kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:フライドポテト


「ウィナーズ株式会社×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加しています。


ある日の子どもたちのおやつは、家で揚げるタイプのポテトとアメリカンドッグ。

P1120113 (2)


モニタープレゼントでいただいた「レコルトエアーオーブン」で全く油を使わずに調理しました。

P1120041 (2)


あらかじめ油で揚げてあると表記のあるもの、
もしくは表示に揚げ油の記載があるものを選ぶのがポイントです。

P1120108[1]


■材料(2人分)

・冷凍フライドポテト(シューストリングカット) 200g
・アメリカンドッグ 2本

■作り方

1.レコルトエアーオーブンを200℃に予熱する。
2.予熱が完了したらバスケットを取り出し、内アミにポテトを並べる。
3.2の上に2WayRackをセットしてアメリカンドッグを並べ、15分加熱する。
3.ポテトには塩をふり、皿に取り出してお好みでケチャップやマスタードを添える。


2WayRackは付属品として同梱されていました。

P1120051 (2)

2段調理のほか、串を使って焼き鳥やトルネードポテトなども調理することができます。



下の段にポテトを並べ、上の段にアメリカンドッグを乗せれば一度に完成!

P1120109 (2)


ポテトもアメリカンドッグも油で揚げていないとは思えないカリカリ具合!
大げさでなく感動の出来でした。

P1120112 (2)


日頃コンビニエンスストアはあまり利用しないのですが、
たまにご褒美的に子どもたちにせがまれてアメリカンドッグを探しに出かけることがあります。
これが結構大変で、タイミング的に常にあるとは限らないし、あっても1本だけだったり…
「レコルトエアーオーブン」のおかげで家で簡単に熱々カリカリが食べられるようになりました!

もちろん油で揚げたほうが美味しいものもたくさんありますが、
今回のように油で調理済みのものに関しては、「レコルトエアーオーブン」が優秀です。
油不使用なので、それほど汚れていないバスケットと付属品を丸洗いするだけで手入れも簡単。
並べて15分放置するだけという、まるで魔法の箱のような調理家電です。



【レシピブログのエアーオーブンで様々なお料理を作ろう♪モニター参加中!】


「ネクストフーディスト」の活動です。
「三方原馬鈴薯」のホクホク感を生かしたレシピをご紹介しています。

今回は息子のリクエストで男爵いもの定番、フライドポテトを作りました。

BlogPaint

味付けはクレイジーソルトとカレーの2種類です。


■材料

・三方原馬鈴薯 2こ
・片栗粉 大さじ1
・薄力粉 大さじ1
・揚げ油 適量
・塩 小さじ1/4
・カレー粉 小さじ1/2
・クレイジーソルト 小さじ1/2

■作り方

1.三方原馬鈴薯はくし切りにして30分以上水にさらし、水気をよくふき取る。
2.ポリ袋に片栗粉と薄力粉を入れ、1を入れて空気を含ませてよく振る。
3.フライパンに揚げ油を注ぎ、2を入れて火にかける。
4.はじめは触らずに静かに揚げ、ザーッと音がして来たら軽く混ぜながら揚げる。
5.火を強め、薄く色がつき始めたらキッチンペーパーに取る。
6.2つに分け、熱いうちに一方には塩とカレー粉、もう一方にはクレイジーソルトをまぶす。


クレイジーソルト。

BlogPaint


塩&カレー粉。

BlogPaint

さすがは男爵!
いい意味で粉っぽく、ホクホクの食感です。


カレーのほうはしっかり冷ましてお弁当にも入れました。

BlogPaint


三方原馬鈴薯は、カレーライスに入れたりスタンダードな肉じゃがにしたりと
日々美味しく消費中。
あらためて新じゃがの魅力を実感しています。

この美味しさを広めるべくおすそ分けし、おかげさまで残りは数個となりました。
フィナーレは…ポテトサラダかな。


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト


今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(海苔と塩・梅鰹ふりかけ)
・フライドポテト(カレー味)
・ソーセージ
・玉子焼き
・枝豆
・ミニトマト

お弁当のおかずのリクエストを受け付けようと「から揚げ以外で何がいい?」と聞いたら、
「ポテト!」と答えた息子。
ちょうどフライに適した男爵(三方原馬鈴薯)がたくさんあるので、朝から頑張りました。

BlogPaint

冷めても風味がいいようにカレー粉をプラス!
味見の段階でだいぶ気に入った様子だったので、食べてきてくれることと思います。

フライドポテトの詳しいレシピはのちほど。


↑このページのトップヘ