kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:フーディストアワード

「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。

にんべんさんの「だしとスパイスの魔法」シリーズで作るお料理もこれでラスト。
ポークステーキの素を使います。

P1060514


叩いた豚もも肉は下味に塩とスパイス(主に生姜パウダー)をまぶして豚カツに。
調味料のほうにはりんごのすりおろしを加えてあとからかけるソースにします。

P1060508


■材料(4人分)

・豚もも肉(豚カツ用) 400g
・だしとスパイスの魔法シリーズ<ポークソテーの素> スパイス1袋/調味液1袋
・りんご 1/4こ
・キャベツ 適量

・塩 少々
・溶き卵 1/2こ分
・パン粉 適量
・揚げ油 適量

■作り方

1.豚肉は麺棒で叩いてやわらかくし、両面に塩、スパイスをふりかける。
2.溶き卵に水大さじ1を加えて混ぜ、卵、パン粉の順に衣をつける。
3.揚げ油を低温に熱し、弱めの中火でじっくり揚げて中まで火を通す。揚がったら油を切る。
4.キャベツはざく切りにして耐熱皿に広げ、ふんわりとラップをして電子レンジでしんなりするまで加熱する。
5.小鍋に調味液とりんごをすりおろしながら入れ、ひと煮立ちさせる。
6.3、4を盛り付け、5を回しかける。


調味料は醤油とオイスターソースがベースの辛めの味付けなので、りんごを加えてフルーティーに。

P1060518

付け合わせのキャベツはレンジでしんなりさせると食べやすくなり甘みも増します。


子どもたちのソースは念のため別添えに。
りんごだとわかったら豪快にかけて食べていました。

P1060510

さっくり揚がったカツはスパイスのおかげで生姜風味に。
りんごのポークステーキソースが衣にじわっと染みて、余すことなく味わうことができました。


モニターコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019

「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。

P1060359


今回もにんべんさんの「だしとスパイスの魔法」シリーズでお手軽調理。
「レモンソテー」の素を使って鶏手羽元と野菜をオーブン焼きにしました。

P1060349


下処理をした手羽元に粉末のスパイスを揉み込み、フライパンで全体に焼き色を付けます。

P1060351


ストウブブレザーに野菜と共に並べ入れ、調味液を回しかけてオーブンへ。

P1060352

詳しいレシピです。


■材料(4人分)

・鶏手羽元  12本(750g)
・パプリカ 2こ
・じゃがいも 3こ(300g)
・いんげん 8本

・塩 小さじ1/2
・オリーブオイル 小さじ1
・だしとスパイスの魔法シリーズ<レモンソテーの素> スパイス1袋/調味液1袋

■作り方

1.鶏手羽元は骨の周りをよく洗ってキッチンペーパーで水気を押さえる。
2.スパイスと塩を揉み込み、そのまま室温で30分ほどなじませる。
3.パプリカは縦半分に切り、へたと種を取り除いて食べやすい幅に切り分ける。
4.じゃがいもは皮をむいて4~6等分に切り、水にさらす。
5.2をオリーブオイルを熱したフライパンで焼き、香ばしい焼き色をつける。
6.ストウブ(オーブンに対応した蓋つきの鍋)に3~5を並べ、調味液を回しかける。
7.蓋をして200℃のオーブンで40分焼き、時間があれば取り出して蓋をしたまま15分ほど蒸らす。


P1060356


鍋ごと出せばごちそう感が出ます。
(この手法でいつも品数の少なさをごまかす…)

P1060357


セージ、生姜、にんにくを調合したスパイスで下味をつけた鶏肉はスパイシー。
調味液の水分でじっくり蒸し焼きにしているので野菜も甘く美味しく仕上がります。

P1060360


カリッと焼いた食パンスティックをレモンソースに浸して食べるのにハマった子どもたち。

P1060362


鰹節やお醤油のおかげでまろやかなのに和風というわけではありません。
白ワインの香りとレモンの後味が爽やかなので、名前の通り「レモンソテー」になっています。
和と洋のバランスが絶妙な調味料でした。


モニターコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019



「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。

P1060334


今回はにんべんさんの「だしとスパイスの魔法」シリーズから。
それぞれ調味液と粉末状のスパイスがセットになっています。

P1060246


生秋鮭が出回り始めたので、まずはクリームチャウダーをお試ししました。

P1060314


■材料(2~3人分)

・生鮭 2切れ
・きのこ(マッシュルーム・しめじ) 合わせて100g
・ショートパスタ 50g
・玉ねぎ 1/4こ
・スナップいんげん 4本

・オリーブオイル 小さじ2
・牛乳 150ml
・だしとスパイスの魔法シリーズ<クリームチャウダーの素> スパイス1袋/調味液1袋
※スパイスは350mlの水で溶いておく

■作り方

1.生鮭は3等分に切り分け、骨を取り除いておく。
2.しめじはいしづきを取って小房に分け、マッシュルームは薄切りにする。
3.玉ねぎは薄切り、スナップインゲンは筋を取って1分ほど茹でて水に取り、水気を押さえて斜め切りにする。
4.ショートパスタは表示通りに茹でる。
5.フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れて熱し、1を中火で両面をこんがりと焼いて取り出す。
6.同じフライパンにオリーブオイル小さじ1を足し、玉ねぎ、しめじ、マッシュルームを炒める。
7.玉ねぎが透き通ってきたらクリームチャウダーの調味液、スパイスと水を混ぜたものを加える。
8.煮立ったら5の鮭を入れ、弱火で10分煮る。
9.牛乳、4のパスタを加えてひと煮立ちさせ、器に盛り付けてスナップエンドウを散らす。


工程が多くなりましたが…
焼いた鮭と炒めた玉ねぎときのこをクリームチャウダーの素で煮込み、
牛乳と茹でたパスタを加えてひと煮立ちさせれば完成です。

P1060332


ショートパスタはチーズが入ったトルテリーニという種類を使いました。
薄く伸ばした正方形の生地に詰物をして三角形に折り、両端を合わせて作るそう。
指輪のように真ん中に穴が開いています。


パンを添えればボリューム的にも満足の一皿に。

P1060331

だしとスパイスの魔法というだけあって、ホワイトペッパーがきいていてこくがあります。
しっかり味なのできのこやパスタで具を多めに、鮭は必ず塩気のない生鮭がおすすめ。
つい下味に塩、こしょうをしたくなりますが、それもなくて大丈夫です。


モニターコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019



↑このページのトップヘ