kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:卵


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


今月は「会津地鶏」と、「会津地鶏たまご」もいただきました。

P1110827 (2)


ピンクがかった薄い茶色で殻は硬めです。

P1110828 (2)

通常の鶏の倍の110~120日かけて飼育される会津地鶏。
卵も半分程度の頻度でしか産まないため、卵本来のコクが凝縮されているとのことです。


なるべく手を加えずシンプルに味わうべく、エッグトーストとたまごかけごはんでいただきました。

P1110850 (2)

シンプルな目玉焼きは、濃厚な黄身と柔らかい白身の両方が楽しめます。


■材料(1人分)

・食パン(4または5枚切り)
・マヨネーズ 小さじ1~2(お好みで)
・会津地鶏たまご 1こ
・塩 少々
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

*固ゆで目玉焼きバージョン
1.食パンにマヨネーズを塗り、トースターで表面がこんがりとするまで焼く。
2.並行してフライパンで会津地鶏たまごの目玉焼きを作る。
3.1に2を乗せ、塩、ホワイトペッパーをふる。

*半熟バージョン
1.食パンの淵ギリギリのところにマヨネーズを土手になるように塗る。
2.会津地鶏たまごを割り入れ、トースターで表面が固まるまで焼く。
3.塩、ホワイトペッパーをふる。


今回は生のたまごを割り入れてトースターで焼く方法で作りました。
たまごが固まるのを待っているとトーストが焦げてしまうので厚切り食パンを使っています。

P1110851 (2)


とろとろの黄身を崩しながら食べるのも良し、少し固まった柔らかい黄身を味わうのも良し。
わたしはどちらかというと後者が好みです。

P1110852 (2)


くせやにおいがなく、旨みの濃い「会津地鶏たまご」。
生産者さんもおすすめのたまごかけごはんもお試ししてみました。

P1110906 (2)


つまんでも破れないくらい弾力のある卵黄。

P1110909 (2)


卵白も内側は盛り上がってプルンとしています。

P1110914 (2)


しっかり混ぜないほうがコントラストが楽しく、最後まで美味しく食べられると思います。

P1110915 (2)

一日一個は食べるのでこだわりたいと思う反面、毎日だからこそ贅沢をするのが難しいたまご…
「会津地鶏たまご」で美味しい体験をさせていただきました。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




「ネクストフーディスト」の活動です。

『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
というテーマで野菜を使ったおかずを考案しています。


今回は新城市作手の奥三河ほうれんそう。

BlogPaint


えぐみがなく甘みと肉厚な葉が特長ということなので、
まずは下茹ではせずに生のままバターで炒めてオムレツに入れてみました。
朝食のおかずにぴったりの簡単な一品です。

BlogPaint

■材料(2人分)

・ほうれんそう 3把
・卵 3こ
・牛乳 大さじ1
・塩 小さじ1/8
・ホワイトペッパー 少々
・シュレッドチーズ 20g
・バター 10g

■作り方

1.ほうれんそうは洗って5cmの長さに切り、バター5gを熱したフライパンで20秒ほど炒めて取り出す。
2.卵は割りほぐし、牛乳、塩、ホワイトペッパーを加えて混ぜ合わせる。
3.1のフライパンに残りのバター5gを熱し、2を流し入れる。
4.大きくかき混ぜてふちが固まってきたら、1、シュレッドチーズを広げて折り畳み、形を整える。


技術的な問題で表面がちょっとよれてしまいましたが、完成!

BlogPaint 


シンプルな味付けなのでほうれんそうの甘みが味わえます。
 
BlogPaint


サッと炒めただけなのに、ほうれんそう特有のえぐみは全くありません!
葉物が得意でない娘も完食しました。

BlogPaint


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

「ネクストフーディスト」の活動です。
「三方原馬鈴薯」のホクホク感を生かしたレシピをご紹介しています。

これまでは大きく切って形を生かす調理法にこだわってきましたが、
今回は拍子木切りにしてオムレツにin!

BlogPaint


大きめのものを皮つきのままたっぷり混ぜ込みました。

BlogPaint


■材料(直径20cmのフライパン1台分)

・三方原馬鈴薯 2こ(450g)
・新玉ねぎ 1/2こ
・卵 4こ
・シュレッドチーズ 50g

・塩 小さじ1/2
・ホワイトペッパー 少々
・ナツメグ 少々
・オリーブオイル 小さじ2

■作り方

1.三方原馬鈴薯はよく洗って皮付きのまま拍子木切りにし、水にさらす。
2.新玉ねぎは薄切りにし、卵は塩小さじ1/4を加えて溶きほぐす。
3.フライパンにオリーブオイル小さじ1を温め、水気を切った三方原馬鈴薯を中火で焼き色がつくまで炒める。
4.柔らかくなってきたら新玉ねぎ、塩小さじ1/4、ホワイトペッパー、ナツメグを加え、新玉ねぎがしんなりしたら取り出す。
5.卵を溶いたボウルに4を加えて混ぜる。
6.20cmフライパンにオリーブオイル小さじ1を温め、5を一気に流し入れる。
7.シュレッドチーズを広げて蓋をし、弱火で表面が固まるまで焼き、ひっくり返して裏面も2分ほど焼く。


カンタン酢に浸けたししゃものマリネと共にワンプレートに。

BlogPaint

スパニッシュオムレツというとソーセージやベーコン、トマトなど、具沢山にしたくなりますが
今回はじゃがいもが主役だということを意識して極力シンプルに!
ハーブもあえて入れずにホワイトペッパーとナツメグだけにしました。
じゃがいもの食べごたえ十分なオムレツです。


お味噌汁は最近はすっかり娘の担当に。
切るのが豆腐だけでOKの豆腐となめこのお味噌汁が一番簡単です。
(ワカメなどはまだ切りにくい…)

BlogPaint

『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト

久しぶりにスパゲッティ・カルボナーラの晩ごはん。

BlogPaint

わが家のカルボナーラは紆余曲折を経て(というほどたいそうなものではありませんが…)
生クリーム不使用、卵黄と粉チーズと牛乳で作るようにしています。
本式は卵黄とチーズのみだそうですが、卵黄をたくさん使うのは気が引けるので
その分の水分を牛乳に助けてもらっています。

レシピを。


■材料(2人分)

・スパゲッティ 180g
・卵黄 2こ分
・牛乳 100ml
・粉チーズ 大さじ4
・塩 小さじ1/3
・ベーコン 60g
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 小さじ2

■作り方

1.フライパンにオリーブオイル、薄切りにしたにんにく、1cm幅に切ったベーコンを入れて火にかける。
2.にんにくが色付きベーコンのふちがカリっとしたら、牛乳、粉チーズ、塩を加えてひと混ぜし、沸々したら火を止める。
3.スパゲッティを表示通りに茹で始める。
4.茹で上がったスパゲッティをすぐに2のフライパンに移し、卵黄を加えてよく混ぜ合わせる。
5.皿に盛り付けてブラックペッパーをふる。


細かいこだわりとしては…
チーズはお安い粉チーズを使うため、なじませるためにも少し火を通しておきたいです。
そしてとろーりちょうど良い濃度にすべく、最後はスパゲッティの余熱だけで仕上げます。
卵黄にうまく火が入れば成功!
牛乳&チーズが熱いところに合わせるとポロポロしてしまうし、
スパゲッティをざるに上げてよく水気を切って…と、ここでもたつくとシャパシャパに。
とにかく余熱がポイントです!


さて、卵黄を使って卵白はどうするかというと、いつもスープに入れています。

BlogPaint

カルボナーラはにんにくとベーコンだけのシンプルなものが好きなので
その分スープには野菜をふんだんに使います。
この日は玉ねぎ、人参、かぼちゃ、キャベツ、ブロッコリー、ミニトマトのコンソメ。
ベーコンを焼いたりパスタを茹でたりしている横にストウブを置き、ひたすら静かにコトコト。
最後に白身を落としてポーチドエッグ風に。


家族4人分、卵3こでカルボナーラとスープができました。
(上記の材料の1.5倍で作っています。)

BlogPaint


スパゲッティと聞くやいなや当然のように「納豆スパゲッにして!!」と主張する息子。
この日は申し訳ないけれどスルーして、ほぼ初めてのカルボナーラに挑戦させました。
「たまごのスパゲッティだよ~」と言ってすすめてみたら…
何も野菜が入っていないことを確認して安堵し、おそるおそる一口。
その後は何も言わなくてもテンポよく完食しました!

クリーム系が苦手な息子には無理かなと思っていたので、新たな発見です。
二人ともOKなのはボンゴレビアンコかたらこスパくらいしかなかったところに
めでたくカルボナーラが加わりました!


食べる機会が少なかったせいかずっと苦手料理の一つだった親子丼。
少ない食材で作れるので、できるなら自信を持ってレパートリーに加えたい!
と決意してから何度か試行錯誤を重ね、数年前にようやく納得いく出来になりました。
それでも一年に1回か2回くらいしか食卓にのぼりません。

レシピは残してあったので覚え書きでこちらにも記録しておきます。

BlogPaint

■材料(2人分)

・鶏もも肉 200g
・玉ねぎ 中1/3こ
・卵 2こ

【A】(下味)
・酒 大さじ1
・醤油 小さじ1

【B】(割下)
・鰹昆布だし 80ml
・みりん 大さじ3
・醤油 大さじ3
・砂糖 大さじ1

・ご飯 
・三つ葉

■作り方

1.鶏肉は小さめのそぎ切りにし、【A】をもみ込む。
2.玉ねぎは薄切りにし、三つ葉は刻む。
3.小さめのフライパンに【B】の半量、玉ねぎと鶏肉の半量を入れて中火にかける。
4.鶏肉を返しながら火が通るまで2分ほど煮る。
5.卵(一人分につき1こ)を軽く溶いて回し入れ、卵が好みの固さになるまでフライパンを揺すりながら火を通す。
6.温かいご飯に乗せ、三つ葉を添える。

大人2人子ども(幼児)2人のわが家では鶏肉300gに卵3こで、割下はほぼ倍量。
大人3人分を目安に作っています。


娘は久しぶりすぎて親子丼を忘れてしまい、「これなあに?」と言っていましたが、
「毎日食べたいくらい!」と絶賛してペロリと完食しました。

一方、息子は予想通り×。
割下がしみたごはんだけなら食べさせればなんとか食べるものの、
鶏肉と卵と玉ねぎが混ざっているのが嫌なのか、頑なに口を開かず。
(食べてもあからさまにえづく!)
食に関してはつくづく難しい子です。





↑このページのトップヘ