kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:小豆


冬至ということで、とりあえずゆず湯用のゆずとかぼちゃを買ってきました。


何を作ろうか考えているうちにお昼過ぎになり、慌てて圧力鍋で小豆を煮ました。
今回はあんこの一歩手前の豆感の残る仕上がりに。

P1120349


かぼちゃは加工しやすいようにとりあえず蒸しました。

P1120353 (2)


「かぼちゃのいとこ煮」は給食で出るというので、さてどうしよう…と考えた末、
今個人的ブームの蒸しパンをおやつに作ることにしました。

P1120365 (2)

【小豆の煮方】
小豆(250g)は圧力鍋で一度茹でこぼし、新たに3倍量(750ml)の水を加えて強火にかける。
加圧を始め、ピンが上がったら弱めの中火に落として10分、火を止めて自然冷却する。
上白糖(200g)を5分置きに3回に分けて加え、たまに混ぜながらぽってりとするまで煮る。

【かぼちゃの蒸し方】
1/4カットのかぼちゃの種を取り、700Wの電子レンジで1分加熱する。
ひと口大に切り、蒸気の上がった蒸し器で10分蒸す。
(圧力鍋で蒸す場合は3分加圧して自然冷却する。)


■材料(6こ分)

・蒸しかぼちゃ(皮をのぞく) 80g
・煮小豆 100g
・薄力粉 150g
・上白糖 30g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・牛乳 150ml
・米油 大さじ1

■作り方

1.蒸しかぼちゃはフォークなどでつぶし、牛乳と合わせて溶かしておく。

2.薄力粉、ベーキングパウダー、上白糖を合わせてふるう。

3.1、米油を加えて粉がなくなるまで練らないようにさっくりと混ぜる。

4.煮小豆を加えて軽く混ぜ、ココット皿に紙を敷いて生地を等分に流す。

5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で15分蒸す。


かぼちゃはあらかじめ水分で溶いておくことで全体に混ざります。
小豆は存在感を残したいのでつぶさないように軽く混ぜるのがポイント。

P1120360 (2)


一見マフィンのようですが、油分が少なくふんわり優しい味です。

P1120359 (2)


蒸しパンは粉ものの中でも失敗が少なく、手軽でヘルシーなので最近よく作っています。
息子好みのチョコチップを入れただけのシンプルなものや、
先日のりんごとヨーグルトの米粉蒸しパンなど、あるものでアレンジ自在。
パンケーキなど一枚ずつ焼くのと違って、蒸し器に入れれば一度に出来上がるところも魅力です。




あんこが好きな夫の誕生日に粒あん入りのガトーショコラを焼きました。

P1110865 (2)


前に作ったときは美味しかったものの小豆感が出なかったので、
今回はあんこを増やすだけでなく、こしあんを粒あんにかえてリベンジです。




■材料(16cmのパウンド型1台分)

・ダークチョコレート 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・粒あん 150g ※小豆と砂糖を同量で炊いたもの
・薄力粉 大さじ2
・ココアパウダー 大さじ2

■作り方

1.チョコレートは細かく割って湯せんにかけてとかす。
2.1が温かいうちにバターを加え、溶けたら粒あん加えてなめらかになるまで混ぜる。
3.卵黄をハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
4.2に3を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。
5.卵白を角が立つまでしっかり泡立て、4に3~4回に分けて泡立て器で泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。
6.オーブンシートを敷いた型に流し、160℃に予熱したオーブンで25分焼く。
7.型から外しオーブンシートをはがして冷ます。完全に冷めたら冷蔵庫で一晩以上寝かせる。
8.あれば粉砂糖をふりかける。


小豆はストウブで。
いつもの甘さ控えめ(70%)ではなく、久しぶりに砂糖同量で炊きました。



砂糖となじませる時間もいつもの倍の4時間放置にしています。
(参考にした元のレシピでは5時間)


コーヒーを淹れてみましたが、ほうじ茶にも合いそう。

P1110864 (2)


なめらかな生チョコ感もありながら、粒あんの小豆の食感が加わって素朴な風味。
理想の和洋折衷感です。

P1110900 (2)

今回はしっかり小豆が感じられて成功!
新感覚のガトーショコラです。




父の日には子どもたちがあんこを使ったお菓子を作るのが恒例になっています。
必ずしも和菓子というわけではなく、今年はパウンドケーキにしました。

P1100328

米粉ならグルテンフリーで混ぜ方に気を遣わないので、子どもにお任せするには安心かも?
ということで、ここのところよく登場する米粉で焼きました。


あんこはいつもの手順で。
今回は小豆250gに対して砂糖200gで煮ました。




こちらは必要な材料を出すだけ出して、あとはレシピを読み上げるのみです。

P1100325


主な材料は米粉、卵、粒あんです。
卵に砂糖と塩を加えて砂糖が溶けるまでよく混ぜ、粒あん、米油を加えます。
米粉とベーキングパウダーを合わせたものを加えて、パウンド型に流して焼くだけ。

工程としてはとても簡単で、味も良かったのですが…
食感に納得がいかなかったので詳しいレシピの掲載は控えます。
(今後、上手くできたらアップします。)


土曜日に焼いて、日曜日の朝ごはんに。
ルピシアの工芸茶を淹れました。

P1100332


毬状になっていて、お湯を入れると花が開くジャスミン茶です。

P1100330


アボカドとトマトのオープンサンドとともに。

P1100336


よく言えばしっとりですが、目が詰まりすぎたのが見た目にもわかります…

P1100338


わたし以外の3人は「追いあんこ」で2切れずつ美味しくいただきました。

P1100340


子どもたちからはお手紙とアイロンビーズをプレゼントしました。

「父の日だから外でバドミントンをしよう!」、「父の日だから焼き肉を食べに行こう!」
と、“父の日”にかこつけて自分がしたいことをただ提案しているだけの二人…
一体誰のための日??
残念ながらどちらも実現しませんでしたが、別のプランでそれなりに楽しい休日になりました。




休日のこどもクッキング。
今回はかぼちゃ白玉のお汁粉を作りました。

P1070061


簡単に白玉粉にかぼちゃのフレークを加えて、小豆も缶詰を使用。

P1070038


蒸したかぼちゃを加えた白玉と、きちんと小豆を煮たバージョンはこちら。





今回一番難しかったのは缶を開ける作業です。

P1070040


プルトップがほとんどの時代、缶切りなんてできなくてもいいのかもしれませんが、
見たことも触ったこともないまま大人になるよりは…と思ってチャレンジさせてみました。
(同じくマッチももう少し成長したら使わせてみよう)

P1070041


いつものように計量作業から。

P1070045


白玉粉100gに、かぼちゃフレーク30g。
白玉粉の粒を砕いておくと後々スムーズです。

P1070047


様子を見ながら少しずつ水を加えてこねます。

P1070048


P1070049


2cmに丸めて真ん中をへこませます。

P1070050


P1070051


P1070052


たくさんできました。

P1070054


茹でる作業もしてもらいました。
火のそばにも少しずつ慣れてきています。

P1070055


ゆで小豆は鍋にあけ、のばして塩を少々。

P1070056


完成。

P1070062


見えなくなってしまいましたが、7~8こ沈んでいます…

P1070059

あんこ好き、お餅好き、洋菓子<和菓子の子どもたち。
特別におかわりをOKにしたら大喜びのおやつ時間でした。




自他ともに認めるあんこ好きな夫。
そんなお父さんに今年はおはぎを作ろうと娘に提案してみました。

BlogPaint


小豆は前日にストウブで半日かけて炊いておきました。
(→ストウブで小豆を煮る
いつもは控えめにするお砂糖も、今回はしっかり同量にしてリッチバージョン(?)。

BlogPaint

普段から米当番の娘に、前の日の晩にもち米の洗いと浸水をおまかせ。
当日朝うるち米を洗って、もち米と合わせて炊飯器へ。


炊けたら半付きにします。

BlogPaint


炊きたてのごはんは熱いので、娘はあんこの計量と成形を担当。

BlogPaint


あんこを包んで黒ごまきな粉と砂糖をまぶしたものも作りました。

BlogPaint


今回は3合炊いて15個完成。

BlogPaint


午前中息子の参観日に行き、一旦帰宅して午後から出勤だったこの日。
サプライズのお昼ごはんとして喜んでもらえました。

BlogPaint


子どもたちも同じくお昼ごはんにしっかり3こも食べて大満足!
あんこに目がない3人です。


詳しいレシピはこちらに→お彼岸のおはぎ作り


↑このページのトップヘ