kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:バレンタイン

今年もオレンジピール入りのガトーショコラを焼きました。

P1130103


レシピも状況も4年前と全く同じです。



なんとなく今年はないだろうと思っていた(何を根拠に?)夫の職場のバレンタイン。
ないどころかいつになく立派なチョコレートの大箱を2つもいただいてきました。
子どもはお土産に大喜びですが、返礼を考えると…


そんなわけで一週間ほどしてから焼いたガトーショコラです。
(いただいたチョコレートはまだまだ終わらず…)

P1130104

■材料(16cmのパウンド型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(カカオ58%のもの使用) 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・グラニュー糖 40g
・オレンジピール(刻んだもの) 大さじ1
・薄力粉 大さじ2
・ココアパウダー 大さじ1と1/2

■作り方

1.チョコレートは刻んで湯せんにかけて溶かす。

2.1にバターを加え、溶けてなめらかになるまで混ぜ、オレンジピールも加える。

3.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。

4.3に2を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。

5.卵白を角が立つまでしっかり泡立てる。
4に3~4回に分けて加え、そのつど泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。

6.オーブンシートを敷いた型に流し、160℃に予熱したオーブンで35分ほど焼く。
膨らんで表面にひびが入るくらいが焼き上がりの目安。

7.型から外してオーブンシートをはがして冷ます。できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。


ホイップクリームを添えてみました。

P1130106

「いつ作るの?」と楽しみにしていて、「おいしい!」と反応が良かったのも娘でした。
ただ、電話でおばあちゃん(私の母)に自分が作ったトリュフと比べて
「お母さんに負けた。」
と言っていたのが意外でした。
そんな風に意識されているとは思わず…

こちらのガトーショコラは卵の泡立てを頑張って、混ぜ方に気を付ければ失敗しないので
来年には娘も同じように作れると思います。



毎年バレンタインにガトーショコラを焼くのが習慣になりつつあります。

BlogPaint

今年はカカオ65%のダークチョコレートを使用。
ココアパウダーはクッキー作りでも使用したブラックココアだったので、
色、味ともにかなり大人な仕上がりとなりました。
オレンジピールはガトーショコラでも使うことを見越してシュトーレンの時期に用意したものです。


■材料(4号・12cmの丸型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(カカオ65%のもの使用) 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・グラニュー糖 40g
・オレンジピール(スライス) 大さじ1
・薄力粉 20g
・ブラックココアパウダー 小さじ4

■作り方

1.チョコレートを湯せんにかけて溶かす。(板状の場合は刻む)
2.1にバターを加え、溶けてなめらかになるまで混ぜ、オレンジピールも加える。
3.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
4.3に2を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。
5.卵白を角が立つまでしっかり泡立て、4に3~4回に分けて泡立て器で泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。
6.オーブンシートを敷いた型に流して空気を抜き、160℃に予熱したオーブンで35分ほど焼く。
7.型から外してオーブンシートをはがして冷まし、できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。

BlogPaint

お好みで粉砂糖を振りかけたり、ホイップクリームを添えたり。
粉砂糖は溶けないタイプが便利です。

「バレンタインの本命スイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

娘の今年のバレンタインのお菓子作りは無印良品のキットにお任せすることにしました!

BlogPaint

一緒にお店で選んだのは可愛らしい「ドーナツ型チョコ」。
2種類のチョコを溶かしてモルトパフを混ぜ、型に流して冷やし固めます。


まずはレシピを熟読…

BlogPaint


はじめての作業は湯煎。
お湯を入れたボウルにチョコを入れようとしていて慌ててストップをかけました!

BlogPaint


途中で無印のシリコンスプーンに変更。

BlogPaint

冷蔵庫で30分ほど冷やし固めます。


その間にデコレーションのデザインをスケッチして待ちました。

BlogPaint


型から外したチョコレートがこちら。

BlogPaint

ストロベリーのほうはモルトパフが多すぎて表面がパフになってしまって失敗!
チョコが流れて型の底に溜まるくらいの濃度がきれいに作るコツかもしれません。


チョコペンが乾いてしまうとカラースプレーもくっつかないので作業はスピードが大事!
きれいに作ろうと思うと難しいキットでした。

BlogPaint


ラッピングしてお手紙をつけてお父さんと弟に。

BlogPaint

これで今年もミッション遂行です。


娘とバレンタインのお菓子作りをしました。

今年はキットを使ってお手軽に。
バター35gと卵1こを用意するだけで作れるようになっています。

BlogPaint

トリュフやガトーショコラなどさまざまなキットが並ぶ中から
一口サイズのプチマフィンが20個作れるキットを選んだ娘。
トリュフは数年前に手も服もキッチンもココアパウダーで真っ黒になった経験があるので
マフィンの選択にホッと胸をなで下ろしました。


前夜に娘が混ぜてカップに入れて焼いたもの。

BlogPaint


ウキウキ気分で学校から帰ってきて、デコレーション開始です!

BlogPaint


少し分担もして、完成したのがこちら。

BlogPaint
真ん中の段の一番左は息子のリクエストによる新幹線。かなりお気に召した様子。


お手紙(内容はなぜかマフィンの紹介文)も同封して、
お父さんと弟にあげるためにラッピングしました。

BlogPaint

バターを使うこともあって味はなかなか本格的でした。


わたしも作るつもりで材料は用意しているのですが、
今年もありがたいことにいただきもののお菓子が溢れているので
少し時間を置いてから着手します。
(昨年もそんな感じで数日後にガトーショコラを作っています。)





無印のバレンタインお菓子キットもすでに半額で売り出されている中、
だいぶ遅れてガトーショコラを焼きました。

BlogPaint

今年は夫が勤務先から高級チョコレートやプロ級の手作りチョコレートをいくつもいただき
(女性が圧倒的に多い職場なので…来月のお返しが大変!)
娘も友チョコを交換したりして、ありがたいことにチョコレート飽和状態!
なんだか作る意欲が低下してしまって、やっと昨夜焼いた…というわけです。

■材料(16cmのパウンド型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(カカオ58%のもの使用) 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・グラニュー糖 40g
・オレンジピール(スライス) 大さじ1
・薄力粉 20g
・ココアパウダー 小さじ4

■作り方

1.チョコレートを湯せんにかけて溶かす。(板状の場合は刻む)
2.1にバターを加え、溶けてなめらかになるまで混ぜ、オレンジピールも加える。
3.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
4.3に2を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。
5.卵白を角が立つまでしっかり泡立て、4に3~4回に分けて泡立て器で泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。
6.オーブンシートを敷いた型に流し、160℃に予熱したオーブンで35分ほど焼く。表面にひびが入るくらいが焼き上がりの目安。
7.型から外してオーブンシートをはがして冷ます。できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。


いつも4号(12cm)の丸型で焼いているものを初めてパウンド型で焼きました。
どうしても丸型の底板が見つからなかったのです。
焼きの段階で慌てて探すも、大規模な断捨離でもうどこに何があるかは把握しているので、
ないということは何かしらのアクシデントで捨ててしまったんだと確信。
仕方なく容量的に近いパウンド型で焼くことにしました。

BlogPaint


たっぷりのダークチョコレートとほろ苦いオレンジピールで大人味の濃厚ガトーショコラ。
一晩寝かせるとしっとりして生チョコのようになります。
やっぱりオレンジのアクセントがいい♪

BlogPaint

少しで満足の濃厚さなので、薄く切って何日か楽しめます。
たっぷりのブラックコーヒーと共に…

所用で来る両親にもふるまおう。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ