kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:卵かけごはん


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


今月は「会津地鶏」と、「会津地鶏たまご」もいただきました。

P1110827 (2)


ピンクがかった薄い茶色で殻は硬めです。

P1110828 (2)

通常の鶏の倍の110~120日かけて飼育される会津地鶏。
卵も半分程度の頻度でしか産まないため、卵本来のコクが凝縮されているとのことです。


なるべく手を加えずシンプルに味わうべく、エッグトーストとたまごかけごはんでいただきました。

P1110850 (2)

シンプルな目玉焼きは、濃厚な黄身と柔らかい白身の両方が楽しめます。


■材料(1人分)

・食パン(4または5枚切り)
・マヨネーズ 小さじ1~2(お好みで)
・会津地鶏たまご 1こ
・塩 少々
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

*固ゆで目玉焼きバージョン
1.食パンにマヨネーズを塗り、トースターで表面がこんがりとするまで焼く。
2.並行してフライパンで会津地鶏たまごの目玉焼きを作る。
3.1に2を乗せ、塩、ホワイトペッパーをふる。

*半熟バージョン
1.食パンの淵ギリギリのところにマヨネーズを土手になるように塗る。
2.会津地鶏たまごを割り入れ、トースターで表面が固まるまで焼く。
3.塩、ホワイトペッパーをふる。


今回は生のたまごを割り入れてトースターで焼く方法で作りました。
たまごが固まるのを待っているとトーストが焦げてしまうので厚切り食パンを使っています。

P1110851 (2)


とろとろの黄身を崩しながら食べるのも良し、少し固まった柔らかい黄身を味わうのも良し。
わたしはどちらかというと後者が好みです。

P1110852 (2)


くせやにおいがなく、旨みの濃い「会津地鶏たまご」。
生産者さんもおすすめのたまごかけごはんもお試ししてみました。

P1110906 (2)


つまんでも破れないくらい弾力のある卵黄。

P1110909 (2)


卵白も内側は盛り上がってプルンとしています。

P1110914 (2)


しっかり混ぜないほうがコントラストが楽しく、最後まで美味しく食べられると思います。

P1110915 (2)

一日一個は食べるのでこだわりたいと思う反面、毎日だからこそ贅沢をするのが難しいたまご…
「会津地鶏たまご」で美味しい体験をさせていただきました。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




コープの抽選商品で『辺銀食堂の石垣島ラー油』を購入することができました。

BlogPaint

価格は定価でもちろん送料かからず。
(こういう機会があるとコープをやめるのが惜しくなってしまいます…)

食べるラー油がブームになるはるか前から販売されていたこちらのラー油。
原材料を見ると自然由来のものだけで作られていていることがわかります。

BlogPaint

島唐辛子やピパーチという島胡椒が入っているのが特徴の唯一無二のラー油です。



まずはHPでも紹介されている卵かけごはんでお試ししてみました。

BlogPaint

さまざまな素材が沈殿しているので、まず上下を何度か返してよく混ぜます。
そして生卵を落としたごはんにひと回し。
塩分控えめなのでお醤油もひと回しして、青ねぎをパラパラ。


ザックリ混ぜていただきます。

BlogPaint

口の中は辛くないのに、頭皮がカッカする不思議な辛さ!
島胡椒の香りなのかとても爽やか。
上品なラー油です。

次は何にかけてみようか、貴重なので大事に味わいたいと思います。



にほんブログ村


↑このページのトップヘ