kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:プルコギ

幼稚園の息子のお弁当です。

P1120976 (3)

・おにぎり(梅しそおかか)
・プルコギ(牛ばら肉、玉ねぎ、人参、ピーマン)
・大豆の甘辛揚げ
・茹で玉子
・ブロッコリー
・ミニトマト

コチュジャン、醤油、砂糖、酒を揉みこんだ牛肉をごま油で炒めたプルコギです。
玉ねぎも繊維を断ち切るように切ればさっと炒め合わせるだけでも柔らかくなります。

P1120975 (2)

茹で玉子とも合うようにブロッコリーの底にマヨネーズをしのばせたら、
「お醤油がよかったな」と言われてしまいました。
ブロッコリーを醤油で食べる夫の習慣がついに息子にまで…


その翌日。
「金曜日はドッヂボールとリレーの大会があるからお腹がすくんだ!」ということで、
リクエストに応えて焼きうどん(または焼きそば)+おにぎりの炭水化物過多のお弁当に。
うどんはたっぷり一玉、おにぎりもお茶碗にしっかり一杯強のごはんです。

P1120978 (2)

毎日足りない足りないと言うので、加減せずに詰めてみました。
…が、きちんと時間以内に食べられたそうです。


内容は先月のこちらのお弁当とほぼ同じ。




「紅生姜がなかった」と言われて思わずキーッ!!となってしまいました。
絶対言うだろうなと思っていることをやっぱり言う6歳児。
自分がイラっとしないためにも先回りして言われないように用意すると、
それは甘やかしているのだろうか?と思う。ジレンマ。

「美味しかった!またこれがいい!」と言われると嬉しいのですが、
じわじわとストレスが溜まってきているのも否めないお弁当生活です。
(当然のことながら延長が決定)
穏やかに卒園の日を迎えたいものです…




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


福島県産ピーマンを使い、ピーマンをいつもより増量してプルコギを作りました。
下味を揉み込んで炒めるだけの手軽なレシピです。

P1110417

ピーマンは最後に加えて瑞々しい食感を残すようにしました。


■材料(2人分)

・牛薄切り肉 200g
・福島県産ピーマン 3こ
・玉ねぎ 1/2こ

【A】(肉の下味)
・コチュジャン 大さじ1
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1
・塩 小さじ1/4
・すりおろしにんにく 1/2かけ分
・煎りごま 小さじ1
・米油 小さじ1

■作り方

1.調理用ポリ袋に牛薄切り肉、【A】を入れてよく揉み込み、冷蔵庫で30分以上置く。

2.ピーマンはへたと種を取って斜め細切りに、玉ねぎは薄切りにする。

3.温めたフライパンに1を広げて焼く。

4.半分くらい火が通ったら玉ねぎを加えて炒める。

5.肉にほぼ火が通り、玉ねぎがしんなりしてきたらピーマンを加えて30秒~1分炒める。


今回はコチュジャンベースですが、醤油にしても味噌にしても、
甘辛い味付けのお肉とピーマンはどうしてこんなにも合うのだろう!

P1110413

甘みと苦みを持ち合わせたピーマンならではの相性の良さです。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





幼稚園の息子のお弁当です。

P1100657

・梅干しおにぎり
・プルコギ
・ゆで玉子
・チーズちくわ
・ブロッコリー
・ミニトマト


最近の家での食欲を見ていると、やっぱりお弁当は足りないようです。
2段重ねのお弁当箱に憧れがあるようですが、
昨年お友達にいただいたお気に入りのお弁当箱も引き続き使いたい!
とりあえずはおにぎりを別に持っていって様子見です。


ダイソーのこちらのケースを購入して、まずは1こから。

P1100655


中身は義理の母の酸っぱい梅干しで、海苔はたっぷり1/2枚。
なかなか大きなおにぎりです。

P1100659


プルコギは牛ばら肉にコチュジャン、酒、砂糖、醤油、ごま油を揉み込んで焼きます。
すりおろしにんにくはお弁当なので省略。
ピーマンとパプリカは本人のOKが出たので彩りとして一緒に炒め合わせました。

P1100658

主菜のお肉はだいぶ増量、ブロッコリー&ミニトマトも1こ→2こに。
これまで場所を取るので入れにくいと思っていたゆで玉子もここぞとばかりに!

単純におかずが倍の容積になっているので、品数も増やさないと隙間が埋まらなくて大変です!



今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(ゆかり・鮭ふりかけ)
・焼き肉(牛切り落とし肉・人参・えのきだけ)
・玉子焼き
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・蒸しかぼちゃ
・ブロッコリー


焼き肉は、砂糖、酒、醤油、コチュジャン、ごま油のたれに漬けて炒めたプルコギ風。
少しでも野菜を!と、人参とえのきだけも一緒に炒め、最後に煎りごまを。

BlogPaint

「一番おいしかったおかずは?」と聞いてみたら「玉子焼き!」との答えだったので、
今週もとりあえず入れておいてよかったです。
卵一つ用の玉子焼きフライパンもキッチンの肥やしになることなく活躍しています。

---

お弁当を持たせて送り出したその足で、今日は私立幼稚園PTA大会に出席してきました。

第一部は式典で第二部は記念講演。
テーマは『幼児期のための脳育』~脳育てに差をつける食の知識~でした。
脳育はひとまず置いておいて…

成長期の子どもにとって大切な栄養素は蛋白質である。
炭水化物は決してカットするのではなく、精製されていないものを選んで摂る。
炭水化物は良質な油と一緒に摂って血糖値の急激な上昇を抑える。

知識としてはありましたが、それが日々どれくらい実行できているかというと…
まずは分づき米と全粒粉の購入からでしょうか。


今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(豆ごはん・野菜ふりかけ)
・プルコギ風焼き肉
・ちくわのチーズ海苔巻き
・ゆで玉子
・ポテトフライ

BlogPaint

ストウブで炊いた豆ごはんのストックと、リクエストのふりかけごはんのおにぎり。
メインはコチュジャンベースのたれで炒めたプルコギ風の焼き肉です。

■作り方

1.人参と玉ねぎはなるべく薄く細く切る。
2.醤油、砂糖、酒、コチュジャン、すりごま、ごま油(ほぼ目分量)を混ぜ合わせ、牛肉に揉み込む。
3.小さめのフライパンに広げて火にかけ、色が変わり始めたら野菜を加えて炒め合わせる。
4.広げてよく冷まし、最後にごまをふりかける。

いつもならピーマンやきのこも入れたりするのですが、
ちょっとしたきっかけで箸をつけないことがあるのでやめておきました。
その結果、避けて食べるのは難しいくらい細く切ったからか、
玉ねぎと人参がお肉の色に馴染んでいたからか、きちんと食べてきました!


1学期のお弁当は残りわずか3回。
幼稚園に入ってから、「お弁当ならピカピカにできる!」と自信を持ち始めたので
こちらは焦らずにじわじわとハードルを上げていきたいと思います。


↑このページのトップヘ