kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ミニトマト

ミニトマトの大容量パックが思ったより大容量で…
生のままではとても消費できない!と、慌ててドライトマトにしました。

BlogPaint



天日に干す、電子レンジにかける、オーブンで焼くなどいくつか方法がありますが、
今回はオーブンで水分を飛ばしました。

BlogPaint

■材料

・ミニトマト 30こ
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 適量

■作り方

1.ミニトマトは洗って水けをふき、半分に切る。
2.天板にアルミホイルを敷き、1を断面を上にして並べる。
3.140℃に予熱したオーブンで60分焼く。
4.20分と40分経ったところで扉を開け、キッチンペーパーで表面の水分を軽く押さえる。
5.冷ましてから消毒した瓶に入れ、スライスしたにんにくを加え、オリーブオイルをトマトが隠れるまで注ぐ。

BlogPaint


冷蔵庫に入れるとオイルが白く固まって見た目がよくないのですが
今の時期は念のため冷蔵保存しています。
(溶ける⇔固まるを繰り返すと劣化が進むらしいので必要な分だけ取ってすぐに冷蔵庫へ)

BlogPaint


密封瓶はダイソーで購入しました。

BlogPaint


ドライトマトを使った簡単料理。
鯖の水煮缶+ドライトマト+チーズ+ブラックペッパー。
レンジで軽く温めたあとトースターへ。

BlogPaint


ベーコン+ドライトマト+スナップエンドウ+スパゲッティ。
にんにく入りのオイルがそのままソースに使えて便利です。

BlogPaint

甘みが凝縮されてフレッシュトマトとはまた違った美味しさです。


先日お友達から手作りのミニトマトのマリネをいただきました。
オレガノが利いていて甘くて美味しいマリネ!
こちらを丸ごとソースに使わせてもらってパスタにアレンジしました。

BlogPaint

にんにくをオリーブオイルでじわじわさせたところにマリネを加え、とろりとするまで炒めます。
ちょうどオリーブオイルで焼いてストックしていたナスがあったので、
茹で上がったパスタ(1.5mm)と一緒に炒め合わせ、最後にモッツァレラチーズをプラス。
味付けはマリネにおまかせでパスタを茹でる塩分以外は何も加えていません。


大人二人分のランチに。

BlogPaint

トマトソースよりも手軽で生のトマトよりも濃厚!
満足の一皿になりました。


今週の常備菜です。

BlogPaint

・切干大根の煮物
・ミニトマトのレモンマリネ
・豚ロース肉の味噌漬け


切干大根と人参と油揚げの煮物。

BlogPaint

いりこだし、みりん、酒、醤油で煮ました。
醤油を後半で加える以外は基本ストウブでコトコトほったらかしです。


ミニトマトのマリネ。

BlogPaint

トマトを湯剥きして、レモン汁、オリーブオイル、砂糖、塩を混ぜたマリネ液に漬けています。


豚ロース肉の味噌漬け。

BlogPaint

筋切り、塩こしょうをし、味噌だれを塗って保存。
時間がおいしくしてくれる上に、あとは焼くだけなので漬けておくと楽です。
(レシピはのちほど)




春菊のジェノベーゼ風ペーストで二品作ってみました。

まずはトーストです。
と言っても、バケットに春菊のペーストを塗り、モッツァレラチーズを乗せて焼いただけ。

BlogPaint

にんにくも入っているので、ひと味違ったガーリックトーストという感じ。
塩気のないモッツァレラを使うところがポイントです。

BlogPaint

朝食にアイスコーヒーと共に。



もう一品はパスタと合わせてみました。

BlogPaint


パスタ(1.6mmスパゲッティ使用)を表示より短めに茹でてフライパンに移し、
茹で汁をお玉1杯分、ミニトマトを4つに切ったもの、春菊ペーストを加えて炒めます。
そのうちに水分が飛び、トマトにも火が通ってよく絡むようになったらできあがりです。

単調になりがちなジェノベーゼも、トマトの酸味と甘みでさっぱり食べられます。

BlogPaint

前日にストウブ鍋で作りすぎてしまったクリームシチューと共に。


実はオムレツに混ぜてみたりもしたのですが、色が…
味はよかったけれどくすんだ黄緑色になってしまい、これはナシ!ということになりました。




帰省した日の夜。
茨城県と福島県に展開するシーフードレストランチェーン「メヒコ」でテイクアウトをしました。
(都内には足立区役所店と浅草店があるようです。)


レストランなのにフラミンゴ館…初めて見ると不思議なこの対比。

s_P1280691


HPを見てみると、会社概要にはこのような記載が。
(↓抜粋はしていますが省略なしの一文です。)

「食を通して健康を考える」を基本コンセプトとし (うんうん、そういう側面を担うっていいことですよね)
ジャングルを切り取ってきたようなフラミンゴ館など (ジャングル???)
非日常的時間と空間の創造を提供しております。 (健康を考える基本コンセプトはどこ行った~??)


こちらがその非日常的空間。

s_P1280689 (2)

フラミンゴを眺めながらお食事ができます。


予約していたものを受け取ってお会計をするわずかな時間に
娘とわたしはフラミンゴに釘付け。
「どうしてフラミンゴがいるの~?」と聞かれても、何と答えたらいいのやら。

この日はクリスマスで、夕方5時にも関わらず店内のフラミンゴがよく見える席は埋まっていて
空いているところも予約席になっていました!


看板メニューはこちらのズワイガニのカニピラフです。

BlogPaint


殻付き(レギュラーサイズ)とむき身(ラージサイズ)。
どちらを選んでもサイズが同じならお値段は同じです。
殻付きのほうも身がたっぷり詰まっていて、冷めてもおいしいピラフでした。


車で帰省して到着は夕方遅くなってしまったので、
ピラフをメインにして、あとはスープとサラダを。

BlogPaint
カラフルトマト・カリフラワー・レタス


立ち寄ったスーパーでミニトマトバイキングをしていて
カラフルなトマトがパックに詰め放題でした。

s_P1280693

娘は大喜び!

BlogPaint

かごには入れず、大事に抱えて離しません。

BlogPaint

こんなにたくさん入って398円でした。

BlogPaint

数えなかったけれど30個くらいあったかな。
味は赤とオレンジが甘くて、緑は一番トマトらしい香りでした。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑このページのトップヘ