kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:保存容器

冷蔵庫内の収納見直しの一つとして、ホーロー容器を購入しました。

P1030722


富士ホーロー バターケース ホワイト 200g用
 
P1030682

においが移りにくいホーロー製。
二重パッキンとバルブでしっかり密閉できるところがポイントです。


バターはこれまで箱のまま保管していました。
切る手間や洗う手間を考えるとケースに移すことができなかったのですが、
やっぱりそのつど箱から出すのは面倒で…
変色や劣化を防ぐためにも紙に包んだままケースに入れることで採用を決めました。

s_P1030724


手間でもこうして10gずつにしておけば、のちのち使いやすいです。

P1030684


富士ホーロー 保存容器 角型 みそポット 密閉フタ

P1030715


同じメーカーさんの味噌用のホーロー容器です。
(野田琺瑯よりお安いです。)

P1030714


もう十数年変わらないわが家の味噌。

P1030716


こちらももちろんケースごとin。

P1030717


まだ改善途中の冷蔵庫の様子。

P1030720

一番下の段を常備菜や鍋ごと一時保存するスペースにしている以外は流動的。
調味料以外は常備すると決めているものが少ないので(納豆や豆腐もないときはない!)
あまり細かく位置を決めないほうが合っているのかもしれません。


保存容器を新しくしました。

BlogPaint

「iwaki耐熱ガラス食器パック&レンジシステムセット」。
Amazonでは保存容器カテゴリでベストセラー1位の商品です!
電子レンジだけでなくオーブンもOKなんて、心強い。

200ml×4、500ml×2、1200ml×1の7点セットになっています。

BlogPaint

今あるグラタン皿はこちらの1200mlに交代予定。
お肉を漬けこんだり、マリネ液に浸したり、バットとしても使えます。
こういうとき蓋付きのものは便利。
細長い500mlはミートローフやパウンドケーキも焼けそうです。


これまで使っていたものは内祝いでいただいたボウル型の耐熱の陶器でした。
密封の蓋が付いていて、色もさまざま。
「青に入れた」なんていうのはわたしにとっては短期記憶なので、
冷蔵庫を閉めたら忘れてしまいます。

s_P1310372

中身が見えないので、冷蔵庫の奥から「これなんだっけ?」というものを発見し、
怖々開けて、ギャー!…という事態もたびたび。
食材の管理に見える化は大事です。


さっそく入れてみたのは、コーン、洗って水気を切った余りものの葉野菜、
刻んで熱湯をかけて下ごしらえした油揚げ。
(冷蔵庫から出してきたので曇っています。)

s_P1310368

嬉しくてスタッキングしてみる。

s_P1310371

ごはんや野菜、きのこ類の冷凍にはジップロックのタッパーを使用しているので、
こちらは主に冷蔵庫での保存専用にする予定です。

BlogPaint

形が揃っているセットなので省スペース。
IKEAの分別ボックスに入れてみたらちょうどよく、収納にはやっぱり角型だなぁと思いました。

BlogPaint

シンク下収納の2段目はこんな感じです。

BlogPaint

左から、水筒、計量カップ、電子レンジ用蒸し器、フープロ&ブレンダーセット、
息子のお弁当グッズ、保存容器、バット、網・まな板、ボウル、ざる、サラダスピナー。

1段目は包丁入れになっていて、3段目は半分が薬収納のスペース。
残り半分には鍋敷き、温泉玉子を作る箱、瓶、行楽用お弁当箱などで、カオス状態!
なんとかしたいゾーンの一つとなっています。


話が収納に脱線してしまいましたが…

一度では食べきれない福神漬けを200mlに入れて冷蔵庫で一晩保存し、
翌日残ったカレーでランチ。

BlogPaint

適度な厚みのおかげか、蓋を取ってしまえばこのままトレーに乗せても違和感なし。
優秀なガラス食器です。




↑このページのトップヘ