突然ですが、ロシアの「文化」が好きです。

BlogPaint

ロシア語の響き、マトリョーシカ、もの悲しいロシア民謡(トロイカとかペチカとか)、
ロシア語通訳者の米原万里さんと、その著書も好き。
そしてロシア料理!
新婚旅行先の候補に挙げたくらい昔から好きでしたが、未だ旅行は実現していません。

新宿で働いている頃に通っていたロシア料理店ではお目にかからなかった「ヨージキ」という料理は
ソチオリンピックをきっかけに個人的にロシア料理ブームが到来したときに(単純!)
あれこれ調べて作ったうちの一つです。

BlogPaint

今回はストウブブレイザーで作ってみたので覚え書きを。


■材料(3~4人分)

【ミートボールの材料】
・合挽き肉 300g
・塩 小さじ1/3
・こしょう 少々
・ナツメグ 少々
・米 0.5合(約大さじ4)
・玉ねぎ 小1/2こ
・牛乳 大さじ1

【トマトシチューの材料】
●玉ねぎ 小1/2こ
●にんじん 1/3本
●キャベツ 2~3枚  ●野菜は合わせて150g程度
・ホールトマト 1缶
・オリーブオイル 小さじ1
・ベジブロス(または水) 200ml
・ローリエ 1枚
・塩 小さじ1/2

・サワークリーム 適量
・パセリ

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水する。ミートボールの玉ねぎはみじん切りにして、レンジでしんなりするまで加熱して冷ましておく。
2.玉ねぎとにんじんは薄切り、キャベツはざく切りにする。
3.ストウブにオリーブオイルを温めて2の野菜を炒める。しんなりしたらホールトマトを加えてさらに炒め、蓋をして弱火で15分煮込む。
4.合挽き肉に塩、こしょう、ナツメグを加えて手早く捏ねる。粘りが出たら水気をよく切った米、玉ねぎ、牛乳を加えてさらに混ぜる。
5.3にベジブロス、ローリエ、塩を加える。煮立ったら4のタネをひと口大にまとめ、空気を抜きながらボール状に丸めて鍋に入れていく。全部入れたら最初に入れたものから順に上下を返し、蓋をして弱火で15分煮込む。
6.皿に盛りつけ、サワークリームを乗せてパセリを散らす。


ロシア料理には欠かせないサワークリームも添えてみました。
クリーミーだけどさっぱり!全体をまとめてくれます。

BlogPaint


お米が入っているので、主食はごはんではなく焼いたばかりのコーンブレッドにしました。

BlogPaint

付け合わせはピコ・ココットで、いつものじゃがいもとパプリカの蒸し焼きに。

BlogPaint

お米の食感が楽しいトマト煮込みハンバーグでした。

ちなみに、聞き慣れない「ヨージキ」という名前はロシア語では「ハリネズミ」。
煮込むと混ぜ込んでいたお米に火が通って膨らみ、
外側にツンツンと飛び出して見た目がハリネズミのようになることから名付けられたそうです。
なんて可愛いんだろう!