kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ブレンダー


「ネクストフーディスト」の活動です。

『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
というテーマで野菜を使ったおかずを考案しています。


今回はアスパラガスでポタージュを作りました。

BlogPaint


皮をむいたりはかまを取ったりする必要がなく、そのまま食べられる柔らかいアスパラです。

BlogPaint


■材料(2人分)

・アスパラガス 3本
・じゃがいも 1こ
・玉ねぎ 1/4こ
・水 250ml
・コンソメ(無添加・顆粒) 小さじ1/2
・塩 小さじ1/4

■作り方

1.アスパラガス、じゃがいも、玉ねぎは一口サイズに切る。

2.鍋にオリーブオイルを温め、1を炒める。

3.全体にオイルが回ったら、水、コンソメ、塩を加えて中火で煮る。

4.あくを取って弱火にし、やわらかくなるまで蓋をして煮る。

5.火を止めてブレンダーでなめらかになるまで撹拌する。


野菜の味を生かすため乳製品は加えずに少量のコンソメと塩のみで味付け。

BlogPaint


味はもちろん、アスパラガスの色と香りも楽しめます。

BlogPaint

ベースがじゃがいもと玉ねぎの優しい味のポタージュなので、
そこにどんな野菜をプラスしても子どもたちはOK!
色を見て食べてみて何が入っているか当てるのが恒例です。


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

夫の「カツカレー食いたいなー」という独り言を耳にしてからどれだけ経ったでしょうか。
ようやく気持ちが乗り、材料が整い、方向性が定まったので…
作りました!

BlogPaint

とんかつはコープの揚げるだけの商品で楽をしましたが、
もも肉使用で衣も薄いので、自分でロースを揚げるよりは若干ヘルシーです。

あらためて作ってみるにあたり、理想のカツカレーについて考えたこと。
まずとんかつが入るのだからお肉はいらない。
お肉はおろか、とんかつのじゃまをしないように他の具もなしで。
でもとんかつを引き立てるような味わい深いカレーソースにしたい。
ということで生まれたレシピがこちらです。


■材料(4人分)

・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・にんにく 2かけ
・ホールトマト 100ml
・チキンスープ(茹で鶏の茹で汁を使用) 200ml
・水 400ml

・サラダ油 小さじ1
・ローリエ 1枚
・カレールウ 4かけ
・醤油 小さじ1/2~1

とんかつ、ごはん 適宜

■作り方

1.玉ねぎ、人参は乱切りに、にんにくは半分に切る。
2.玉ねぎをサラダ油で炒め、色がつき始めたら人参、にんにくを加えてさらに炒める。
3.ホールトマト、チキンスープ、水、ローリエを加え、ふたをして弱火で15分ほど煮込む。
4.火を止めてローリエを取り出し、ブレンダーでなめらかになるまで撹拌する。
5.カレールウを加えて混ぜ、溶けたら再び弱火にかけて混ぜながら2~3分煮る。味をみながら醤油を加える。


ブレンダーをかける前。

BlogPaint


かけるとこのようにポタージュ状に。

BlogPaint


ルウを溶かして少し煮込むとつややかなカレーソースが完成。

BlogPaint


野菜の甘み、トマトのうまみと酸味、茹で鶏のスープのこくも加わって奥深い味に。
カツと合わせても重すぎないさっぱりとしたカレーとなりました。

BlogPaint

子どもたちにはとんかつはヘビーかと思ってお星さまポテトとゆで卵をトッピングしたのですが、
それぞれ元気におかわりをしました。
野菜がたっぷり溶け込んでいるので栄養面も安心です。

今回はカツカレーでしたが、トッピングでバリエーションをつけたいときに合うカレーソースです。





↑このページのトップヘ