kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ボーソー米油部

「ボーソー米油部」の活動もいよいよ最終回となりました。
最後は米油の良さが最大限発揮される揚げもののレシピで締めたいと思います。

P1060734


鶏のから揚げならぬ、大豆たんぱくのから揚げです。
…といっても作り方はほぼ同じ。
鶏肉より火の通りが良いので二度揚げの必要がなく、揚げ上がりの見極めも楽です。

P1110657


■材料(4人分)

・大豆たんぱく 94g(47g入り×2p)

【A】
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ2
・砂糖 小さじ1/2
・すりおろしにんにく 1/2かけ分

・片栗粉 大さじ4~5
・ボーソー米油 200ml前後

■作り方

1.大豆たんぱくはかぶるくらいの水に30分つけ、水気をしっかりしぼる。
2.ボウルに1、【A】を入れて揉み込み、15分ほど置く。
3.米油を中温に熱し、2とは別のボウルに入れた片栗粉に一つずつまぶして時間を置かずにすぐに揚げる。
4.菜箸に衣がつかないくらいにカラッとしてきたら上下を返し、水分が蒸発する音が小さくなったら取り出して油を切る。


見た目は鶏のから揚げに似ています!
米油のおかげでサクッと軽やかで、大豆たんぱく特有の弾力もあり、
単なる代用食品ではなく満足の美味しさです。

P1110658


鶏肉のときは生姜で下味をつけますが、大豆たんぱくのときはにんにくのほうがおすすめです。

P1110661

ハードルの高い揚げものも、米油なら負担が軽減するように思います。
例えば調理中は油の嫌なにおいがせず、揚げたあとも油のキレが良いことが実感できます。
そして、食べれば米ぬか由来の香ばしい風味としつこくない後味に驚くはずです。


さて、一年間さまざまなテーマで米油を使ったお料理をしてきましたが、
揚げもの、炒めものだけでなく、火を通さないドレッシングやマリネ、お菓子作りにも適していて、
本当に万能な油でした。
モニターをさせていただいてリピートするようになった商品はいろいろありますが、
このボーソー米油も今となってはわが家には欠かせない食材の一つ。
今後もメインの油として使っていくつもりです。
(ミニボトルを販売しているお店が見つからないので、流通が広がると嬉しいです。)


そして最後に、こんなプレゼントをいただきました!

P1110447

「米油部」のスタイリッシュなロゴが映える、濃紺の落ち着いたカラーのエコバック。
シャカシャカしないなめらかな手触りの生地でできています。


ボーソー油脂株式会社さん、レシピブログさん、一年間ありがとうございました。



合言葉は「ボーソーこめあぶLOVE♪」

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ



「ボーソー米油部」の活動です。

P1080951


今月のテーマは粉もんということで、白玉粉で作るごま団子のレシピを。
こねたり丸めたりごまをまぶしたり…子どもと一緒に楽しくできます。

カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ



あんこは自家製。
娘に指示を出してストウブで小豆を煮てもらいました。

P1080958


レシピはこちら。
今回も砂糖は少なめの80%にしています。




■材料(約10こ分)

・白玉粉 100g
・砂糖 大さじ1
・水 90ml
・あんこ 50g
・煎りごま(または切りごま) 大さじ3~4
・ボーソー米油 大さじ2程度

■作り方

1.白玉粉に砂糖を混ぜ、水を少しずつ加えてなめらかになるまでこねる。
2.10~12等分に分け、あんこも生地に対して半量で同じ数に丸めておく。
3.生地を手のひらで平たくのばし、あんこを包んで丸め、煎りごまをまぶす。
4.たこ焼き鉄板をよく熱し、ボーソー米油(ミニボトル使用)を回し入れる。
5.3を穴に入れて転がしながら弱火で焼き、途中でもう一度米油を回し入れる。
6.だんごの表面がまんべんなく透明になるまで焼く。


ごまをまぶすのと、米油を足す工程は息子がやってくれました。

P1080949


100gの白玉粉で11この香ばしいお団子が完成。

P1080954


たこ焼きのときなど、回しかけてカリッとさせたいときにこちらのミニボトルは便利!
ボトルを押した分だけ細く出るのでまんべんなく行き渡らせることができます。

P1080955

油っこくならない米油で揚げなくても表面はカリッと、中はもっちり柔らかくできました。


「ボーソー米油部」の活動です。

娘の離乳食期によく作っていたオートミールを使ったスコーンです。
オイルはこれまでのサラダ油から米油に変更しました。

P1080695

シンプルな材料にこそ主張しない米油が合います。
そして時間が経っても油のしつこさを感じないところが最大の魅力です。


隙間に空気が入るせいか粉だけに比べるとホロッと軽めで、表面は雑穀の香ばしさでザクザク。
バナナとハチミツで優しい甘さです。

P1080693


■材料(8こ分)

・薄力粉 150g
・オートミール 100g
・ベーキングパウダー 小さじ2
・卵 1こ
・バナナ 2本
・牛乳 100ml
・ハチミツ 大さじ1  ※離乳食の場合はなしか砂糖使用
・ボーソー米油 大さじ2
・シナモン 少々
・バナナスライス(飾り用) 8枚

■作り方

(下準備)
・薄力粉をふるう
・バナナはフォークでつぶしておく

1.薄力粉、オートミール、ベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜ合わせる。
2.卵、バナナ、牛乳、ハチミツ、米油を加え、練らないようにさっくり混ぜ合わせる。
3.粉が消えたらオーブンシートを敷いた天板に8等分にして落とす。
4.スライスしたバナナを乗せ、180℃に予熱したオーブンで25分焼く。


P1080692


オーブンを予熱している間に混ぜて焼くだけなので、思い立ったらすぐできます。

P1080689


焼きたてを朝ごはんに。

P1080691

残りは粗熱を取ってラップに包んで冷凍保存。
食べるときはレンジで温め、さらにトースターで軽く焼くのがおすすめです。


カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ

↑このページのトップヘ