kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ホタテ

小さい頃からギョーザは苦手なのですがシュウマイなら好きでよく手作りします。
包むのも簡単だし蒸すのに特別なコツもいりません。

先日のチーズ餃子のときからのお気に入りはこちらの皮。

P1000316

大判でしっかりしていて包みやすく、それでいてお値段は180円くらいとお手頃です。


■材料(大きめの皮で約20こ分)

・焼売の皮 20枚
・豚ひき肉(赤身70%くらいのもの) 350g
・干しエビ 大さじ2
・玉ねぎ 中1/2こ
・生姜 ひとかけ
・片栗粉 大さじ1

【A】
・酒 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・塩 小さじ2/3
・こしょう 少々
・干しエビの戻し汁 大さじ2

■作り方

1.干しエビはひたひたのぬるま湯で30分以上戻してみじん切りにする。
2.玉ねぎ、生姜をみじん切りにする。
3.豚ひき肉に【A】を加えてひとまとまりになるまで混ぜる。
3.1、2、片栗粉を加えてさらに混ぜる。
4.あんを包む。
①皮の四隅を少し切り落とす。(蒸したときに乾燥しやすいため)
②親指と人差し指で筒を作って皮を乗せ、その上にあんを乗せる。
③筒に詰めるようにして形をととのえ、底を平らにする。
5.クッキングシートを敷いた蒸し器に並べ、強火で10分蒸す。


蒸す前。

P1000317


蒸し上がり。

P1000322

わが家の蒸し器はごく普通のステンレス製で、大きさは28cm。
なかなか巨大で中華まんも茶碗蒸しも6こくらいは一度に蒸すことができます。


エビのうまみや玉ねぎの甘みが加わって、蒸したては格別!
娘は5こも食べました。

P1000328

今回は干しエビで作りましたが、貝柱の缶詰でも。
その場合、豚ひき肉300gに水気を切った貝柱50gを細かく刻んで入れます。
カニのほぐし身缶詰の場合は塩を減らします。
豚肉に何かしら魚介類を合わせて作るのが美味しさの決め手です。


わが家の雛人形は木目込みです。
三十数年前に祖母に買ってもらいました。
娘の初節句にあたり母は新調しようかと言ってくれたのですが、
わたしとしてはお気に入りで愛着があったのでお下がりを申し出ました。
人形屋さんに修繕に出してくれたので、きれいになって小物も新しくなり、晴れて娘のものに。

BlogPaint

飾り終えると、誰も何も教えていないのに…

BlogPaint

神聖なものと感じたらしい息子。
実は娘も2歳くらいから自然と手を合わせていました。
不思議です。

こうしてリビングに飾っていたら、気が付くと三人官女が真ん中に寄り集まっていたり
紅梅と白梅の位置が変わっていたり…(犯人はたぶん息子でしょう。)
危ないなーと思っているうちにフワフワのボールがぶつかって一人が落下するという事故が!
結局一週間ほど経ったところで玄関へ移動となりました。
来年はリビングに飾れるといいのですが。


さて、桃の節句の晩ごはんです。

BlogPaint

・お赤飯
・ホタテのフライと付け合わせ野菜
・はまぐりとあさりと菜の花の酒蒸し
茶碗蒸し

BlogPaint

子どもにはデザートもつけて。

BlogPaint

お赤飯は蒸す予定でしたが、今日は忙しさと疲労でくじけてしまい、
おとなしく炊飯器に投入するだけの簡単なものにしました。
炊飯器は楽ですがモチモチになってしまうので、やっぱり次回は頑張って蒸すことにします。

BlogPaint

お弁当で好評だったホタテのフライをメインにして、
付け合わせはさつまいものレモン煮とアスパラガスとトマト。

BlogPaint

国産にこだわるとはまぐりだけでは値が張ってたくさん用意できないので
あさりでかさ増しをした酒蒸し。
春らしく菜の花も入れました。

BlogPaint

娘のリクエストでこの日も茶碗蒸し。
中身は鶏もも肉、えび、干し椎茸、にんじん、みつ葉です。
つるんときれいにできて満足♪

BlogPaint

幼稚園でいただいてきた桜餅にいちごを添えてデザートに。

BlogPaint

幼稚園でも今日はお雛祭りで、甘酒の代わりにカルピスでお祝いしたようです。

BlogPaint

持ち帰った制作のお雛さまは、仲良くお話をしているところだそうです。
本当におしゃべりが聞こえてきそうな可愛さ!


ガラスケースではない雛人形は片づけもそれなりのイベントです。
今夜中にしまうべきなのか気になりつつ、明日の朝へ持ち越しとなりました。



にほんブログ村

今日の娘のお弁当です。

BlogPaint

・ごま塩ごはん
・ホタテのフライ
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・さつまいものレモン煮
・きゅうり(ごまドレッシング)
・みかん

フライの衣には刻んだパセリを混ぜています。
少量の揚げ物なので、衣に卵は使わず水溶き天ぷら粉で。
これだけでかなりフライのハードルが下がります。

BlogPaint

さつまいもはシルクスイートという品種。
型抜きしたはんぺんと、飾り切りきゅうりで手抜き感が軽減…?


今日もまた強風。
いくら暖かい風でも「さむーい!」と連呼しながら、
飛ばされそうなくせに手をつなぐのをやんわり拒否する息子と買い出しに行くのは大変です。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ