kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:マグカップ

久しぶりの器カテゴリです。

先日、マグカップを購入しました。
ロールストランド×ティオグルッペンのコラボ商品です。

P1030864

スウェーデンのテキスタイルブランド「ティオグルッペン」。
若手テキスタイルデザイナーが10人集まって1970年に創立され、その名がついたそうです。
…が、全く存じ上げない上に、すでに数年前に活動は終了。
一部の通販サイトでこちらのマグカップはまだ販売されています。


遊び心のある大胆でどこか懐かしい絵柄。

P1030865


汎用性の高い持ち手なしのフリーカップがマイブームです。

P1030866


食器棚の一番上のいわば特等席と言えるところに仲間入りしました。

P1030867


特等席と言いつつ必ずしも使用頻度が高いわけでなく…
自己満足ゾーンとして贅沢な使い方になっています。

P1030868


毎日使うティーマのマグはプレートと共に朝食用食器ゾーンに。

s_P1040066

いつまでもベストな収納場所が決まらない、少々迷走中の食器棚です。


KEYUCAでマグカップを購入しました。

BlogPaint


ティーマ…??

BlogPaint

真ん中のレッドはわたしが愛用中のティーマのマグカップ。
(お気に入りすぎて2つ買って1つストックするほど!)
左が娘が選んだライトグリーン、右が息子が選んだネイビーブルーです。

持ち手の形が違うだけで、大きさ、容量、形はほぼ同じと言っていいかも。
重さはティーマのほうが10gほど重いです。
子どもたちが帰宅した夫に「お父さん見て見て~買ってもらった~!」と喜んで見せたら、
お高いティーマを子どもに買い与えたと思った夫は「え…?割らない?」と一言。
「500円なんだよー!」と教えたら、「そうなんだ!」と驚いたのち安堵していました。


元々ラインナップされていた大人カラーのマグカップ。
(※画像はKEYUCAさんのオンラインショップからお借りしています)

s1100419

新色はこんなに可愛い!

s1100423

特にイエローとグリーンはティーマの希少な廃盤品のよう!


試しにティーマのセラドングリーンのプレートと並べて色の比較をしてみました。

BlogPaint

かなりいい感じなのでは??
単体でよーく見ると、わずかな色ムラに気付いたり、発色が…と思うところもあれど、
約500円でこのデザインとクオリティは素晴らしい!


そんなわけでわが家のマイカラーのマグはこのようになりました。
ちなみに息子にはライトブルーを勧めたのですが、「あお!」と譲りませんでした。
(夫のだけひと回り大きい400mlです)

BlogPaint

子ども用のカップはペアでいくつかあるにはあるのですが
カップスープなど中身によっては足りなかったり、なみなみついでこぼすことも。
熱いものが冷めにくいということもあって、少し大きいサイズがほしかったのです。

ティーマ至上主義だけど子どもにはまだ早い…(夫の反応がそれを物語っている)
と思っていたところに、素敵な商品を見つけました!

通常590円ですがただいまセール中で495円(共に税抜き)となっています。


ゆっくりできる休日の朝ごはんに、ストウブでコーンポタージュを作りました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・クリームコーン 1缶(425g)
・玉ねぎ 中1/2こ
・牛乳 400ml

・バター 10g
・固形スープの素 1こ(約5g)
・ローリエ 1枚
・塩 小さじ1/3
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.玉ねぎをみじん切りにし、バターを溶かした鍋で弱火で炒める。
2.クリームコーン、ローリエを加え、弱火のまま蓋をして5分煮る。
3.コンソメを崩しながら加え、溶けたら牛乳を加えて温める。
4.塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。


クリームコーンには色々ありますが、クリームと粒のバランスのいいものを使っています。
粒がほとんどないなめらかな状態の場合はホールを足して食感をプラスします。

BlogPaint


ストウブ越しの夫のティーマのマグカップがいい!と思って、たまらず一枚!

BlogPaint

存在感のすごい400mlのブラック。
惚れ惚れするあまり、飲みかけで置いてあってもイラッとしないという不思議!
(茶渋が気にならないからという説もあり。)




ティーマのマグカップを買いました。

BlogPaint

もう使いやすさは言うまでもなく…

scopeさんより引用させてもらいます↓

結局何の変哲もない普通。
これがTeemaマグなんです。
ただこれが単なる普通ではなく、
サイズ、厚み、容量、重さ、持ち心地、丈夫さ
そのすべてが奇跡的なバランスでまとまった
究極の普通。偉大なるマンネリマグ。
マグ界のタモリと呼びたいくらい。

マグ界のタモリ!


わたしはどうしてもレッド(限定カラー)かテラコッタ(すでに廃盤…)がほしかったので
オークションで探してレッドを入手しました。
容量は300mlです。

BlogPaint


夫はとにかく量を飲むので迷わず400mlに。
ただでさえ大きいのに、ブラックなので存在感がすごい!

BlogPaint

こちらの400mlについてもscopeさんのサイトにて詳しく紹介されています。
iittala / Teema マグ400ml


出番の多いティーマホワイト17cmと並べてみました。

BlogPaint


あぁ…わたしのレッドが引き立つなぁ。(自己満足)

BlogPaint

時期的にアイスコーヒーと麦茶ばかり飲んでいて
買うタイミングを間違えたというか今じゃない感がありますが
秋が深まった頃にこの深いレッドとブラックが湯気を立ててテーブルに並ぶ様を想像すると
なかなかいい感じなのでは?と思います。

夫は暑かろうがなんだろうが、朝晩熱いコーヒーをガンガン飲んでいます。




↑このページのトップヘ