茹でこぼす。

4.茹で汁を捨て、大根、【A】を入れ、沸騰後(ピンが上がってから)中火で10分加圧する。

5.自然冷却で蓋をあけ、煮汁がひたひたになるくらいまで煮詰める。

6.タカラ本みりんを加えてさっと煮立て、鍋を揺すって煮汁を行き渡らせながらてりを出す。


豚バラ肉でこってりしがちですが、本みりんだけのすっきりとした甘さに加え、
梅干しの酸味もきいているのでさっぱりとした仕上がりです。

P1130678


大根も煮崩れせず中までしっかり味がしみたのは糖とアルコールのおかげ。

P1130679

今回は豚肉の茹でこぼしの際の臭み取り、味付け、仕上げの照り出しに使いました。
どちらも毎日の料理のさまざまなシーンで欠かせない存在です。



常備菜作りの記録です。

P1130459

・大根と豚肉の白だし煮
・ほうれんそうのナムル
・なすの大葉味噌炒め
・茎わかめときゅうりの梅あえ


大根1/2本をストウブでじっくり煮ました。
味付けは白だし、酒、生姜のしぼり汁のみ。
大根が柔らかくなってから豚薄切り肉を加えてコクをプラスしました。

P1130460 (2)


ほうれんそうはナムルに。
茹でて塩、砂糖、醤油、ごま油、煎りごまで味付け。
数日保存したいときはあえてにんにくは入れないようにしています。

P1130458


なすは揚げ焼きにしてから味噌炒めにし、刻んだ大葉をたっぷり加えて飽きのこない味に。

P1130456 (2)


こちらのレシピでなすを増量して作りました。




「新物」(あらものと読むそう)シールが貼ってあった茎わかめ。
わかめ好きとしては見過ごせなくて初めて購入してみました。

P1130454

よく洗ってから熱湯で15分ほど塩抜きし、もう一度洗って食べやすい大きさに切ります。
塩揉みきゅうりと合わせて、叩いた梅干しと煎りごまを加えてあえれば出来上がり。
歯ごたえの良いさっぱりとした箸休めになります。


大人はこれらを少しずつ盛り付けてそのまま晩ごはんで十分なのですが、
子どもには少々渋いかな…ということで、ごはんは具だくさんの炊き込みごはんにしました。

P1130469


「ヒガシマルうどんスープ」を使った炊き込みごはんが少し前からわが家のブームです。

P1130463

ちなみになすの味噌炒めは娘に、茎わかめの梅あえは息子にヒット!
それぞれ逆は微妙な反応で、なかなか二人そろってヒットにはなりません。



いつも義実家から分けてもらっている手作りの梅干しには梅紫蘇がたくさん入っています。

P1130084


前回の分の梅紫蘇が残っていたので、新しくいただいたものと混ぜずに食べ切ることにしました。

P1130085

きゅうりとなすを合わせて350g、梅紫蘇は70g。
塩漬けにして水分を出し、よくしぼってから合わせます。


生姜の千切りを加えれば、即席のしば漬けになります。

P1130087


たまに上下を返して冷蔵保存。

P1130089

梅紫蘇のおかげでほぼ合わせるだけという手軽さ。
浅漬けでも自家製は食べ応えがあって、ごはんのお供にぴったりです。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1130083 (2)

・ごはん(梅干しとごま塩)
・ぶりの塩焼き
・シュウマイ(チルド)
・玉子焼き
・きゅうり
・ミニトマト
・みかん


ぶりの塩焼きは、まず少量の醤油とみりんを揉みこんで10分ほど置いて下味をつけます。
キッチンペーパーで水気を押さえて塩、こしょう。
薄力粉をはたいて米油を熱したフライパンで焼けば、パサつかない塩焼きの完成です。

P1130082


義理の母の梅干しを食べ切ってしまい、息子が「もう梅干しないの?」と寂しそうに言うので
夫を介してお願いしたところ、すぐに送ってくれました。

P1130084

酸味が強く余計な味が一切しない手作りのならではの梅干し。
探してみてもなかなか同じようなものには出会わないので嬉しい限りです。





「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー


県内指定農家による限定生産、JA全農福島のブランド豚「麓山高原豚」。
良質な脂肪を作るために飼料にこだわり、亜麻仁油やえごま粕を添加しているとのこと。
あっさりしていて臭みはほとんど感じられない豚肉です。

P1110550


バラとロースのうち、バラは焼肉でいただきました。




今回はロースを使ってロールカツを作ることに。

P1110551


チーズを包んだものと、たたいた梅干しを塗って巻いたものの2種類作って、
息子の幼稚園のお弁当に入れました。

P1110668

・ごま塩ごはん
・麓山高原豚<ロース>のチーズロールカツ/梅ロールカツ
・玉子焼き
・きゅうりに塩昆布


適度に厚みのあるロース肉で食べ応え抜群!
巻くことで隙間ができて固くならないのがロールカツのいいところです。


■材料(2~3人分)

・麓山高原豚<ロース・焼肉用> 300g
・梅干し 1こ
・シュレッドチーズ 小さじ4

・塩 少々
・ホワイトペッパー 少々
・薄力粉 大さじ2
・溶き卵 1/2こ分
・パン粉 適量
・揚げ油(米油) 適量

■作り方

1.梅干しは叩いてペースト状にする。
2.麓山高原豚は1枚ずつ広げて塩、ホワイトペッパーをふる。
3.半量に1を塗って端から巻く。
3.2のもう半量にはシュレッドチーズを端に小さじ1ずつ乗せ、側面を折り畳みながら包むように巻く。
4.薄力粉を薄くまぶし、溶き卵、パン粉の順につける。
5.揚げ油を中温に熱して3~4分揚げ色がつくまで揚げ、しっかり油を切る。


梅干しのほうはさっぱりとして脂身の美味しさが引き立ち、
チーズのほうはまろやかさとこくが加わります。

P1110672

くさみがなく脂身はしつこくなくジューシー。
赤身は柔らかいのに弾力もあって、とても良質な豚肉でした!


---


話は変わって…弟のお弁当DAYが羨ましい姉。
ちょうど同じ日が習い事のダンスで帰りが遅くなるので、
先に終わった息子は早めにお風呂と晩ごはんを済ませ、娘は一人お弁当にしています。

ワンプレートではなく、わざわざお弁当箱に入れる利点は食べすぎが防げること。
不思議とおかわりコールがなくなり、お皿に並べるより満足度も高いようです。
そんな週に一度の娘の夜弁当。
喜ばれる上にこちらも時間に縛られずに用意でき、なかなか良いアイディアだと思っています。

P1110676

娘のほうには大好物の切干大根の煮ものをプラス。
玉子焼きは楽をしてスクランブルエッグに。
梅干しが苦手な娘ですが、「これは美味しい!食べられる!」と喜んでいました。



↑このページのトップヘ