kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:人参

「なますはなくてもいいか」と一度は候補から外れた紅白なます。
いろいろ作っていくうちに味のバランスを考えて酸味のきいた箸休めがあってもいいな、
柚子の果汁を無駄にしないチャンスかも!ということで、ラインナップに入りました。

写真の通り、カルティオボウルに一杯分の食べ切りレシピです。

P1120583 (2)

普通の人参よりも赤い「御前人参」を使っています。


■材料(作りやすい分量)

・大根 250g
・人参 50g
・柚子の皮の千切り 適量

【A】
・塩 小さじ2/3
・酢 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・柚子の果汁 大さじ1

■作り方

1.大根、人参を千切りにする。

2.ボウルに入れて塩を揉みこみ、重石をして15分ほど置く。

3.水気をよくしぼり、混ぜ合わせた【A】、柚子の皮を加えてあえる。


柚子の爽やかな香りと清涼感、パリパリとした食感が楽しめます。

P1120586 (2)


しょっぱいか甘いかに偏りがちなおせち料理の中で、実はありがたい一品なのかもしれません。

P1120584 (2)

銘々に盛り付けていくらを乗せれば子どもたちも箸が伸びるはずです。


『向田邦子の手料理』を参考にして「にんじんご飯」を作りました。

BlogPaint


■材料(2合分)

・米 2合
・人参 小1本
・油揚げ 1枚

【A】
・だし(鰹と昆布) 100ml
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1と1/2
・砂糖 小さじ1

・だし 300~350ml

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
2.人参は千切りに、油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをしてから千切りにする。
3.【A】を鍋に入れて火にかけ、煮立ったら人参と油揚げを加えて2分ほど煮て冷ます。
4.炊飯器に米と3を入れ、2合の目盛までだしを足す。
5.普通モードで炊き、炊き上がったらざっくり混ぜる。


いつもよりシンプルな炊き込みごはんですが、シンプルゆえの美味しさもあり。
子どもたちも気に入って良い食べっぷりでした。

BlogPaint


向田邦子さんの随筆にはお料理がたくさん出てきます。
何度となく読んでいるうちに料理本も愛読書となりました。

P1020780

P1020779


簡単で家庭的な和食から、昭和のレトロな洋食まで幅広く紹介されています。
有名なものはトマトの青じそサラダやワカメの炒めものなど。
常備菜にもよさそうなレシピが満載です!


給食試食会での人気のサラダを参考に、
湯通しした野菜であえものを作ってみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・キャベツ 2枚
・もやし 1/2袋
・人参 1/2本
・小松菜 2把
・コーン 大さじ3

【A】
・すりごま 大さじ2
・醤油 大さじ2
・酢 小さじ2
・砂糖 小さじ2
・ごま油 大さじ1

■作り方

1.キャベツは小さめにちぎり、もやしはひげ根を取る。人参は薄切り、小松菜は食べやすい長さに切る。
2.鍋に湯を沸かし、塩ひとつまみを加え、1の野菜、コーンを1分ほど湯通しする。
3.ざるに上げて粗熱を取り、サラダスピナーか布巾でしっかり水気を切る。
4.食べるときに混ぜ合わせた【A】を加えてあえる。


しっかり水気を切って食べる直前にドレッシングであえます。
いろいろな野菜で応用できるし、もちろんドレッシングは市販のものでもOKです。


この日の晩ごはんは、

BlogPaint

小田原で購入した鈴廣さんの揚げかまぼこに、
同じく給食メニューを真似たなすと厚揚げと玉ねぎのお味噌汁でした。





娘の小学校の給食試食会に行ってきました。

自校式でおいしいと評判の給食。
ルウを使わない完全手作りのカレーライスがメインの献立でした。
(食器は重めの強化磁器製です。)

s_IMG_1796 -

・ポークカレーライス
・オニオンドレッシングのサラダ
・キャロットケーキ
・牛乳(200ml)

一番人気のメニューは毎年「ジャンボ餃子」だそうです。
試食会は食器や準備の関係で、不在の学年があるときに実施されます。
今年は6年生が修学旅行で不在だったので、最後のジャンボ餃子の機会を奪ってはいけない!
ということで、カレーライスにした…という経緯がありました。
(ほっこりエピソード…)

s_IMG_1797 -

カレーは5種類のスパイスやフルーツチャツネを使った本格派!
鶏ガラとベーコンでだしを取っているそうです。
手元にレシピがあるのですが再現するにはハードルが高い…

副菜のサラダはみんなよく食べるというので(娘もよくお代わりしている様子)
何が違うのか不思議に思っていたら、生野菜ではなくサッと茹でてから和えていました。
くたっとして確かに食べやすいし、ドレッシングの絡みも良かったです。
かさが減る分、量はたくさん摂れるし生よりも安心だし、いいアイディアだと思いました。


今回せっかくレシピをいただいたので、キャロットケーキを作ってみました。

BlogPaint

■材料(20cmのパウンド型1台分)

【A】
・薄力粉 170g
・ベーキングパウダー 小さじ2
・シナモン 少々

・無塩バター 30g (室温に戻す)
・砂糖 60g 
・卵 Mサイズ2こ (室温に戻す)
・サラダ油 大さじ2
・人参のすりおろし 60g
・オレンジジュース 80ml
・牛乳 60ml

添付資料でいただいたレシピは全てグラム表記でしたが、わかりやすいように直してあります。

【変更点】
・三温糖 90g → 上白糖60g
・バター 15g → 30g
・サラダ油 大さじ2 →大さじ1


■作り方

1.【A】を合わせてふるう。
2.バター砂糖を加えてすりまぜ、卵を少しずつ加えて混ぜる。
3.サラダ油、人参のすりおろし、オレンジジュース、牛乳を加えて混ぜる。
4.1の粉類を3回くらいに分けて練らないように混ぜ合わせる。
5.オーブンシートを敷いた型に流し、180℃のオーブンで30分ほど焼く。
※マフィン型などで小分けで焼く場合は様子を見ながら15~20分。
6.型から出し、オーブンシートを外して冷ます。お好みで冷めてから粉砂糖をふりかける。


BlogPaint

いかにもホームメイドらしい優しい味で、フワフワな食感です。
火は通っているけれど、ちょっと焼きが足りなかったような気も。
簡単なのでまた焼いてみようと思います。
人参の代わりにバナナでもおいしくできそうです。




今週の常備菜です。

BlogPaint

・切干大根の煮物
・ミニトマトのレモンマリネ
・豚ロース肉の味噌漬け


切干大根と人参と油揚げの煮物。

BlogPaint

いりこだし、みりん、酒、醤油で煮ました。
醤油を後半で加える以外は基本ストウブでコトコトほったらかしです。


ミニトマトのマリネ。

BlogPaint

トマトを湯剥きして、レモン汁、オリーブオイル、砂糖、塩を混ぜたマリネ液に漬けています。


豚ロース肉の味噌漬け。

BlogPaint

筋切り、塩こしょうをし、味噌だれを塗って保存。
時間がおいしくしてくれる上に、あとは焼くだけなので漬けておくと楽です。
(レシピはのちほど)




↑このページのトップヘ