kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ホットケーキミックス

「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤に色づいた「福島県産サンふじ」。

P1120136 (2)


シャキッとしっかりとした食感で、たっぷり蜜も入った立派なりんごです。

P1120215 (2)


家族がみんなりんご好きなのでそのまま美味しくいただいていますが、
少し手を加えてりんごスイーツも楽しみたいので、形状を生かしたドーナツを作ってみました。

P1120259 (2)

火の通ったりんごは甘酸っぱくて、アップルパイのフィリングのようです。


■材料(りんご1こ分)

・福島県産サンふじ 1こ
・ホットケーキミックス 150g
・絹豆腐 150g
・牛乳 大さじ4
・シナモンパウダー 少々
・米油 適量
・粉砂糖 適量

■作り方

1.サンふじは上下を落として5mmくらいの厚さに横にスライスする。
丸い型で中心の種の部分をくり抜く。

2.ホットケーキミックスに絹豆腐を加えてつぶしながら混ぜる。
牛乳、シナモンパウダーを加えてなめらかになるまで混ぜる。

3.りんごに2の生地をまとわせ、低温に熱した米油に静かに入れる。

4.表面が固まるまで動かさずに弱火で揚げ、裏表を返してきつね色になったら油を切る。
お好みで粉砂糖をかける。


りんご1こで7このリングドーナツができました。
上下の余った部分は乱切りにして、一口サイズのドーナツに。
乱切りはりんごのフレッシュ感が残ってジューシー、リングは一体感が出て食べやすいです。

P1120263 (2)

この日は温かいミルクティーで子どもたちとおやつタイム。


豆腐のおかげもあって表面はカリッとして、とても美味しくできました。
ただし、冷めるとりんごの天ぷらのようになるので要注意です!



「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。

昭和産業さんの「ケーキのようなホットケーキミックス」で2品目。
今回はりんごと合わせて蒸しケーキを作ってみました。

P1060496


バターミルクパウダーの風味とバニラの香りがリッチなミックスです。

P1060245


■材料(ココット型/8号のカップ6こ分)

・卵 Mサイズ1こ
・りんご1/2個
・ケーキのようなホットケーキミックス 100g

・砂糖 大さじ1
・米油(サラダ油でも可) 大さじ1
・牛乳 大さじ4

■作り方

1.卵に砂糖を加え、ハンドミキサーで白っぽくもったりするまで混ぜる。
2.りんごをすりおろしながら加え、米油、牛乳を加えて混ぜ合わせる。
3.ケーキのようなホットケーキミックスを3回くらいに分けて加え、粉が消えるまで混ぜる。
4.カップを敷いたココット型に入れ、蒸気の上がった蒸し器にセットして強火で20分蒸す。


ミルク風味のミックスとりんごの甘みが相性抜群。

P1060493


蒸しケーキは焼くのとはまた違った優しい味わいです。

P1060497


モニターコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019


ホットケーキミックスとお豆腐で作るコツいらずの豆腐ドーナツ。




今回は帰省前の冷蔵庫の整理を兼ねて、消費が追いつかず冷凍していたバナナと
半端に余っていた人参を入れて作りました。

BlogPaint

■材料(約12~13こ分)

・ホットケーキミックス 200g
・豆腐(充填絹使用) 150g
・バナナ 1本
・にんじんのすりおろし 1/2本分
・豆乳または牛乳 大さじ3

・揚げ油 適量

■作り方

1.豆腐とバナナをつぶしてなめらかにしたところに、その他の材料を加えて混ぜ合わせる。
2.サラダ油を火にかけ、ぬるいうちにスプーンを2本使って丸めて落とす。
3.弱火で表面がきつね色になって泡が少なくなるまで返しながら揚げる。


混ぜて揚げるだけでとにかく簡単。
ホットケーキミックスの重たい感じがまったくないのはお豆腐のおかげです。
月並みですが表面はカリカリ、中はふんわり!


朝がごはんとお味噌汁の和食だったので、お昼ごはんにしたら喜ばれました。

BlogPaint


チャイルイボスのミルクティーとカラフルミニトマト。
二人とも1つずつおかわりをして4つ食べました。

BlogPaint

標準的なホットケーキミックス1袋(200g)に3連パックの充填豆腐1パックで計量も必要なし!
混ぜてみて固かったら牛乳か豆乳でのばし、油は片面が浸かるくらいの量で大丈夫です。

アレンジも無限なので次回は息子の苦手な緑の野菜を入れてみます。


おやつにホットケーキを焼きました。
お豆腐とバナナを使ったモチモチの生地です。

BlogPaint

■材料(3枚分)

・ホットケーキミックス 200g
・バナナ 1本
・充填豆腐 150g
・牛乳 90~100ml(バナナの大きさによって加減)

■作り方

1.バナナと豆腐はフォークで潰してなめらかにする。
2.ホットケーキミックスを加えて混ぜ、牛乳を様子を見ながら少しずつ加えて混ぜる。
3.温めたフライパンにサラダ油をひいてキッチンペーパーで拭き取りよくなじませたら、濡れ布巾で一瞬冷ます。
4.生地を落として弱火で焼き、プツプツ気泡が出てきたら返してもう片面も弱火で2分ほど焼く。


BlogPaint


元々のミックスの糖分とバナナの甘みで十分。
(ハチミツは余計でした。)

BlogPaint

お腹にたまるボリュームで、1/2枚ずつ食べて終了。
残り2枚は冷凍して朝ごはんにでも食べようと思います。

---

近所の同い年のお友達が一人でおつかいに来ているのに遭遇して以来、
「わたしもやりたい!」とおつかいブームが始まった娘。
まずは同じ店内にいて見守り、会計だけ娘にさせること数回。
次に単品のおつかいを頼むこと2回。(めんつゆ・煎りごま)
今回ははじめて買い物メモを持って3つの商品のおつかいにチャレンジしました。

BlogPaint


お願いした通り、青いバナナと成分無調整牛乳が買えました。

BlogPaint

エコバックを持参したのにレジ袋と二重になっていたので、
「袋あります」って言えなかったんだなぁなんて思っていたら、
店員さんが「重いでしょう~」と親切に袋に詰めてくださったのだそうです。
(レシートのレジ担当欄を見てお顔が浮かぶくらい馴染みのお店です。)

娘は「どうしてもっとおつかいさせてくれないの?できるのに!」と思っているようですが、
やはり周囲にも気を遣わせるので、まだまだ頻繁に頼むのは気が引けます。
お店との距離、お店の広さ、周囲の治安などによって状況はさまざまだとして、
みなさんどれくらいでおつかいデビューさせるのか興味があります。


子どもたちのおやつの買い置きが全くないことに気付き、慌ててドーナツを作りました。

BlogPaint

作り方は過去の記事のホットケーキミックスで豆腐ドーナツと同じです。
今回は全粒粉ではなく普通のミックスで。
牛乳は豆乳に変えて作りました。

全粒粉の香ばしい感じも好きですが、普通のミックスだとふんわり感がアップします。
にんじんのすりおろしも入って気持ち安心。


■材料(約12~13こ分)

・ホットケーキミックス 200g
・豆腐(充填絹使用) 150g
・人参のすりおろし 1/2本分
・豆乳 大さじ3

・揚げ油 適量

■作り方

1.豆腐をつぶしてなめらかにしたところにその他の材料を加えて混ぜ合わせる。
2.サラダ油を火にかけ、ぬるいうちにスプーンを2本使って丸めて落とす。
3.弱火で表面がきつね色になって泡が少なくなるまで返しながら揚げる。


お姉ちゃんの帰りを今か今かと待っている息子。

BlogPaint


さわりたがって仕方ないので、断面を見せるお仕事をしてもらいました。

BlogPaint

にんじんの粒々が見えて、気泡がいっぱいでふんわり♪
周りはカリッとしています。


いつもよりテンションの上がるおやつタイムとなりました。

BlogPaint

ランドセルの他に借りてきた本3冊、体操着、上履き、鍵盤ハーモニカを持って
くたくたになって帰って来た娘。
ドアを開けるなり「いいにおいがする~!」とすぐさま気付き、
並んだドーナツを見て大喜びでした。





↑このページのトップヘ