kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ホットサンド


幼稚園の息子のお弁当です。

P1120723 (2)

・ごはん(鮭ふりかけ)
・チキンカツ
・コンビーフオムレツ
・ブロッコリー
・ミニトマト
・金時豆


チキンカツは事前準備がお弁当にピッタリのあゆさんの画期的なレシピで。



フォークで穴を開けてそぎ切りにした鶏むね肉に、塩、こしょう、酒、マヨネーズを揉み込み、
朝はパン粉をつけて揚げるだけ。
柔らかくなって下味がつき、揚げればマヨネーズの酸味は飛ぶので味には影響しません。


量が少ないと言われたので、「これでどうだ!」と言わんばかりに
おかずもごはんも隙間なくしっかり詰めた6歳児にしてはボリューミーなお弁当。

P1120726 (2)

それでも「うーん、すぐ食べ終わっちゃった…」とのこと!
底なしの食欲です。
(まだ2段弁当箱は買わないぞ。)


同じお弁当箱に詰めた娘のダンス弁。

P1120730 (2)

もへじの「海藻とろっとスープ」とともに。


鶏むね肉1枚をチキンカツにするとお弁当二人分にしてもまだ余るので、
ホットサンドにして一人ランチ。

P1120728 (2)

8枚切り食パンにマヨネーズと粒マスタードを塗り、
山盛りの千切りキャベツ、ソースをかけたカツをサンドしました。


そぎ切りなので火の通りが早く、衣づけもパン粉だけでOKなので
忙しい朝にたくさん揚げるのも意外と苦になりません。
鶏むね肉1枚で2度美味しいチキンカツでした。




今週前半の冬休み中のお昼ごはんです。


お雑煮/きなこ餅/緑茶

P1120658 (2)

お餅が好きでお正月に限らず喜ぶ子どもたち。
実家でついてくれたお餅は早々に食べ切り、市販のお餅も2袋目に突入です。
この日はお雑煮を具だくさんにしてお雑煮1、きなこ餅2の合計3こで。


そば/ちくわ天/白菜と油揚げの白だし煮

P1120681 (2)

リクエストがあったおそば。
大晦日に天ぷら粉がなくなってそのままになっていたので、
溶き卵大さじ1に小麦粉と水を適当に足して衣を作り、フライパンで揚げ焼きにしました。
白だし煮は常備菜から。


ホットサンド2種/ハッシュドポテト/ミルクティー

P1120683

プレートは子どもにはあまり使わないロイヤルコペンハーゲンのホワイトフルーテッドなのですが、
一目見た息子が「ごうかなおさらだ!!」と興奮。
6歳にも良いものがわかる?!と嬉しくなったのでした。


ホットサンドは朝1つずつ作るとかなり時間がかかるので、本当はお昼がベストです。

P1120684

上はマヨネーズ+目玉焼き(塩・こしょう)+コンビーフ+キャベツ。
下はあんぽ柿ペースト+クリームチーズ+くるみ。
(あんぽ柿は「福島クッキングアンバサダー」でいただいたのでのちほど…)


緊急事態宣言とともに新学期がスタートとなってしまいました。
行事はこれまで以上に縮小、中止、リモート対応に。
子どもたちは特に文句も言わず慣れたものです。
自粛が長期にわたることで子どもたちの心にどんな影響が出てしまうのか…
どこでも言われていることですが、わが子に限らず心配です。




娘の遠足の日のお弁当です。

P1110895 (2)

・おにぎり(海苔塩むすび×2)
・エビフライ
・切り干し大根の煮もの
・玉子焼き
・きゅうり
・ミニトマト
・りんご(早生ふじ)

調味料でもスパイスでもなんでも興味津々の息子に対して、余計なことはしたくない娘。
おにぎりは具なしを希望。
エビフライもきゅうりも「何もかけないで!」と言われています。


見返してみたところ、リクエストにより遠足弁当といえばエビフライです。

11a9df05[1]269d973c[1]


ちゃんとしたお弁当の機会が年に一回程度なので、お弁当グッズも変化なし…

P1110893 (3)

今年は切り干し大根の煮ものを汁気をギュッとしぼってきっちり詰め、エビフライも5つ!


別添えでりんごもプラスして全体的にボリュームアップしました。

P1110898 (2)

480mlのお弁当箱ですが、食べ盛りなので来年は厳しいかも…
ついに2段のお弁当箱でしょうか。


この日のランチはお昼休憩に帰ってきた夫と、エビフライのホットサンド。

P1110901 (2)

メインにならない程度に余ったエビフライにソースをかけ、山盛りの刻みキャベツ、
玉ねぎと自家製ピクルスをみじん切りにしてマヨネーズであえた即席タルタルを挟みました。


毎年とにかくたくさん歩く(今回も約10km以上)秋の遠足。
歩きたくないと愚痴をこぼしながらも行ってしまえばとても楽しかったようで、
「足首が痛い~」と言いながらも笑顔でテンション高く帰宅しました。

BlogPaint

楽しかったのなら何よりです!





この日は十五夜ならぬ十三夜。
確か十五夜の日はそうと知りながらも忙しくてスルー…
娘が学校で情報を仕入れてきて、「すすきを探しに行こう!」、「おだんご、食べよう!」と言うので、
白玉団子を茹でました。

P1110775 (2)


この日は豚汁とだけ決めていて、息子のリクエストで豚汁うどんに。
大根、人参、ごぼう、しめじ、白菜と具だくさん。
急遽お団子作りが入ったため、ワンボウルで済んでよかったです。

P1110778 (2)


小豆を煮る時間がなかったので、さつまいもあんを作ってみました。
なめらかなシルクスイート使用で裏ごしの必要もありません。

P1110776 (2)


皮をむいて輪切りにしたさつまいもを水を張った鍋に入れ、何度か水を替えてでんぷんを落とします。
かぶるくらいの水と砂糖で煮ていき、やわらかくなったらへらなどでつぶします。
みりんを加え、火にかけたままなめらかになるまで練れば完成です。

P1110777 (2)

あんとのバランスを考えて白玉団子にも少し砂糖を加えました。
つるんと冷たい白玉と、きんとんのようなさつまいもあんがよく合います。


翌朝はこちらのさつまいもあんをホットサンドにin。

P1110780 (2)


たっぷりのあんと、バターとくるみをサンドしました。

P1110781 (2)

バターの香りでスイートポテト風に変化。
パンとの相性も良かったです。





三方原馬鈴薯

が美味しいので、ホットサンドにも。

P1100175

マヨネーズを薄く塗ったパンに、レンジで加熱したじゃがいもを丸ごと1こ軽くつぶして乗せます。
(よく洗ってラップに包み、700Wのレンジで2分30秒。熱いうちに皮をむきます。)


じゃがいもはしっかり潰してしまわずにあえて形を残すのが好みです。
塩とブラックペッパーをふって

P1100169


お好みのチーズを乗せてサンド。

P1100170


今回はホクホクのじゃがいもが主役のシンプルな材料でしたが
ベーコンや炒めた玉ねぎを入れればジャーマンポテト風に。

P1100176

ホクホクしながらもなめらかな三方原馬鈴薯に、マヨネーズ&チーズ。
パサパサしないボリュームサンドが完成しました。



↑このページのトップヘ