kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:向田邦子


向田邦子さん没後40年となる今年。
テレビで特集が組まれたりイベント(配信)が開催されたりしています。
著書はだいたい持っているので、図書館で向田作品を解説する本をたくさん借りているこの頃です。


料理の話、食べものの話がとても多い向田さん。
「わかめのいため物」もエッセイの中に登場します。
炒めるときに油がはねるので鍋ぶたを盾にするというのが印象的です。

P1120895 (2)


生の新わかめを見かけたので早速作ってみました。
お値段はなんと128円!
保存がきかない生ものだからか塩蔵よりずっと安いです。

P1120884 (2)


こう見えてずっしり重く、わが家の鍋では一度では茹でられないほどの量!

P1120890 (2)


よく洗ってから沸騰した湯で色が変わるまで30秒ほど茹でます。
冷水にとって色止めをしてから、3回に分けてサラダスピナーで水気を切ったものがこちら。

P1120891 (2)

磯の香りが強く、切ればザクッザクッと小気味よい感触が。
歯ごたえが楽しめそうです。


詳しい分量の記載はなく、以下のような感じで作ります。

サラダ油(米油)とごま油を半量ずつ熱し、堅めに戻して3cm四方に切ったわかめを加える。
はねるのでやけど防止のため長めの菜箸で炒める。
わかめが翡翠色になったら削り節と醤油を加えてジャーッとかき混ぜる。

P1120893 (2)


『向田邦子の手料理』の写真にもあるように、とっておきの皿にほんの少しだけ盛るのが向田流です。
“とっておきの皿”と呼べるほどの小皿がなく、鉢に山盛りで失礼…
さらに、もう少し削り節がチリチリになるまで炒めてもよかったかもしれません。
わかめはまだまだあるのでリベンジしてみます。

本に「わかめは上質なものを求め…」と書いてあるせいか、
もうずいぶん前からその存在を知っていたのに挑戦していなかったこちらの料理。
鳴門わかめではなく宮城県産わかめでしたが、やっとその美味しさを感じることができました。





夫の帰りが遅めだった日の晩ごはんは向田邦子さんの「常夜鍋」。
シンプルにひたすら豚肉とほうれんそうを楽しむ鍋と言う意味で大人向けです。

P1080556


レシピはこちらに。



このときは家族みんなで食べていますが↑、最近は豆乳鍋レモン鍋などお気に入りがあるので
子どもたちは早い時間に別メニュー(煮込みうどん)にしました。


昆布だしに酒を多めに加え、にんにくを丸ごと入れて沸かします。

P1080557


実は見た目以上にパンチがきいています。

P1080558

レモンをギュッとしぼってお醤油を垂らし、昆布つゆで薄めて食べます。


しめは少なめのごはんで雑炊に。

P1080560


白だしで味をととのえて溶き卵を回し入れ、青ねぎを乗せて完成。

P1080561


常夜鍋は短編集「夜中の薔薇」におさめられています。
料理や食べものにまつわる短編、レシピ、エピソードが満載の『向田邦子の手料理』は
ファンにとってはバイブルです。

P1080567

長年愛読していて文庫本のほうはすでにボロボロです。
たまに作っているのは“にんじんごはん”や“梅じそとかつお節の箸休め”、“トマトの青じそサラダ”など。
季節ごとに読みたくなります。




『向田邦子の手料理』を参考にして「にんじんご飯」を作りました。

BlogPaint


■材料(2合分)

・米 2合
・人参 小1本
・油揚げ 1枚

【A】
・だし(鰹と昆布) 100ml
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1と1/2
・砂糖 小さじ1

・だし 300~350ml

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。

2.人参は千切りに、油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをしてから千切りにする。

3.【A】を鍋に入れて火にかけ、煮立ったら人参と油揚げを加えて2分ほど煮て冷ます。

4.炊飯器に米と3を入れ、2合の目盛までだしを足す。

5.普通モードで炊き、炊き上がったらざっくり混ぜる。


いつもよりシンプルな炊き込みごはんですが、シンプルゆえの美味しさもあり。
子どもたちも気に入って良い食べっぷりでした。

BlogPaint


向田邦子さんの随筆にはお料理がたくさん出てきます。
何度となく読んでいるうちに料理本も愛読書となりました。

P1020780

P1020779


簡単で家庭的な和食から、昭和のレトロな洋食まで幅広く紹介されています。
有名なものはトマトの青じそサラダやワカメの炒めものなど。
常備菜にもよさそうなレシピが満載です!


数日帰省しているうちに桜が咲いたと思ったら
戻ってくるなり今度は厳しい寒さと雪!
それでも久しぶりに買い出しに行くと野菜の価格がずいぶん落ち着いていました。
キャベツが198円とか大根(1/2カット)が100円なんて久しぶり!
ウンウンうなりながら献立を捻り出さずとも、楽に料理ができます。

そんな週後半の常備菜作りの記録です。

BlogPaint

・梅じそとかつお節の箸休め
チョレギサラダ
・れんこんの塩きんぴら
・煮物(こんにゃく・がんもどき・人参)


向田邦子レシピの「梅じそとかつお節の箸休め」です。

BlogPaint

義理の母の梅干しこちらも)には梅じそがたっぷり使われているので
大事に取っておいて作ります。

作り方は簡単!
梅じそをサッと水洗いして水気をきつく絞って細かく刻み、
同量のかつお節をまぶして醤油を少々加えるだけ。
文字通り、箸休めに最適の一品です。


ちぎったレタスをメインに、千切りにしたきゅうり、大根、人参を加えたサラダ。
レタスはサラダスピナーで、千切り野菜は布巾かキッチンペーパーで水気を切り、
冷蔵庫で保存します。

BlogPaint

三杯酢にコチュジャンやごま油などをプラスしたドレッシングは食べる直前にかけます。


きんぴらは塩味にしてみました。
酒とみりんで炒めて、最後に塩と煎りごまをパラリ。

BlogPaint

息子はだめでしたが娘はよく食べました。


子どもたちの好きなこんにゃくとがんもどき(いずれも茂蔵さんの商品)を甘くない煮物に。
彩りと栄養のため人参も入れています。

BlogPaint

下茹でしたこんにゃく、人参、水、兵四郎だしパックをストウブに入れて
蓋をして弱火でしばらく放ったらかしにします。
人参がやわらかくなったのを確認してから油抜きをしたがんもどきを加え、
またしばらく静かに煮てそのまま冷まして完成です。


晩ごはんは炊きたてのごはんとお味噌汁だけ用意して、
これらを一挙にドンと並べて各自取るスタイルにしてみました。
すると、子どもたちはどれなら食べられるか、一つ一つと真剣に向き合います。
自分でアクションを起こさなければごはんとお味噌汁のみになってしまうので、
どうにかして食べられそうなものを探してチャレンジを始めるといった感じ。
それで娘は一通り食べ、息子も煮物だけでなく自分でごまドレをかけてサラダを食べました!


ランキングに参加中!

にほんブログ村

アイディアいっぱい☆
にほんブログ村テーマ 常備菜へ
常備菜


講談社『向田邦子の手料理』より、有名なトマトの青じそサラダを作りました。
食材が時期外れではありますがミディトマトがお手頃だったので。

BlogPaint


オリジナルレシピはトマト4こに対して青じそ12枚。
ごま油大さじ3と1/2、酢大さじ2と1/2、醤油大さじ1、塩とうま味調味料少々
を混ぜ合わせたドレッシングをかけます。

s_P1360828

全て半量で作り、うま味調味料は常備していないので砂糖を少々加えています。


この日はロイタイで簡単に作ったレッドカレーと共に。
食材整理を兼ねて、鶏もも肉、なす、じゃがいも、ピーマンで。
鶏肉となすは炒めて、じゃがいもはレンジで蒸してから煮込んでいます。

BlogPaint


タイカレーとの取り合わせが妙だったかもしれませんが…

向田さんのお料理は“手料理”ということばがしっくりくる家庭的なレシピが満載。
シンプルなのに想像を超える美味しさの「常夜鍋」はわが家の定番です。

エッセイには料理、食べもの、器のエピソードが盛り込まれ
現代だったら間違いなく食関係の連載もたくさんお持ちだったと想像します。
料理人としてのセンスや魅力がたくさん発見できる向田ファンにとってはバイブル的な本です。



にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん

↑このページのトップヘ