kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ピザ


新しいオーブンでピザ作り。
天板2枚で家族4人分を一気に焼けるようになりました!

P1130754


ピザ生地はHBにお任せし、作り置きのトマトソースと冷蔵庫にあるもので。

P1130755


250℃で15分焼きました。

P1130762


ふちはカリッっとして中はもっちり。
上段も下段も変わりなく焼くことができました。

P1130760


これまでの天板はフラットだったためにできなかった天板にお湯を張って焼くプリン。
大きく作ってあとで切り分けるタイプに挑戦しました。

P1130815


全卵3こ、砂糖70g、牛乳300ml、焼き時間は170℃で30分。

P1130825


カラメルソースたっぷり。

P1130826


側面はボコボコしていますが、切ってみるとツルンとなめらか。
かたくてとても好みのプリンでした。

P1130828

クッキーやパンはどんなふうに焼けるか、追々試してみたいと思います。




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

「会津アスパラ畑」の立派なアスパラガスをトッピングしてピザを焼きました。

P1090571

アスパラガスと相性の良い卵を合わせてビスマルク風に。
生地はホームベーカリーにおまかせしています。


■ピザ生地の材料(直径24cm×2枚分)

・強力粉 150g
・薄力粉 150g
・砂糖 小さじ2
・塩 小さじ1
・ぬるま湯(40℃前後) 200ml
・オリーブオイル 大さじ2
・ドライイースト 小さじ1

■トッピングの材料(上記の生地の半量・1枚分)

・福島県産アスパラガス 3本
・トマトソース 大さじ2 ※
・茹で鶏 60g ※
・卵 2こ
・シュレッドチーズ 30g
・オリーブオイル 適量
・ブラックペッパー 少々


※トマトソース
玉ねぎ50g、にんにく1かけをみじん切りにしてオリーブオイルで炒める。
ホールトマト1缶、塩小さじ1を加えてつぶしながら煮詰め、お好みでドライハーブを加える。

※茹で鶏
鍋に800mlの水、生姜スライス2枚、酒小さじ1、塩小さじ1/2を加えて沸騰させる。
鶏むね肉1枚を入れてひと煮立ちさせ、ふたをして粗熱が取れるまで冷ます。


■作り方

1.【A】をHBに入れ、イーストはイーストケースに入れる。

2.ピザ生地コースでスタートする。(機種に寄りますが約45分で生地は完成します。)

3.アスパラガスは根元の固い部分を手で折り、ピーラーでは下1/3は皮をむく。
4等分に切り、塩を加えた湯で30秒茹でてざるに上げ自然に冷ます。

4.生地は半分にして丸め、打ち粉をした台で直径24cm程度に丸く伸ばす。

5.トマトソースを塗り、3、割いた茹で鶏、シュレッドチーズを乗せ、中央に卵を1こ割り入れる。

6.250℃に予熱したオーブンで10分焼き、一度取り出してもう1この卵を割り入れて黄身を崩し、さらに6~7分焼く。

7.オリーブオイルを回しかけ、ブラックペッパーをふる。


卵を2回に分けて加えるのが、生っぽくなりすぎないポイント。
半熟卵もしっかり受け止めてくれるふっくらとしたパン生地です。

P1090574


今回の主役はアスパラガス!

P1090582

根元まで柔らかいものやシャキッと瑞々しいものはあれど(愛知県産アスパラガス(夏芽)
この太さで筋っぽさのないアスパラガスは初めてです!
湯通し程度にさっと茹でてオーブンでじっくり火を入れていくことでうまみが凝縮されます。

甘くてジューシーなアスパラガスが堪能できるピザでした。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



「アスパラ、空豆…グリーンなおかず」コーナーにレシピを掲載中!


学年閉鎖が発表になったのとほぼ同時に、娘もはじめてインフルエンザに罹りました。
熱は出たものの高くなく、はじめは副鼻腔炎による発熱との診断だったため発覚が遅れました。
熱が下がって2日経ってから喘息の薬をもらいに行き、念の為の検査をしたところ…
インフルエンザB型とのこと。
本人はすでに元気ですが、家族の誰かに感染しているのではないかと不安…
一日に何度も熱を測っています。

最近あまり学校に行きたくなくて休みを喜んでいた娘も、何日も続くと暇で仕方ない!
お絵描き、折り紙、読書、漫画(ドラえもんのみ10巻まで所有)、録り溜めていたテレビを見て、
レシピノート作成、辞書に付箋貼り(←最近ハマっている)ピアノででたらめ曲作り…
一通りやりたいことをやってもまだまだ時間があります。

そんな暇を持て余した娘とピザ作り。
HBに生地の材料をセットしてもらいました。

P1080259


レシピはいつものこちらです。




しっかり手洗いをしてもちろんマスクも着用。
それでも心配で、自分の分だけトッピングすることに。

P1080260

P1080263


半日保育の息子の分はこちらで作りました。
かわいそうですが食べるときのテーブルは別々です。

P1080267

今さらな気もするけれど、インフルエンザ対策にいいという紅茶とともに…

この先大人が罹ると色々なことが滞って大変!
現時点でもかなり予定変更を余儀なくされています。
このまま終息しますように…




小学校低学年と言えども毎日帰宅は15時過ぎで、それぞれ習い事も忙しい毎日。
なかなかお友達と遊ぶ機会がありません。

冬休みのこの日は久しぶりにお友達姉妹をお招きして、
イベント的なお昼ごはんの定番とも言えるピザ作りをしました。

BlogPaint


具材はローストチキンのときの残りのローズマリーを利かせたトマトソースをベースに、
じゃがいも(レンジ加熱)、しめじ、ソーセージ、コーン、ピーマン、カルディのシュレッドチーズ。

BlogPaint


それぞれ個性あふれる仕上がりです。
(なぜかピーマンたっぷりの娘、チーズ山盛りで緑は一切なしの息子。)

BlogPaint


焼きたて熱々をいただきます!

BlogPaint


ふっくらしたパン生地はホームメイドならでは!

BlogPaint

もう何度も作っているレシピですがあらためての覚え書きです。

■生地の材料(天板1枚分)

・強力粉 150g
・薄力粉 150g
・砂糖 小さじ2
・塩 小さじ1
・ぬるま湯 200ml
・オリーブオイル 大さじ2
・ドライイースト 小さじ1と1/2 ※以前の小さじ2より減らしました

■作り方

1.ホームベーカリーにイースト以外を入れ、イーストはケースへ。
2.ピザ生地コースでスタート。(わが家のHBでは45分でできます)
3.打ち粉をした台に取り出し、包丁かカードで等分に。
4.伸ばしてトッピングをしたら、200℃に予熱したオーブンで15~20分焼く。


生地が完成したらできるだけ早く作業に入ります。
簡単おもてなしごはんで唯一難しいのは生地完成のタイミングの見極め。
すぐに冷蔵庫で保存しても発酵は進み、パンパンに膨らんでしまうのです。

流れとしては第1弾の作業開始と同時に大人用の生地の仕込みをスタート。
焼き上がる頃生地が完成していれば、大人もトッピング→焼き。(オーブンの再予熱も忘れず)
食べるよう促したりあれこれ世話を焼いているうちに第2弾が焼き上がるのが理想です。


すっきりしないお天気だった3連休。
わが家はお友達家族(パパ不在)とほぼ2日間お籠りでした。
子どもだけで近くの公園に行ったと思ったら「雨が降ってきた~」と帰ってきて、
晴れ間が見えたらまた外に出て…
そんな休日もお友達が一緒だったおかげで楽しく過ごせました。


一日目のお昼ごはんは定番の手作りピザです。

BlogPaint

具はピーマン、かぼちゃ(レンジにかけたもの)、しめじ、コーン、ベーコン、チーズ。


前日準備はトマトソースだけ。
ホールトマトを玉ねぎとにんにくと一緒にストウブでじっくり煮詰めました。
生地はいつものレシピで→ふっくらピザ生地

BlogPaint


具を分散させずに一か所にまとめてトッピングするのはあるあるでしょうか。
そして極端にチーズが少ないので、あとでこっそり追加しました。

BlogPaint


オーブンで15分焼けば完成です。

BlogPaint


生地はふっくらホカホカ。

BlogPaint


スープはシンプルにコンソメ。
キャベツ、玉ねぎ、人参、マカロニ(トーマス)を入れました。

BlogPaint


おやつタイムは楽しいパフェ作り。

BlogPaint

この日のラインナップは、さくらんぼ、バナナ、ぶどう、ストロベリーソース、
コーンフレーク、パックンチョ、チョコスプレー、チョコブラウニー、アイス2種(バニラ・チョコ)。


スペシャルおやつになりました。
(こぼれてるよ~)

BlogPaint


夕方にはさよなら~の予定が…
娘の熱烈なリクエストにより急遽お泊まりしてもらうことに。
もちろん子どもたちは大興奮です!


みんなでお風呂に入ってもらっている間に手巻き寿司を準備。

BlogPaint


マグロ切り落としとたたき、サーモン、カニかまぼこ、ツナマヨ、納豆、玉子焼き。
あとから追加できゅうりも。
作ったのはお味噌汁と酢飯と玉子焼きのみです。
(お友達が手巻きの食材を負担してくれました!ありがとう!)

BlogPaint

子ども4人(小2が2人、幼稚園児が2人)で1.5合くらいのごはんがなくなりました!


9時には子どもだけで就寝、翌朝は6時過ぎから元気に活動!
みんな手巻きずしを食べ過ぎたので、軽めの朝ごはんです。

P1390530

パン(8枚切り)、カップスープ、アボカドときゅうりとトマトとミックスビーンズのサラダ。


みんなそれぞれ好きにやってねーというスタイルが子どもにはうけるようで、
楽しみながらもたくさん食べてくれて何よりでした!


↑このページのトップヘ