kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:バレンタインデー


今年のバレンタインデーは娘がトリュフを作りました。
図書館で借りてきたチョコレートの本を参考にしています。

P1130042


まずはチョコレートを細かく刻みます。

P1130044


ガナッシュの分とコーティングの分で合計180g。
なかなか根気のいる作業です。

P1130045


温めた生クリーム50mlにビターチョコレート100gを溶かします。

P1130049


混ぜすぎに注意してツヤのあるこれくらいの状態でストップ。

P1130050


しぼり出し袋に移して少し冷えるまで待ちます。

P1130054


初めてのしぼり出し作業。
力加減が難しく、苦戦しておりました…

P1130056


ガナッシュを冷蔵庫で冷やしたら、湯煎にかけて溶かしたミルクチョコレートを絡め、
ココアパウダーとパウダーシュガーをまぶして完成です。

P1130058 (2)

いびつな仕上がりではありますが、食べてみるとくちどけの良いトリュフになっていました。


タグにメッセージを書き、ラッピングをしてお父さんと弟にプレゼント。

P1130061 (2)

サプライズで残りをわたしにもラッピングしてくれて
「お母さん手伝ってくれてありがと!」とメッセージが書かれていました。

この日ばかりはお手伝いを完全に禁じられて納得がいかなかった息子ですが、
普段あまり食べないリッチな味わいに「めっちゃ美味しい!!!」と喜んでいました。




今年のバレンタインは子どもたちがクッキーを作りました。
バターを室温に戻す必要がなく、フープロで撹拌するだけの簡単レシピです。

P1080481


■材料(約30枚分)

・薄力粉 200g
・無塩バター 100g
・砂糖 50g
・ココアパウダー 大さじ1
・牛乳 大さじ2と1/2

■作り方

1.薄力粉はふるい、無塩バターは1cm角に切る。
2.フードプロセッサーに1と砂糖を入れ、バターがサラサラになり砂糖の粒がなくなるまで撹拌する。
3.計量して半分に分け、一方には牛乳大さじ1を加えて再び撹拌する。
4.もう一方にはココアパウダーと牛乳大さじ1と1/2を加えて撹拌する。
5.まとまりが出てきたら保存袋に入れ、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
6.4~5mmの厚さにのばして型抜きし、180℃に予熱したオーブン(中段)で15分焼く。


計量と粉ふるいはお任せしましたが、バターを切るのはまだ難しくて断念。

P1080484


フードプロセッサーを回すのは大好きで取り合いです。

P1080485


生地をひとまとまりにして、一旦休憩。

P1080488


楽しい型抜き、成形作業です。

P1080489


息子の力加減では厚みを均一にするのが難しい。

P1080490


厚いものはトースターに移して焼き直しました。

P1080499


完全に冷ましたらアイシングにも挑戦。
今回は無印良品のセットに助けてもらいました。

P1080496


小さじ1/2というわずかな量の水で混ぜるだけで、優しい色合いに変化。

P1080498


ツヤツヤの可愛らしいアイシングクッキーができました。

P1080501


お父さんの分は袋に入れてメッセージを添えて完成。

BlogPaint

バレンタインがよくわからず息子もメッセージを書いていて、なんだか父の日のよう…

週末も休日出勤でこのところ全く休みがない夫。
本人はもちろん大変ですが、正直こちらも…
晩ごはんは家族そろって鰻丼(激安鰻がひと手間で美味しく!)を食べて英気を養いました。



「バレンタインの簡単!友チョコスイーツ 」コーナーにレシピを掲載中!

↑このページのトップヘ