kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:味噌汁


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



福島県産なすとトマトを毎日美味しくいただいています。
この日は朝ごはんに焼きなすのお味噌汁を作りました。

P1100833


主菜はトマトの玉子炒め。
調理時間が短くて済む上に出来たてが美味しいので、家族が揃う朝ごはん向きのメニューです。

P1100832


あらかじめ焼きなすにしておくことで、朝は温める程度に火を通せばいいので時短。
この時期はもう朝から暑いので、あまり長い間火を使わずに済んで一石二鳥です。

P1100796


■材料(4人分)

・福島県産なす 2本
・油揚げ 1/2枚
・青ねぎ 少々
・だし 600ml
・味噌 適量

■作り方

1.なすは洗ってへたの周りにぐるりと切り込みを入れ、先端側から竹串を入るところまで刺して穴を開けておく。

2.魚焼きグリルまたはトースターの最も強い火力で皮が真っ黒になって皺がよるまで焼く。

3.手のひらに濡れ布巾を乗せて熱いうちに皮をむく。

4.だしに食べやすい大きさに切った3、油抜きをして短冊切りにした油揚げを入れて火にかける。

5.ひと煮立ちしたら火を止めて味噌を溶き、お好みで青ねぎを乗せる。


焼きなすは焼く前に蒸気を逃がすための穴を開けておき、強火で焼くのがポイントです。

P1100834

そのまま煮ると皮が厚いものだとキシキシしたり、水っぽく感じられることも…
わざわざ焼きなすにすることでとろっとした食感になり、なすの甘みも確実に増します。
香ばしさもプラスされて、たとえ作り置きでもひと手間かけた感が出ます。


トマトと玉子の炒めものは乱切りにしたトマトをごま油で焼き、塩と味の素を一振り。
炒めるのではなく焼くのが水っぽくならないポイントです。

P1100836

トマトが焼けたらフライパンを半分空け、塩を加えた溶き卵をジャッと入れて大きくかき混ぜます。
半熟になったらトマトと炒め合わせて完成!
甘酸っぱいトマトと塩味のスクランブルエッグがよく合います。


あとは納豆やら瓶詰やらを出して、それぞれ好きなおかずで炊きたてごはんをいただきます!

P1100837


朝からしっかり野菜が摂れると満足感が得られて心まで元気に!
JA全農福島さんとレシピブログさんにあらためて感謝した朝でした。





娘と買い物に行ってせがまれて初めて購入したのは…
特に好きでも嫌いでもなく、たまたまこれまで手にしたことがなかった「しじみ」です。
「お味噌汁にして!」と言うので(汁椀以外の選択肢も思いつかないけれど…)
作ってみました。

BlogPaint

お手本にしたのは「いちばん丁寧な和食レシピサイト白ごはん.com」さんのレシピです。
昆布とともに水からゆっくり煮出してあくを取り、弱火で少し煮るそうです。
サッと火を通して身をふっくら仕上げるあさりと違い、しっかりだし取って汁を味わうしじみ汁。
最後にお酒を加えて味噌を溶けば完成です。


砂抜きの途中でのぞいてみて驚いて思わず撮影!
こんなに中身(?)が出ている!

BlogPaint

外でいただくしじみ汁のすでに火を通した小さな身しか見たことがなかったので、
あさりと同じように砂を出している様子にちょっと感動しました。


元々あさりが大好きな子どもたちはしじみに夢中!
身は食べなくてもいいよと声をかけたところでスルーできるはずもなく、
ひたすら身と格闘していました。

BlogPaint


しじみ汁が終わるまで、炒飯はそっちのけ…

BlogPaint

この日の炒飯は、卵、しらす、ハム、コーン、スナップエンドウ。
味付けは鶏がらスープの顆粒、塩、ホワイトペッパー。


信州味噌しか常備していないわが家ですが、しじみ汁にはやっぱり赤だしが合うと思います。


塩抜き新巻鮭レシピ第2弾。
今回は根菜と一緒に汁物にします。

BlogPaint


■材料(4人分)

・新巻鮭(塩抜きしたもの) 3切れ
・じゃがいも 1こ
・大根 4~5cm
・人参 1/2本
・長ねぎ 1/3本

・昆布 10cmくらい
・水 600ml
・酒 大さじ1
・味噌 適量

・青ねぎ
・イクラ(なくてもOK)

1.昆布を1時間ほど水に浸けておく。
2.じゃがいも、大根、人参はいちょう切りにし、鮭は骨を抜いて食べやすい大きさに切る。
3.1に酒、野菜を入れて火にかける。沸騰直前に昆布を取り出しあくをすくい、柔らかくなるまで煮る。
4.鮭を加えて2~3分煮たら火を止め、味噌を溶く。
5.器に盛り、青ねぎ、イクラを乗せる。お好みで七味唐辛子をふっても。


一応分量を書いてみましたが、野菜を昆布だしで煮てから鮭を加えて味噌で調味。
それだけです。(簡単!)
いつも鮭と一緒にイクラもいただくので、贅沢にトッピング。

BlogPaint

毎年クリスマス直前に新巻鮭がちらほら食卓に上り、日々のメニューもカオス状態。
今年は帰省も早いので冷蔵庫整理のほうも大忙しです。




↑このページのトップヘ