kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:パン


ボーソー米油部の活動です。

今月のテーマは「バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ」ということで、
まずは米油でパンを焼いてみました。

P1080100


最近はaosanのパンの登場も増えたわが家ですが(子どもたちがすっかり角食のファンに!)
ホームベーカリーにおまかせすることがほとんど。
バターを米油に代えてみたところ、ふくらみも良く小麦の香りが引き立つパンが焼き上がりました。

P1080101

今回はクルミ入りです。


■材料(1斤分)

・強力粉 250g
・砂糖 大さじ1
・塩 小さじ1
・ボーソー米油 大さじ1
・牛乳 180ml
・ドライイースト 小さじ1
・クルミ(細かく砕いたもの) 50g

■作り方

1.ドライイーストとクルミ以外の材料をパンケースに入れる。

2.ドライイーストとクルミをそれぞれ専用ケースにセットする。

3.焼き色は「淡い」に設定し、食パンコースでスタートする。


バターを切らしているときはさすがにサラダ油では焼く気はおきなくて諦めるのですが
米油には信頼を置いているせいか、なぜか抵抗がありませんでした。

P1080102

特徴を述べるならば、焼いている間にいつもより小麦の香りがしました。
そして皮が薄くパリッとしていて、トップは表面がハラリとはがれるほど。

結論!
ホームベーカリー×米油でも美味しいパンが焼けます。


バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ
バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ


娘と夫ペアがダンスイベント&遊園地を楽しんでいた日。
息子と二人で横浜アンパンマンミュージアム&モールへ行きました。

今回のミッションはミュージアムでばいきんまんに会うこと!
朝ごはんは遅めにして、ゆっくりお昼過ぎに到着。
午後のふれあいイベントが幸運なことにばいきんまん&ドキンちゃんとの情報を得て、
その時間を目指して入場しました。


ばいきんじょうに興奮!

BlogPaint


ばいきんUFOにも乗れて満足♪

BlogPaint


ばいきんまんとハグもできました!
(子どもたちが殺到して写真はちょっと失敗…)


やなせさんの原画のコーナーでも一番心惹かれるのはばいきんまんのようで、
自らこの場所を選んで撮影をせがんできました。

BlogPaint


お昼ごはんはモール内のレストランにしようと考えていたのですが
前回のパン屋さんを覚えていた息子は当然のように列に並び始め…

P1370040


3人をお買い上げ。

P1370034

今回はあかちゃんまん(中身は豆乳クリーム)と決めていたようです。
息子は実際はクリームよりあんこのほうが好きなので、
アンパンマンとカレーパンマン(味のバランスを考えて)を選びました。


かぼちゃのスープと共に。

P1370036


3つのパンを2人で半分ずつシェアしました。

BlogPaint


年齢的にもう来ることはないかもと思って、
おみやげは本人の希望通りばいきんまんのぬいぐるみにしました!
(このサイズでも結構お高い~…)

P1370045


この日は貴重なドリーミングのライブがあったのですが、
「どうしてばいきんまんの歌はなかったんだろう??」と、やや不満気な息子。
(さすがに中尾隆聖さんの生歌は…ぜひとも聞きたいけれど…)
帰りは大声で「いくぞ!ばいきんまん」を歌いながら元気に最寄駅まで走り、
電車に乗った途端に電池切れのように熟睡してしまいました。

息子のペースに合わせてゆっくり移動し(子鉄なので立ち止まるポイントが多い!)
おしゃべりにも全力で向き合い、最後は抱っこでの帰宅。
なかなかハードでしたが、全部含めて入園前のいい思い出になりました。


娘は2~4歳の長期間にわたってどっぷりハマったアンパンマン。
子鉄の息子は通らない道だと思っていたのですが、
最近じわじわとアンパンマン熱が高まってきたので
横浜在住のお友達にお付き合いいただき、アンパンマンモールに行ってきました。
(息子以外は年齢的にミュージアムは厳しいのでモールのみ!)

広場でのイベントでアンパンマンたちに会えて何よりでした♪

s_P1360487


みんなで楽しみにしていたのはこちら。
子どもの夢が詰まったパン屋さん&カフェです。

s_P1360525


見ているだけでもウキウキするかわいいパンたち!

s_P1360507


特に女の子キャラクターたちの完成度が高いです!

s_P1360506


どれにするか、並んでいるときから息子の心は決まっていました。

s_P1360508


2階のイートインコーナーはいつでも席が空いているので
この日も食べて帰ることにしました。
(箱が大きくてテイクアウトが大変という理由もあって…)

s_P1360509
お姉ちゃん2人は今月限定のハートの目のドキンちゃん(イチゴクリーム)
弟くんは王道のアンパンマン
お友達はロールパンナちゃん
わたしははじめてのクリームパンダちゃん


ということで、息子が選んだのはばいきんまんでした!

s_P1360518


味重視で選んだちょっと色が濃いめのクリームパンダちゃん。

s_P1360523


食べるのがもったいないくらいかわいいロールパンナちゃん。
(娘にせがまれてよく描いたなぁ…)
2つの心を持っていることから、クリームもカスタードとチョコの2色入り。
こういうストーリーが入っているところも高ポイントです!

s_P1360524


ワンドリンクオーダー(1グループ1つでもOK)でイートインが利用できて
めいけんチーズからのプレゼントで骨のかたちのパンがついてきます。

s_P1360522


イベントではばいきんまんには会えなかったけれど、
大きなぬいぐるみとツーショットが撮れて嬉しい息子。
(自分で見つけて「撮って~!」と頼んでくるくらい好きだとわかりました。)

BlogPaint


おみやげには絵本を一冊買って帰りました。
ばいきんまん推しの息子が本を選ぶ基準は、
「いかにばいきんまんがかっこよく活躍しているかどうか」!
落雷しているばいきん城、大きなマシンを操縦する姿などが心をとらえたようです。





わたしにとっては懐かしい「コーンブレッド」。
スライスされた食パンの形状で、とうもろこしの粒々が香ばしくて、
あれはどこの商品だったのか…?
同い年の夫も知らないというので記憶を頼りに再現してたまに焼いています。

BlogPaint


■材料(HB使用・1斤分)

【A】
・強力粉 220g
・コーングリッツ 30g
・スキムミルク 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・塩 小さじ1
・水 180ml

・ドライイースト 小さじ1
・コーン(缶詰) 大さじ4

【A】を上から順番にケースに投入し、イーストはイーストケースへ。
コーンはキッチンペーパーなどでしっかり水気をおさえてからトッピングのケースへ。
あとは食パンコースで焼くだけです。


コーンはところどころ粒は残りますが、仕上がりまでに挽割りになって生地と馴染みます。

BlogPaint

こちらは焼き上がってスライスしたところ。
食べるときは表面をパリッとするまでしっかり焼くのがポイント。
穀物の自然な甘みで、そのままでもバターを塗ってもおいしい!
食事にも合うパンです。




娘がレーズンパンが食べたいというので、
久しぶりにホームベーカリーでレーズンパンを焼きました。

BlogPaint

夜中にセットして自動投入にしているせいか、いつもレーズンの混ざり具合に不満が。
ソフトコースを選択し、焼き色も「淡」に設定。
耳までやわらかく食べやすいパンです。

■レシピ(HB)

・強力粉 250g
・スキムミルク 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・塩 小さじ1
・無塩バター 15g
・水 180ml

・ドライイースト 小さじ1

・クルミ(生) 40g
・レーズン 40g

クルミは刻んでからセットします。
自動投入の上限が60gまでのところ、80gにしても問題ありませんでした。

BlogPaint

トーストしてバターとハチミツで食べるのがおいしい。
普段コーヒー派ですが、これには紅茶が合う気がします。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ