kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ベジブロス

「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ
本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ



モニタープレゼントとしていただいたのは、タカラ「料理のための清酒」〈米麹たっぷり2倍〉。
日々の料理の心強い味方です。

P1130631


この日はポトフを作るにあたってまずはベジブロスを作りました。
野菜はかぶ、キャベツ、玉ねぎ、人参。

P1130788


ベジブロスを作るときに欠かせないのがお酒。
くさみを消してうまみを引き出す効果があるので、野菜くず、水と一緒に火にかける前に入れます。

P1130794


■材料(4人分)

・かぶ 3こ
・キャベツ 1/4こ
・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・ソーセージ お好みで数本

【A】
・野菜くず(かぶ、玉ねぎ、人参の皮、キャベツの外葉と芯) 350g
・タカラ料理のための清酒 大さじ1
・水 700ml

・固形スープの素 1こ
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.野菜はよく洗って皮をむき、ポトフにする分は大きめに切り分ける。

2.圧力鍋に【A】を入れて中火にかけ、ピンが上がってから10分加圧し、粗熱が取れたらこす。

3.鍋に野菜を並べ、ベジブロスとその倍量の水をひたひたになるくらいに入れる。
固形スープの素、塩を加えて弱火にかけ、蓋をして柔らかくなるまで煮込む。

4.ソーセージを加えて10分ほど温める。


抗酸化作用のあるファイトケミカルたっぷりのベジブロスは野菜のうまみもえぐみも濃縮されています。
ベジブロスオンリーで作るとやや苦みを感じるので、半量くらいがおすすめです。

P1130795


ベジブロスを加えることで、スープの素だけで作るよりも深い味わいに。
栄養価も高くなります。
残った分はお味噌汁に入れるとこくと風味が増します。

P1130795


くさみを消す、コクとうまみを与える、味をしみ込みやすくする、素材をやわらかくする、
おいしさを閉じ込める…

P1130796

これらは全て「料理のための清酒」のリーフレットで紹介されていること。
まさにポトフにはぴったりの調理効果です!


今週の常備菜です。

BlogPaint

・さつまいものレモン煮
・キャベツと油揚げの煮もの
ベジブロス
・千切りサラダ
・鶏手羽元と大根のさっぱり煮


紅はるかをレモン煮に。

BlogPaint


白菜と油揚げの煮ものが子どもに不評だったので、今回はキャベツで。
ストウブにキャベツ、熱湯をかけて油抜きした油揚げ、万能だしパックを入れて水をひと回し。
蓋をして煮込めばキャベツの水分で柔らかく煮えます。

BlogPaint


お気に入りだった「兵四郎だし」が残念ながら終わってしまい、次はこちらをお試し中。

P1000385

久世福商店の看板商品でもある万能だしです。
兵四郎だしが焼きあごがメインだったのに対してこちらは鰹節。
(鰹節と削り節をベースに、さば節、いわし煮干し、昆布、焼きあご)
塩、砂糖、粉末醤油などで、これ一つで味が決まるところは同じです。
兵四郎だしのほうが甘みとインパクトがあるかも…
どちらも深い味わいの美味しいだしに間違いないので、あとは好みな気がします。


久しぶりのベジブロス。
お味噌汁にしたり(半量がおすすめ)、洋風の煮込み料理に加えたりする予定です。

BlogPaint


大量の野菜くずを使い、1000mlの水で作りました。

P1000534
レタスの外葉と芯・人参の皮・玉ねぎの皮とへた・大根の皮と葉・きゅうりの皮とへた・水菜の茎


大根ときゅうりとレタスを千切りにしてしっかり水切り。
サラダスピナーごと冷蔵庫へ入れておけばすぐにパリパリのサラダが食べられます。
市販のカット野菜よりコスパが良く、栄養の損失も少ないかと…

BlogPaint


鶏の手羽元が増量パックでお買い得だったので、大根と共に一気に煮込みに。
長らく圧力鍋で作ってきたこのお料理を久しぶりにストウブで作ったら…
放ったらかしで簡単な上にお肉は味がよく染みてホロホロに!

BlogPaint

作り方をアップしていましたが(※現在はレシピ改訂のため下げています)
ストウブを使い始めて間もない頃で、煮込み時間が圧倒的に短かかった!
今回は上手くいったので、のちほど書き直してアップします。


娘は手羽元を3本、大根も好んでたくさん食べました。
キャベツと油揚げの煮ものも自らおかわり!
素材の美味しさを引き出してくれるストウブのおかげかなと思います。


先週、幼稚園でお芋堀りがありました。

BlogPaint


同じ日に幼稚園のお友達から、ご実家で採れたばかりだという貴重な野菜のおすそ分けが!

BlogPaint


掘ってきた息子のリクエストでじゃがいもはカレーに入れることになりました。
いただいたなすといんげんのほかに用意したのは、新玉ねぎ、人参、赤パプリカ。
たっぷりの野菜とその野菜くずを煮出したベジブロスも活用します。

BlogPaint
 

お肉の買い置きがなかったこの日は大豆たんぱくでボリュームアップ。
見た目では誰も気付かず、さらに食べても気付かず…
(1/3ほど食べ進んだあたりで夫が気付き、子どもたち騒然!)

BlogPaint


大豆たんぱくのスライスは適度に弾力があってちょうど柔らかくなった薄切り肉のよう。
くせは全くなくて食べごたえがあります。
また富澤商店に買いに行かなくては!

BlogPaint


新鮮で美味しい野菜だったのはもちろん、圧力鍋で煮込んだおかげもあって
息子ははじめていんげんやパプリカを食べることができました。

BlogPaint

じゃがいもは甘みがあってホクホクというよりはとろける食感。
カレーにピッタリでした!


今年のGWはわが家にしてはめずらしくまとまった休日になります。
まずは前半の3連休に備えて、少しだけ常備菜を準備しました。

BlogPaint

・さつまいものレモン煮
・白菜の白だし煮
・揚げなす
ベジブロス


喜ばせ上手で素直な息子は見つけるやいなや
「おかあん、さつまいも、ありがとう♡」と言ってきました。

BlogPaint


ヤマキ割烹白だしと水を1:4で煮ただけの白菜。
ざく切りをフライパンいっぱいに広げて蓋をして蒸し煮にしたら
クタッとなってこんなにかさが減りました。
白だしで白菜の甘みが引き立って、冷やしてもおいしい副菜です。
次回は油揚げも入れよう。

BlogPaint


何かと使い回しが利く揚げなす。

BlogPaint


今回のベジブロスは、
玉ねぎ、人参、白菜、にんにく、なす、レタス、トマト、きゅうりの野菜くずで作りました。
いつもより少し濃いめの色と香りに仕上がりました。
お味噌汁とカレーに使う予定です。

BlogPaint


同時進行で30分程度で急いで作った4品でした。

BlogPaint


3日間で予定しているお外ごはんは1回もしくは2回。
連休中は買い足すよりも、食材を使い切って在庫を整理する期間にしたいと考えています。


今週は習い事のオリエンテーションに加えて、
小学校と幼稚園それぞれの保護者会…と、予定が重なってしまいました。
読むべきお手紙、提出すべき書類が山のよう!

息子が登園している間に作り置きおかずを仕込みました。

BlogPaint

肉じゃが
・大根とカニかまぼこのマヨごまサラダ
・チンゲン菜のピリ辛酢醤油おひたし
ベジブロス


肉じゃがはストウブブレイザーで無水調理。
旬の新じゃがと新人参で作りました。

BlogPaint


チンゲンサイは塩とサラダ油を少々加えた湯で2分ほど茹でます。
ざるに上げて粗熱が取れたらキッチンペーパーなどで水気をしっかりおさえ、
酢、醤油、ラー油(各同量)を混ぜたものに浸して冷蔵庫へ。
石垣島ラー油を使いました。

BlogPaint


今回のベジブロスに使った野菜は、玉ねぎ・人参・きゅうり・大根・チンゲン菜。
全て作り置きの調理の過程で出た野菜くずたちです。
うまく活用できて満足!

BlogPaint


大根とカニかまぼこのサラダのレシピは別記事で。

BlogPaint


保護者会を終えて夕方帰宅し、娘は習い事へ。
送迎の合間に息子をお風呂に入れ、それぞれが持ち帰った荷物やお手紙類の整理。
それでも作り置きのおかげで慌てることなく18時半にはいただきますができました。

BlogPaint

サラダにはコーンを乗せて子ども仕様に。
お味噌汁は半分を鰹だし、半分をベジブロスにしています。


小学校のほうの係決めは希望通りになって一安心。
幼稚園はどうなるかな…


↑このページのトップヘ