kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ペペロンチーノ


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


活動最終月となる2月は「福島県産ふきのとう」をご紹介しています。

P1120919


全く変色のない美しい春色のふきのとう。
柔らかく繊細な旬の味覚です。

P1120921 (3)


小さめのフライパンにオリーブオイル、ふきのとう、にんにく、塩を入れて火にかけ、
じわじわとガーリックオイル煮にしました。

P1120935


ベースを作っておいてパスタと合わせれば簡単にペペロンチーノが完成します。

P1120958 (2)

■材料(2人分)

・スパゲッティ(細めのもの) 180g
・ふきのとうのガーリックオイル煮 6こ分 ※
・ミニトマト 6こ
・粉チーズ 適量
・ブラックペッパー 少々

■作り方

※ふきのとう1パック(15こ)は底を切り落として半分に切り、小さめのフライパンに並べる。
にんにくひとかけ、塩小さじ1/3を入れてオリーブオイルを半分浸かるくらい注ぎ、弱火で5分ほど煮る。

1.スパゲッティを表示通りに茹でる。

2.フライパンにふきのとう6こ(12かけ)、オイル大さじ1、半分に切ったミニトマトを入れて火にかける。

3.茹で上がったスパゲッティ、茹で汁大さじ2を加えて炒め合わせ、味をみて塩を加える。

4.皿に盛りつけ、粉チーズ、ブラックペッパーをふる。


ほろ苦くて香りの良いふきのとうと、甘酸っぱいミニトマトがよく合います。
オイル系スパゲッティにはトマトのさっぱりとした酸味が嬉しく、飽きずに最後まで食べられます。

P1120960

ふきのとうはオリーブオイルやチーズとの相性も良いことを発見。
ガーリックオイル煮はリゾットなどにも応用できます。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



---

昨夜遅くの地震は都内ですらあの大震災を思い出させる長い揺れでした。
実家と義実家のある郡山市は震度6弱とのこと。
幸いすぐに連絡が取れて、無事が確認できました。
物が落ちたり家具が動いたりしたものの大事には至らなかったそうです。
場所によっては大変なところもあるようで、今後も余震が心配です。


梅干しを使ったお料理シリーズ。
うどんに続き、今回はパスタです。

BlogPaint

■材料(2人分)

・スパゲッティ 200g
・たこ(刺身用蒸しだこ) 100g
・梅干し 2こ
・にんにく 2かけ
・赤唐辛子 1本
・青じそ 5~6枚

・オリーブオイル 大さじ1と1/2
・白ワイン 大さじ2
・塩
・ブラックペッパー 適量

■作り方

1.にんにくは薄切りにし、梅干しは種を取って包丁で叩く。たこはそぎ切りにする。
2.スパゲッティを茹で始める。
3.フライパンにオリーブオイル、にんにく、種を取った赤唐辛子を入れ、弱火で香りが出るまで炒める。
4.叩いた梅干し、白ワイン、パスタの茹で汁大さじ4を加え、強火でアルコールを飛ばす。
5.茹で上がったスパゲッティ、たこを加えて軽く炒め合わせ、塩、ブラックペッパーで味をととのえる。
6.皿に盛り、千切りにした青じそを乗せる。

BlogPaint

ガーリックオイルベースですが、梅の酸味が加わるとさっぱり!
たことの相性も良く最後まで飽きずに食べられます。




楽天スーパーセールで購入しましたその2。


ブラックパラティッシの26cmプレート。

BlogPaint

憧れのパラティッシシリーズ…

実は今回狙っていたのは再入荷になったという
アラビア24hプレート(ブルー)の26cmだったのですが
スーパーセール開始1分足らずで売り切れ!
初参戦で覚悟はしていたものの、これほどまでとは思わなくて
半ばヤケクソ(失礼!)で衝動買いしたのがこちらになります。
もちろんパラティッシには何の罪もありません。


何を乗せようかいろいろ考えた結果、まずはシンプルなパスタにしてみました。

BlogPaint

キャベツはスパゲッティを茹でている鍋に茹で上がり2分前に投入。
フライパンでは赤唐辛子とにんにくをオリーブオイルでじわじわさせて、
そこへスパゲッティとキャベツと茹で汁、たっぷりのしらすを加えて炒め合わせれば完成です。


せっかくアラビアの食器なので、ヘルヤのマグカップも久しぶりに出してみました。

BlogPaint


なんでもないお昼ごはんなのに……

BlogPaint


何だかやる気がみなぎる。
思い切って食器リニューアルを始めてよかった!




↑このページのトップヘ