kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:パプリカ


「ボーソー米油部」の活動です。


今月のテーマは「米油×夏野菜」ということで、夏野菜たっぷりの酢豚を作りました。
菜は米油で油通しをして、豚肉は下味をつけてカラッと揚げてから甘酢あんと合わせています。

P1100571

ツヤツヤのあんをまとったカラフルな夏野菜と豚肉は見た目にも元気が出るごちそうです。


■材料(3~4人分)

・豚角切り肉 300g
・ズッキーニ 1本
・パプリカ 1/2こ
・ピーマン 2こ
・なす 1本      野菜は合わせて300~350g程度

【A】(肉の下味)
・塩 小さじ1/4
・生姜のしぼり汁 小さじ1/2
・ホワイトペッパー 少々

【B】(甘酢あん)
・水 大さじ3
・酢 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1
・トマトケチャップ 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1/2

・片栗粉 大さじ2
・ボーソー米油 150ml程度
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2+水大さじ1)

■作り方

1.豚肉に【A】を揉み込み、10分以上置く。

2.ズッキーニは5mm幅の輪切り、パプリカ、ピーマン、なすは乱切りにする。
なすは水にさらしてから水気をよくふき取る。

3.米油を中温に熱し、ズッキーニとなすは1分30秒、パプリカとピーマンは30秒揚げて油を切る。

4.1に片栗粉を揉み込み、低温の米油でゆっくり2分揚げる。
火を強めて1分揚げて油を切る。

5.混ぜ合わせた【B】をフライパンに入れて火にかける。
沸騰したら3、4を加えて大きく混ぜながら炒め合わせる。

6.水溶き片栗粉を回し入れて手早く混ぜ、しっかり火を通してとろみをつける。


油切れの良い米油なら、野菜はサラッと片栗粉をまぶした豚肉はカラリと揚がります。

P1100569


テンションの上がるツヤ具合!

P1100573


子どもにとっては食べ慣れない野菜も入っているので、どうかな?と思ったら、
見た目のカラフルさで「どの色も一通り食べてみたい!」となるらしく、全種類取り分けてお皿へ。
ほぼ初めての黄色いズッキーニも美味しく食べることができました。

P1100574


脂溶性ビタミンが豊富な色の濃い夏野菜は油と一緒に摂ると効果的です。
熱してもそのままでもサラリと美味しい米油なら、揚げものはもちろんのこと、
炒めものやサラダのドレッシングなど幅広く活躍します。

夏野菜たっぷり!米油レシピ
夏野菜たっぷり!米油レシピ



「ネクストフーディスト」の活動です。

今回はブルドックソース株式会社さんの「&Bull-dog キャロット&オニオン ドレッシングソース」。

P1030711

甘みが際立つ野菜たっぷりの贅沢なソースなので、思い切ってメイン料理に使えないか?
というところからレシピを考案。
レモン汁を加えてキリッとさせ、冷製パスタのソースにしてみました。


■材料(2人分)

・カッペリーニ 160g
・茹で鶏 1/4枚分
・焼きパプリカ 赤と黄それぞれ1/3こ分

【A】
・&Bull-dog キャロット&オニオン ドレッシングソース 大さじ3
・エキストラバージンオリーブオイル 小さじ2
・レモン汁 小さじ1
・塩 小さじ1/4
 
*茹で鶏
鍋に水4カップ、酒大さじ1、塩小さじ1/2、生姜ひとかけを入れて沸かし、鶏むね肉を入れる。
ひと煮立ちしたら火を止め、蓋をして冷めるまで3時間ほど放置する。

*焼きパプリカ
縦半分に切って種をのぞき、魚焼きグリルで真っ黒になるまで焼く。
冷水にとって皮をむく。

■作り方

1.カッペリー二を表示通りに茹で始める。
2.茹で鶏は手で割き、焼きパプリカは食べやすく切る。
3.【A】、2をボウルに入れて混ぜ合わせる。
4.茹で上がったカッペリー二を流水で冷やし、よく水気をしぼって3に加えてあえる。


お好みでブラックペッパーをふります。
緑はイタリアンパセリ…ではなく三つ葉です。

P1030713


あっさりした茹で鶏と甘い焼きパプリカだけでも十分サラダ感覚で美味しいですが、
パスタを加えてボリュームアップ!
全体をまとめるソースとしてしっかり活躍してくれました。

P1030708

HPの商品情報には
「にんじん、玉ねぎ、トマト、りんご、レモンの5種類の野菜や果実を、
とろとろ煮込んだまろやかな味わいのドレッシングソース」
と記載がありますが、やはり老舗のブルドックさんなのでソース寄りに感じます。
クリームコロッケや魚介のフライなどに合いそうなマイルドな味です。

ネクストフーディスト

連休明けの常備菜作りです。
作ろうと思えたことでようやく日常に戻った気がします。

BlogPaint

・焼きパプリカ
・茹で鶏
・切干大根と高野豆腐の煮もの
・スナップエンドウの下茹で


娘が「お肉と一緒のパプリカ(ポットローストのこと)なら食べたいんだけどなー」と言うので
魚焼きグリルで真っ黒になるまで焼きました。
甘みが凝縮されて食感もとろっと柔らかくなります。

BlogPaint

マリネにしたり、そのままサラダにしたり。


いつもの茹で鶏。

BlogPaint


半端に残っていた切干大根と高野豆腐を煮ものに。
ちくわと人参もプラスして、白だしとみりんで煮ました。
息子はダメですが娘は大好物です。

BlogPaint


お友達からご実家で採れたスナップエンドウをおすそ分けでたくさんいただいたので
娘とせっせと筋取りをしてすぐに茹でました。

BlogPaint



BlogPaint


前回の常備菜の記録は3月20日。
春休み~新学期でバタバタしていたのか、ネクストフーディストスタートの重圧か…?
(お題をいただいて料理することにだいぶ慣れて、最近は楽しめています。)
ずいぶん長い間まとまった常備菜作りをしていなかったようです。


久しぶりの常備菜作りです。

BlogPaint

・ドライカレー
ベジブロス
・もやしの下茹で
・アスパラガスの下茹で
焼きパプリカのレモンマリネ


合挽き肉、玉ねぎ、人参、ピーマンで作った野菜たっぷりのドライカレーは
水の代わりにトマトジュースで煮込んでいます。
詳しいレシピはのちほど別記事で。


野菜をたくさん使ったので、久しぶりに副産物のベジブロスを。

BlogPaint


今回使った野菜くずは、玉ねぎ、アスパラガス、人参、大根の皮と、
ピーマン、パプリカのヘタとタネ、キャベツの芯でした。

BlogPaint


もやしとアスパラガスはまだ何に使うか考え中のため
とりあえず新鮮なうちに下茹でして保存することにしました。

BlogPaint

BlogPaint


パプリカはグリルで真っ黒になるまで焼くとスルリと皮がむけて甘みもグンと増します。
熱いうちにマリネ調味料に漬けるのがポイントです。

BlogPaint


出来上がったドライカレーを活用して、お昼ごはんにさっそくペンネグラタンを作りました。

BlogPaint

ドライカレーと茹でたペンネをあえて(これだけでもok)
即席ホワイトソース*をかけてシュレッドチーズを乗せてトースターで焼きました。

*即席ホワイトソース
1.小鍋に牛乳と薄力粉を入れて泡だて器でよくかき混ぜながら火にかけます。
2.とろみがつくまで弱火で煮込みます。
3.風味づけのバターを溶かし、塩、ホワイトペッパー、ナツメグで味をととのえます。
時短で失敗なし!



野菜もさっそく出てきてもらってランチセットの完成!

BlogPaint

息子はサラダは×でしたが、グラタンは予想よりもよく食べました。


アイディアの宝庫↓
にほんブログ村テーマ 常備菜へ
常備菜

ランキング参加中↓

にほんブログ村

大きくてしっかりしたパプリカが安かったので、2こ使ってマリネを作りました。

BlogPaint

グりルで真っ黒になるまで焼いて甘みが増したパプリカに、砂糖は不使用。
レモンを加えたマリネ液ですっきり仕上げます。


■材料

・パプリカ 赤・黄を各1こ

【A】
・レモン 小さじ1
・白ワインビネガーまたは酢 小さじ1
・醤油 小さじ2
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1

■作り方

1.パプリカは半分に切ってへたと種を取り、中の白い筋もそぎ切りする。
2.魚焼きグリルに外側を上にして並べ(両面焼きの場合はそのまま)ときどき場所を変えながら20分中火で焼く。
3.粗熱が取れたら薄皮を剥き、食べやすい大きさに切る。
4.【A】を混ぜ合わせたところに3を加え、冷蔵庫で数時間寝かせる。


BlogPaint

ストウブで蒸し焼きにしたのがきっかけでパプリカが好きになった娘。
これはどうだろう?と恐る恐る出してみたら、食べることができました!




↑このページのトップヘ