kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ハッシュドビーフ


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


今月は「福島県産菌床しいたけ」をいただきました。

P1120139 (2)


菌床と呼ばれる培地を使ってハウス栽培されている「福島県産菌床しいたけ」。
見た目は肉厚でコロンとかわいらしい佇まいです。

P1120151 (2)


風味が強く食べ応えのあるこちらのしいたけをたっぷり使って、
トマトベースのハッシュドビーフを作りました。

P1120149 (2)

牛肉、玉ねぎ、きのこ、トマトのうまみで、煮込み時間が短くても奥深い味になります。


■材料(4人分)

・牛薄切り肉 300g
・福島県産菌床しいたけ 100g(5こ)
・しめじまたはマッシュルーム 50g
・玉ねぎ 1こ

・薄力粉 大さじ2
・バター 10g
・赤ワイン 大さじ2

【A】
・水 400ml
・ホールトマト 1/3缶(80g) ※つぶしておく
・固形コンソメ 1こ(5g)
・トマトケチャップ 大さじ3
・醤油 大さじ2
・ローリエ 1枚

■作り方

1.牛肉は塩、こしょう(分量外各少々)をし、薄力粉をまぶす。

2.玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにする。

3.しいたけは石づきを落として薄切りにし、石づきも捨てずに薄く切る。
しめじはほぐす。(マッシュルームはスライスか半分に切る)

4.鍋にバターを熱して玉ねぎを炒める。
しんなりしてきたら牛肉、しいたけ、しめじを加え、牛肉の色が変わるまで炒める。

4.赤ワインを加えてアルコールを飛ばすように炒め、【A】を加える。

5.中火で混ぜながらとろみがつくまで煮込み、塩で味をととのえる。


今回はしいたけが主役ですが、きのこは2種類以上入れるとそれぞれの食感の違いが楽しめます。

P1120143 (2)


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




幼稚園の文化祭から帰宅して、思い立って料理を開始したのが15時半。
太陽光があるうちに写真を撮ってしまいたい!という一心で急いで作った4品です。

BlogPaint

・ハッシュドビーフ(ハヤシライス)
・高菜漬けと豚ひき肉の甘辛炒め
・玉子入りポテトサラダ
・蒸しかぼちゃ


ハッシュドビーフはサッと炒めて煮込むだけで簡単。

BlogPaint

玉ねぎ1こ、牛切り落とし肉300g、きのこ(マッシュルーム・しめじ)200g使用。
材料を炒めて小麦粉をふり入れ、赤ワイン、ケチャップ、コンソメ、ローリエ、水を加えてひと煮立ち。
あくをとったら蓋をして弱火でコトコト煮込み、醤油、塩、こしょうで味をととのえて完成です。
大人4人分強できました。


ハッシュドビーフを煮込んでいるそばで、かぼちゃとじゃがいもを一気に蒸します。
甘い北海道かぼちゃは蒸すだけで美味しい。

BlogPaint


ストウブと蒸し器のとなりでさらに卵を茹で、塩揉みきゅうり、下味のフレンチドレッシングを準備。
じゃがいもが蒸し上がったら熱いうちに潰してドレッシングを加えます。
冷めたらゆで卵、きゅうり、ハム、マヨネーズを合わせてポテトサラダに。

BlogPaint

じゃがいもが少なかったのでゆで玉子でかさ増ししました。


最後は2~3分でできる高菜漬けとひき肉の炒めもの。
豚ひき肉を炒め、色が変わったら酒、砂糖、高菜漬け(みじん切り)を加えます。
全体が馴染んだら醤油、煎りごまを加えて完成。

BlogPaint

こちらは白いごはんのお供に、チャーハンに。


約一時間で4品できました。

BlogPaint


調味料を元の場所に戻し、ゴミをまとめ、作業台を拭き、
たくさん使った計量スプーン・ボウル・調理器具などを食洗機に放り込み、
洗剤を入れてスイッチを押した瞬間に達成感が訪れます!


↑このページのトップヘ